2005年12月13日

メモ・愛ルケ映画化

日経新聞で連載中の「愛の流刑地」が映画化ですってよ!

主人公の中年作家役は役所広司
人妻冬香役はまだ未定
勝手な予想で
鈴木京香か木村多江にそれぞれ一票

公開は来年秋
時期的に微妙…

もしエロい映画にしたいなら
ぜひとも蠍座に木星がある06年11月23日までに
公開をおすすめします
次の日から木星は射手座に進んでしまう

まぁヤッている時のイメージ描写で
冬香を牝馬になぞらえていたので
それはそれでアリなのかも

愛ルケって何?という方は
にっけいしんぶん新聞をご覧下さい
セコいオヤジファンタジー全開の主人公菊ジイ菊治に
我慢強く愛あふれるつっこみを入れてます
素晴らしいです




posted by 加藤まや at 00:53 | TrackBack(0) | 占星術 | 更新情報をチェックする

2005年12月12日

牡牛座火星順行記念 最近買ったもの報告

12月10日に
牡牛座にある火星が順行に転じて
固定宮のグランドクロスが
本格的にやってきた

前回は
牡牛座の火星
獅子座の土星
蠍座の太陽
水瓶座の海王星

今回は
牡牛座の火星
獅子座の土星
蠍座の木星
水瓶座の海王星

蠍座の太陽と木星の違いだ
前回でスポットライトが当たったと考えると
今回はそれをさらに拡大させていくだろう

前回のグランドクロス時には
私たちが作り上げてきた社会システムに
愕然とした気持ちになった人も多いかも知れない

個人的な生活上で
自分自身と周囲の状況に軽くガッカリした人もいるのかも

前にも書いたが
グランドクロスは悪いことばかりが続く星の配置ではない
うまく使えば
大きなものを手に入れることもできるはず

手放すべきものは手放し
自分に足りないものはしっかり身につけたい
そして
何がいらなくて何が不足しているのか
冷静に見きわめることが大切だろう

来年2月まで
焦らず腐らず
頑張っていきましょう

----------------------------

さて牡牛座の火星ということで
最近買ったものの報告です
この冬お気に入りの2点です

「ふるさとレモン」

051120_lemon

広島県瀬戸田町産の国産レモンが原料のレモネードの素
たまたま買ってみたらあまりにおいしいので
今冬分お取り寄せしました

これまで缶入りのレモネードの素を飲んでいましたが
こちらの方が断然ナチュラルな味わい
レモンのよい香りがします
毎回飲むたびにおいしいなと感心してます

新宿南口の広島県のアンテナショップ
広島ゆめてらすにて販売中
お取り寄せはこちら

「フレグランスキャンドル」

今冬はフレグランスキャンドルに凝っています
特にこの2点はお気に入り

051211_candle

左の茶色のビンは
蓋を開けるとキャンドルが入ってます
パーシュマンのキャンドル
オレンジ系のさわやかな香り

右の白いグラスキャンドルは
ディプティックのベスと言う名前
カシスの葉とブルガリアローズの香り

毎晩
どちらかに火を灯します
ゆらゆら揺れる火と
何とも言えないよい香りで
本当にリラックスできます

好きな香りが漂うと
幸福な気持ちにさせてくれますね

ディプティックのグラスキャンドルが
あまりに気に入ったので
もう1個買おうかどうしようかと
悩ましい気持ちです
かなりお高いのです…

牡牛座に火星あるから
買っちゃいそうだなー

エフスタイルには
ディプティックのグラスキャンドルが
たくさん揃ってます
本当は53種あるそうですね

私は私の部屋で買いました
4〜5種類ならありましたよ
興味のある方はどうぞ
posted by 加藤まや at 02:46 | TrackBack(1) | 占星術 | 更新情報をチェックする

2005年12月07日

蠍座木星効果リターンズ 気前の良い母編

日頃ほとんど連絡をしていない母から
いきなり電話があった

「あなたもいいトシなんだから
このくらいの時計をした方がいいと思って
クリスマスプレゼントに買ってあげたわよ
明日宅急便で送るから」

本当ですか お母様!
ありがとうございます!

届いたのは
星座を意味する言葉が名付けられた
スイスの高級ブランド時計
予想外に高価なプレゼントを突然もらい
ビックリしてしまった

何が母をここまで気前よくさせているのか
それが気になる

というわけで
久しぶりに母のホロスコープを見てみた

母の進行の太陽(その年の運勢を簡単に見る)は
今現在、獅子座の23度台にあり
出生時の木星と0度だった
進行の太陽のサビアンは「身だしなみの整っていない男」

つまり
私が「身だしなみの整っていない男」というわけか
それで母はバーンと張り込んでくれたのだ
お母様!ありがとうございます!

もう1点気がついたことがある
母は私と同じ獅子座14度台に出生時の火星を持っていて
ノーアスペクトも私と同じである

つまり
ここ何年かずっと
母の出生時の火星は
現在水瓶座にある海王星と180度を作っている

本人に詳しく聞いたことはないが
最近の母は
いろいろ面白い行動をしているだろう

たまたま私に電話をくれた日時の
ホロスコープを出すと
私と母のネイタル火星×トランジット海王星のアスペクトに
トランジットの月が重なっていた

おそらく母は
たまたまこの時計を店先で見かけて
あら〜いいわね〜と
衝動買いしたのだと思われる

この前から書き込みしているように
ラッキー天体木星が
私のネイタルの月がある蠍座を運行中だ
月は母とも読めるから
月プラス木星は
まさに気前の良い母である

蠍座だし
ラッキーもゴージャスな雰囲気なのかも

ふーむ
ネイタル蠍座の月にトランジットの木星って
そうくるかー
ホロスコープを前に
ひとりでうなずく私である

051125_tree

写真は近所のショッピングモールの
クリスマスツリー
イルミネーションが美しい季節ですね
posted by 加藤まや at 15:49 | TrackBack(0) | 占星術 | 更新情報をチェックする

2005年12月02日

初めて占星術鑑定を受けた日

初めて占星術の鑑定を受けた日のことを書きたいと思う
99年10月頃のことだ

占星術に詳しい方ならピンと来ると思うが
99年8月のグランドクロス直後のことである

99年のグランドクロスのホロスコープを見ると
私のアングル上にピッタリできている

アセンダントに土星
4室のネイタル火星付近で日食
7室の海王星付近に火星
MCの真上に海王星
10室に天王星 天王星はネイタル火星と180度

今年2月までのグランドクロスと比べて
どちらがダメージが大きいか考えてみたが
断然、当時の方がつらかった

当時私は結婚6年目の専業主婦だった
それまで鑑定を受けたことは全くなかったが
友人に占い師の話を聞いて
わざわざ埼玉から鎌倉までひとりで行った
本当に弱っていたのだと思う

その時のことを
小さなサークルの会報に書いたことがあった

----------------------------------------

自分の人生がどうしてもつまらなく思えて仕方がなかった。この先良いことがあるような気がどうしてもしなかった。本当に自分の人生につきあうのに疲れてしまった。何でも良いから誰でも良いから、私の行く先を決めてもらいたいと思った。

----------------------------------------

私の行く末をその人に見てもらおう。そればっかり考えた。頭のどこかで、こうやって人間って血迷っていくのかなぁ、私も相当弱ったなぁとも思った。オットは心配そうだったけど、何も言わなかった。

----------------------------------------

「私、これからどう生きていったらいいか分からないんです」私は彼に話し始めた。オットにもしたことがない話だ。彼に質問されると、自分でも思ってもみなかったことを話すことができた。しゃべりながら、そうか私はこれがつらかったのだなと思った。

 彼はタロットを取り出した。「あなたの将来が良い方向に行きますようにと念じながら10枚カードを選んで下さい」私は念じながらカードを引いた。
彼が教えてくれたカードの意味は「過去は過去として決して無視をせず、自分で過去を消化しつつ生きていきなさい。今まで延期していたことをやってみなさい。あなたのこれまでの人生で、やり直したり方向転換する必要はありません」だった。つまりは「めげずにがんばれよ」ってことで、別になんてことない意味だった。

私もそれは分かっていたのだ。よく分かっていたのだ。しかし、自分一人ではどうしてもそう思えなかった。彼の言葉やカードの意味をかみしめて、ああそうなのかとやっと納得できた気持ちがした。何かがどこかにすっぽり片づいたと思った。

帰り道、電車のなかで考えた。あの私が引いたカードは単なる偶然だ。だけど引いたときの私の気持ちによって、偶然のカードの意味は必然になる。カードの意味とそれを教えてくれた彼の言葉は本当は私の中から生まれた言葉なのだ。私の行く先の答えは私の中にある…。今日、私は私に会いに行ったのだ。

----------------------------------------

当時、夕刻の鎌倉駅のホームで
「今まで延期していたことって何だろう…」と
ひとりで立ちつくしていたことを良く覚えている

私はその後
00年の3月から
6年間の専業主婦生活を辞めて
小さなアルバイトを始めた
それが今の私の出発点だ

鑑定にやってくるお客さんの気持ちや
偶然に引いた一枚のカードに
お客さんの気持ちが込められると必然に変わること
求める答えはお客さんのどこかにあること

今、その時の文章を読んで
その時のことや自分の気持ちを忘れないようにと思う
posted by 加藤まや at 01:40 | TrackBack(0) | 占星術 | 更新情報をチェックする

2005年11月28日

テスト・ザ・ネイション VS 占星術

テレビ朝日のIQ診断番組「テスト・ザ・ネイション」が今年も放送された
今年は適職も診断できるとあって興味津々

適職リストに占い師は絶対に無いよなーと
思ったけれどペン片手にやってみた

結果は
「左・左型の物志向」「IQ117」

IQの数値は去年よりも若干上昇したので
予想外にうれしかったが
脳タイプは
ごく当たり前、予想通りの結果だった
やっぱりそうだよねーと納得した

なぜなら
私は乙女座に6天体もあるからだ
天体配列が火土風水=2602なので
バリバリの土偏向型である

そもそも占星術を勉強したいと思ったきっかけは
ある程度の知識を習得すれば
特殊な力がなくても占うことができると知ったからだ

未だに
見えないものの気配を感じたり
オーラが見えた体験もない
見えないものの存在はそういうこともあるかもと思っているし
それはそれで楽しそうと待っているのだけど
私はどうも気がつかないようなのだ

占い師にもいろいろなタイプがいるが
私はかなり現実派だと思う
良いところを伸ばし、悪いところは本人の努力で補う
危ない橋は極力渡らないようにアドバイスをする
自身が気がついていない未知の才能を発見!するのも大切だが
当人が今使える才能と資質、当人の希望と社会の状況を
掛け合わせてアドバイスしたいと思っている
堅実な分だけ、夢見る要素は少ないかも知れないな

そうだ

私の占いで
唯一、ロマンチックな要素を挙げるとしたら
全てのアドバイスの根拠が
★が描くホロスコープであるということなのかも

テスト・ザ・ネイションは今からでも受験できるようです(要会員登録)
posted by 加藤まや at 19:19 | TrackBack(2) | 占星術 | 更新情報をチェックする

2005年11月27日

御礼・イベント終了しました

11/23〜26の楽楽(ララ)マーケット
無事終了致しました。

期間中、たくさんの方にご来場いただきました
どうもありがとうございました

一度鑑定させていただいた後
お友達を何人も連れていただいたり
「面白かった」「励みになった」と
うれしそうなお客様の様子を見て
私も本当に励みになりました

今回簡単なタロット占いもやりましたが
面白かったのは
ほとんど毎回女帝のカードが出てきたのです

女帝は美しいものが大好き
芸術を愛する人たちが集まるこのギャラリーで
あまりにも頻繁に出るのでビックリしました
ちなみにギャラリーのご主人も女性でした

今回のイベントでは
表現スタイルはそれぞれ違うけれど
自分がこれ!と決めたものを
展示発表する熱意と真剣さに打たれました
私もここでは勝負だと思ったけれど
皆さんそれぞれ美しい作品を持ち寄って
勝負しているのですね

私は私だけにしかできない占星術で
がんばろうと再び思ったイベントでした

皆さんが
出生時ホロスコープの★の力を
充分に発揮できますように
そして今後も
★の力をたくさんゲットできますように

bress

写真は永井健一さんの天然石のブレス
アメジストの原石がとてもキレイで一目惚れ
早速買って毎日身につけています

セレクトされた天然石がどれも素晴らしいし
価格も良心的だと思います
期間中、他の作品をよく眺めてうっとりしてました

普段はラフォーレ原宿のショップ
「水金地火木土天冥海」にて販売しているそうです

イベントに一緒に参加した方のHPを紹介します

ハーブティーのならん葉さん
水のグランドトラインの持ち主 紅林(くればやし)さんが
オリジナルで配合したハーブティーを販売しています
普段はエステサロンなどに卸しているそうです
ネットで通販もあります

オーガニックハーブにこだわり
免疫アップや解毒、美肌など
いろんなオリジナルハーブティーが揃ってます
どれも飲みやすくておいしかったです
私は代謝促進ブレンドが好きかも
あとはリフレッシュブレンドもおいしかったです

ハーブやアロマのこともいろいろ親切に教えてくれます
ハーブやアロマ全般に興味のある方はどうぞ見てみて下さい
posted by 加藤まや at 23:40 | TrackBack(1) | 占星術 | 更新情報をチェックする

2005年11月24日

イベントやってます

11/26まで鑑定イベント開催中です
ギャラリーの雑貨マーケットで占星術をしています

こういうイベントはほとんどしてませんが
声をかけていただいた時には
ありがたく参加させて頂いています

なぜなら
占いハウスのお客さんとは違うタイプのお客さんの
鑑定をさせて頂けるからです

簡単に言うと
今のところ占いは必要ない人
もともと占いにあまり興味がない人

でも
安いから冷やかしでやってもらおっかなーと言う人
です

もちろんそれでいいんです
占いがどんなものかご紹介できますし

そう言う人は
身の振り方を自分で決めることができるのです
その人のホロスコープを見ているとそう感じます
もし将来困ったことが起こったとしても
きっとご自分で人生を切り開くのでしょう

占星術的なアドバイスを通じて
「今のところ占いは必要のない人」を
増やすお手伝いをしたいなと思います

とは言え
占いはいらない人を鑑定するのは
かなり緊張します

差し向かいで勝負に近いかも
1回限りのガチンコ勝負

毎回いろいろ勉強になります

あとは
同じイベントで販売しているステキな雑貨を
見るのが楽しみ

今日はアメジストのブレスレットと
エッセンシャルオイルを買ってしまった

また明日もお買い物したいな

051122_fukuneko

この猫ちゃんは販売中です
お客さんによると私に似ているそうで

キラキラしてて
丸っこいところがそうなのかも
posted by 加藤まや at 01:49 | TrackBack(0) | 占星術 | 更新情報をチェックする

2005年11月19日

水星逆行時のおトクな過ごし方

11月14日〜12月4日まで水星が(見かけ上)逆行している

占星術では、この時期は水星がつかさどることが
スムーズにいかなくなると言われている

水星がつかさどるものとは
「コミュニケーション」「情報」「移動」
「知性」「会話」「ビジネス」などなど

きちんとできて当たり前っぽいものが多い
それらが予定通りにいかなくなりがちなのだ

例えば
連絡ミス、言葉の行き違い、誤解、物の紛失
交通機関の遅れ、郵便の行方不明
パソコンなどのデータ消失、システムの誤作動
などなどが考えられる

今回の水星逆行は射手座で始まった
射手座は影響大になりそうだ
同じ柔軟宮の双子座・乙女座・魚座も
影響を大きく受けるだろう

特に乙女座は支配星が水星であり
乙女座から見て90度の位置にある射手座の水星が逆行中だ
今回、乙女座の人にはいろいろ事件がありそう
誰かがやらかしたミスのフォローをする羽目になったとか

乙女座が強い私は
14日に早速仕事上のトラブルが起こった
もちろんガックリきたけれど
同時に
やったー水星逆行初日にトラブルだーと
達成感に似た気持ちもちょっぴりあったりして…

水星逆行は今年は3回
3月20日〜4月12日 24日間
7月23日〜8月16日 25日間
11月14日〜12月4日 21日間

つまり
一年間のうち
合計70日間は水星が逆行している
平均5日に1日の計算だ

ということは
同じ曜日は7日に1日
仏滅は6日に1日だから
曜日や仏滅よりも水星逆行の頻度は多いのだ

今や、仏滅がいつかチェックしている人は少ないかもしれないが
もし仮に
これから約20日間ずっと仏滅が続きますよと言われたら
イヤーな気持ちになる人は多いかも
水星逆行とはそんな程度のものなのかも知れない

水星が順行に戻る12月4日まで
何かあるたびに「水星逆行だー」と
妙な達成感を感じる私はアホだが
ただひたすらイヤーな気持ちになるのも
もったいないと思う
せっかくだから、おトクな過ごし方を考えたい

水星逆行時の乗り切り方でよく言われているのは
今までのやり方を見直そう
新しいことは始めないようにしよう
焦らずに余裕のある時間を過ごしましょう
などである

もうひとつ
私が提案したいのは
自分が水星逆行中に体験した
しょぼい失敗やパッとしないできごとに対して
どのくらいの強度があるか自ら振り返るといいと思う

私は出生時の月が土星と180度である
すぐに不安になったり
自分はいつもアンラッキーだと考えがち
人生とはうまくいかなくて当たり前
そんな風に思っている

極端な言い方をすると
何か失敗するたびに
予想通りの結果なのでどこかでホッとしている
おそらく私は
全てが順調で笑いが止まらない時の方が
ストレスが大きいだろう

あなたはどうですか?

私のように
パッとしないできごとが
実は好きな人いないかなぁ

★宣伝★
11/23〜26まで鑑定イベントをします
ぜひ遊びに来て下さい
詳細はこちら
posted by 加藤まや at 02:32 | TrackBack(0) | 占星術 | 更新情報をチェックする

2005年11月16日

占いが掲載されてます

051116_paper

情報誌「ぷらりら」に私の占いが掲載されています

「ぷらりら」は株式会社くらしの友発行の情報誌
旅行情報や冠婚葬祭情報、グルメ情報などが載っています

最後のページで
05年11月〜06年4月までのホロスコープ占いを担当しています
今後半年間の運勢の他に、仕事運、金運、愛情運、健康運の
ラッキー期間をピックアップしました

横浜近辺で配布されるようですので
機会があればお手にとって見てみて下さい

posted by 加藤まや at 19:47 | TrackBack(0) | 占星術 | 更新情報をチェックする

2005年11月13日

祝・紀宮様ご結婚

いよいよ紀宮様と黒田慶樹さんの結婚式が
近づいてきた

紀宮様、黒田さんおめでとうございます

紀宮様のお誕生日は1969年4月18日
黒田さんのお誕生日は1965年4月17日
年は違うけれど一日違いのバースデー

毎年4月17〜18日は
2日続けてバースデーパーティ開催なのでは

紀宮様の出生時のホロスコープを見てみる
太陽は牡羊座で土星と0度であり
また
乙女座の冥王星・木星、天秤座の天王星と
蠍座の海王星が60度を作り、セクスタイルである

太陽&土星は
乙女座・天秤座&蠍座のセクスタイル天体たちと
ヨッドを形成している
太陽&土星のアスペクトはこれのみ

ヨッドと言うことは
紀宮様の太陽と土星は
乙女座・天秤座&蠍座のセクスタイル天体たちの
目的に沿った形でしか働けない

乙女座の冥王星・木星はキングメーカーの組み合わせであり
天秤座の天王星は天皇の皇女として注目されることであり
蠍座の海王星はそれに神秘的な心理的効果を付け加えていそうだ

国民からサーヤと敬愛の念を込めて呼ばれる
生まれついてのプリンセスだ

そのプリンセスキャラを全うするために
太陽&土星は我慢強く働く
紀宮様が皇族としての職務にご熱心だったのも頷ける
皇室のため、こんなによく働いてくれたプリンセスはいないと
宮内庁は思っているに違いない

紀宮様はご結婚後は皇籍を離れられるが
だからといって
これまでやってこられたことを
一切おやめになるのももったいないと思う

紀宮様の太陽は牡羊座なのだから
紀宮様がご自分の新たな役割を
今後見つけられることを期待したい

さて大変恐れ多いことではあるが
紀宮様と黒田さんがどんなご夫婦になられるのか
見てみたいと思う

お誕生日が1日違いなので
おふたりの太陽は牡羊座でほぼ1度違いである

紀宮様は太陽の近くには土星があった
黒田さんは太陽の近くに金星がある
黒田さんは人当たりの良いお方なのだろう
おふたりの太陽はすぐ近くにあるので
紀宮様の太陽&土星に黒田さんの太陽&金星が重なっている

紀宮様はおひとりのときには
皇族としての役割を
自分に厳しく課す形で受け止めておられたと思うが
黒田さんがそれを楽しむものとしての意味合いも
加えておられる

ご結婚後はご夫婦で注目されるだろう
マスコミもしばらく放ってはくれないと思うが
おふたりなら
それをソフトに受け止める余裕がありそうだ

また
黒田さんの水星は牡羊座でおっちょこちょいキャラだが
紀宮様の金星が重なっている

黒田さんが何かお話になるたびに
楽しそうに相づちを打たれる紀宮様が
想像できる

紀宮様の水星は牡牛座でどの星とも角度を取っていなかったが
黒田さんの乙女座の火星と120度を形成する

黒田さんと出会う前の紀宮様は
おとなしいところもおありだったかも知れないが
黒田さんが一緒ならば
紀宮様は非常に前向きでいられるはず
行動範囲も広がるだろう

ご結婚当日は
紀宮様の牡牛座水星と黒田さんの乙女座火星に
当日のトランジット天体・山羊座の金星がグランドトラインを作る
土のグランドトラインだからおふたりの幸せが着実に作られそう

黒田さんの牡羊座水星と紀宮様の金星に
当日のドラゴンヘッドも重なる

黒田さんがユーモアあふれるコメントをなさり
それをにっこり紀宮様がお聞きになっている様子を
国民の多くがうれしい思いで見つめるのだろう

おふたりの末永いお幸せをお祈りいたします
posted by 加藤まや at 20:43 | TrackBack(0) | 占星術 | 更新情報をチェックする

2005年11月10日

微妙な女ゴコロ

仕事の合間に中古書店に寄ってみた
占星術本とその他1冊、掘り出し物が見つかった

占星術本は木星占いの本
家でパラパラと開いてみると
なんと
その本は1994年7月20日発行である

前回
木星が蠍座にやって来たときだ

ちなみにその時のチャートを見てみると
私の出生時の月と重なっている
オーブ(度数の差)が3度だから
ギリギリかな

占星術に親しむようになってから
ごくありきたりな日常生活上で
小さないたずらっぽい偶然をたくさん見つけるようになった

そのたびに
ちょっとしたプレゼントをもらったような気がして
クスッとひとりで笑っている

-------------------

古本の買い物話なら
この前こんなことがあった

アマゾンのユーズドで
絶版の占星術本を買ったときのこと

売り主の説明によると
本は表紙が汚れているが
中身には問題がないとのこと

もともと資料として探していた本だし
本の状態は読めるならば気にしないので
状態に難ありを承知で購入した

そしたら売り主は難あり本を買ってくれたからか
別の本をもう一冊同封してくれたのだ
「参考になさって下さい」
という親切なコメントと共に

そしてその別の本のタイトルは

「30日間で理想のパ−トナーを見つける方法」

…あらら

確かに私が買った占い本は
オトコ運の悪さを占星術で吹っ切る系の占星術本
である

私はきっと悩める若い女性に思われたに違いない

それにしても
私が本当にそんな女性だったとして
もし「参考になさって下さい」と
「30日間で…」の本を差し出されたら
とても笑えん
恋に悩む女ゴコロはとても微妙で繊細だ

だって私にも覚えがある
恋愛に悩んだ頃のこと
彼が私に結婚して欲しいと言ってくれなかった頃のこと

仕事帰りに電車に乗りながら
涙が流れるのを止められなかったあのころ

今はのびのび暮らしているけど
その時の出口が見つからないような想いは
確かに覚えている

後日届いた「30日間で…」の本が
その時手に入っていたならば
あの時の私を救ってくれただろうか

「30日間で…」の本の中身は
恋愛テクを伝授というよりも
こだわりを捨て、自分に自信を持つ為のアドバイスらしい

今なら
占星術も悪くない方法だよと
かつての私に言ってあげたいな
posted by 加藤まや at 00:33 | TrackBack(0) | 占星術 | 更新情報をチェックする

2005年11月08日

これも蠍座木星効果?

今日は1年ぶりに友人と再会した
昼前に近所のショッピングモールに集合し
夕方、陽が落ち始めるまでしゃべりっぱなし

友人と2人きりで1日の大半を過ごして
出生時の月が蠍座の私は大満足

蠍座に月が入宮した10月末から
何だかんだと友人づきあいが充実している気がする

それも
2人きりで会って
長時間お互いの気持ちをしゃべることが多い

いかにも蠍座チックなおつきあいスタイルだ
会いたい人にだけ連絡を取り
当人同士で濃い時間を共有する

これも蠍座木星効果かしらん
私はもともと蠍座チックなおつきあいスタイルは大得意だけど
今は世間の気分も蠍座方向へシフトしているのかも

さて
前回の甘くてしょっぱい星回りで書いたが
今、私は出生時の月だけ見ると
12年に1度の大ラッキーイヤーである

まぁ、他の要素がいろいろあり
そのラッキーも大幅ディスカウント?と
自己占断は弱気な私
ここぞ前向きにやらないといけないのにね

今日、最近の出来事を友人にいろいろ話したら
それを聞いた彼女は
「12年に1度のラッキーの波に乗ってるねぇ〜」
と言ってくれた

そっかー
冷静に考えると私ってやっぱりラッキーなのかも
うん、きっとそうに違いない

帰宅すると相変わらず家人は私に優しい
友人の言葉がインプットされている私は
家人がますます優しく思える

もはやそれは
薄気味悪いくらいのレベルに達している…

いや、ここは単純に
最近待遇良くってラッキー♪と
考えた方が良さそうだ

相変わらず家人の前では
その待遇で当然と言いたげな顔をキープしながら
内心はそんなことを考えた1日だった
posted by 加藤まや at 00:00 | TrackBack(0) | 占星術 | 更新情報をチェックする

2005年11月07日

甘くてしょっぱい星回り

最近、私のネイタルチャートを巡る星回りが
かなり興味深い状況になっている
いろいろ想像しながら
星の意味を読み取っているところだ

私はネイタル月が蠍座
今はラッキースター木星が
私のネイタル月と重なっている
12年に1度のタイミングだ

月はその人の素の感情をあらわす
プライベートな日常生活なども月が関係する

ネイタル月にトランジットの木星が重なると
盆と正月とカーニバルが一緒にやってきたようなものだ
12年に1度の有頂天な気分になるだろう

12年に1度にふさわしい大ラッキーはないかと
目を見開いて探しているが…

強いて言えば
最近やけに家人が私に優しいことかも
家人の前では
当たり前な顔をしているけれど
内心は
うっそーそんなことしてくれるの??とビックリしている

家人が本当に優しくなったのか
私が家人の優しさを感じ取れる余裕があるのか
いずれにしても木星パワーなのだろう

さて
それと同時に大きなトランジットもバッチリやってきた
最近話題の固定宮のグランドクロスである

今、空の上の天体配置は以下の通り
牡牛座の火星
蠍座の太陽、及び木星
獅子座の土星
水瓶座の海王星
以上の天体が十字を形作っている

どれも社会的なことがらに関係する天体ばかり
固定宮のグランドクロスだから
失いたくない、あきらめられないとこだわる間は
おそらくうまくいかない

現実と理想と今の自分のキャパシティを冷静に見つめ
より腹の据わった決断ができると
グランドクロスの大きな力を味方にできる

私のネイタルチャートとグランドクロスを見ると
アセンダントにグランドクロスの火星
ディセンダントにグランドクロスの太陽、及び木星
4ハウスのネイタル火星にグランドクロスの土星
10ハウスにグランドクロスの海王星
がやってきている

つまりほぼアングル(軸)上で
グランドトラインに巻き込まれている状態だ

12年に1度の大ラッキーとグランドクロス
どちらが強いかな

自覚症状として感じるのは
最近いつも眠たいのと
前向きなやる気の低下
まぁ、絶えず張り切るのは続かないしね

火星の時代を書いた時には
失敗も混乱も「お遊び」とおもしろがることができたのに
最近はしょっぱい気分の自分を感じる

暴走気味の車に
いきなりエンジンブレーキを掛け始めたのかも知れない

悪くすると
うまく手放すことができずに
新しい可能性をキャッチしそこなうだろう

しかし、グランドクロスが
あなたのこだわりはこれっぽっちかと
じりじりと私に迫ってくる雰囲気は
案外悪くない
プレッシャーであることは確かだけど

12年に1度のラッキーチャンスが
大幅ディスカウントされたような気もするが
たまたま2つの大きなトランジットが同時にきたから
星からのプレッシャーも
その程度でやり過ごすこともできると考えよう

占星術をやっていてよかったと思うことのひとつは
人生のぱっとしない時期やどうにも冴えない自分の
理由が分かるからだ

人生いつも前向きで全力投球できるわけではない
しょっぱいことに出会うたびに
もちろん盛大にガッカリするけれど
それがどうしてか
占星術でなんとなく理由が分かれば
それだけで安心できる

とりあえず
蠍座の木星は今後1年間
グランドクロスは何だかんだと来年2月くらいまで続く
私の甘くてしょっぱい星回りは
しばらく続きそうだ
posted by 加藤まや at 00:35 | TrackBack(0) | 占星術 | 更新情報をチェックする

2005年11月02日

蠍座の木星

先月10月26日に木星が天秤座から蠍座に移動した
木星は苦労せずにみんなから認められるものや
必死に努力しなくても増えるものを意味する
認められたり、増えることはだいたいの場合は幸せだという理由で
木星はラッキーな天体とされている

木星は社会天体であり、1つの星座に約1年間滞在する
木星がある星座でその年の風潮やトレンドを考えることもできる
今後1年間は蠍座っぽいものをみんながいいねと思うはず

私が今、蠍座っぽくってウケているなと思うのは
倖田來未とレイザーラモンHGだ

倖田來未は最初はありがちなavex系のシンガーという印象しかなかったけれど
エロカッコイイをキーワードにしたセクシー路線で大ブレイク
オトコの為にエロくするのではなく
自分の為にエロさを追求しているスタイルが
私は好きだ

自分の為にエロく着飾るシンガーって
今まであまりいなかったように思う
彼女がそれほど美形ではないのもポイント
しかし
ナイスバディと思い切りの良いエロさで
かっこいい!おしゃれ!と思わせる

ちなみに調べると
彼女は蠍座生まれ
蠍座に太陽、木星、金星、水星の4天体がある
彼女はエロさで売れたと思う

もうひとりのレイザーラモンHG
もともとレイザーラモンというお笑いコンビのひとりだったのに
ハードゲイ風味のパフォーマンスで今最も売れている芸人

彼は射手座生まれ
蠍座には金星があり、山羊座の水星と60度
天王星も蠍座にある

人目を引く為のコスチューム、仕事用のコスプレとして
彼の場合は蠍座っぽいのが良かったのかも

彼が紅白に出るかどうかと言われているが
木星の位置からして
彼のバードゲイ芸が受けるのは今年の紅白のみかも
来年末は射手座に木星が移動している

今年ならばNHKでどんなバードゲイ芸を披露しても大丈夫
逆に言うと、紅白の舞台で
腰を振りたいなら、今年しかないと思う
posted by 加藤まや at 00:35 | TrackBack(0) | 占星術 | 更新情報をチェックする

2005年10月30日

ノートパソコンを購入

先日、仕事用のノートパソコンを買い換えた
軽さとバッテリーの持続時間でレッツノートに決定
通販で注文したら、すぐに受け取ることができた

さて、占星家なら気になるのが
私のレッツノートがいつやってくるかである
その時のチャートが、私のレッツノートの出生図(ネイタルチャート)となる
私のネイタルチャートと重ねたら相性も見ることができる

タイムスタンプは05/10/28 19時35分

アセンダントは双子座、支配星水星は6室にある
つまり、このレッツノートはせっせと働くために私の手元にやってきたらしい

太陽は5室蠍座5度台、サビアンは「ゴールドラッシュ」
蠍座に入ったばかりの木星と0度、魚座のMCと天王星などと120度

魚座のMCはスピリチュアル関係で仕事しています…をイメージさせる
太陽を見ると、自分の好きなことならばかなり積極的
自分が欲しい物をゲットするために危険な賭けもやるかも
蠍座なので、標的を決めて攻める
木星と天王星のアスペクトを見ても前向きで行動的のはず
モバイルパソコンだしね

月は4室乙女座で、10室魚座の天王星と180度
いつも移動ばかりでしょうな

おもしろいのは
7室射手座の入口、DSC上に冥王星と金星の0度がある
7室はパートナーをみるので、すなわち私のことかも

このレッツノートにとって
私はいろんな意味で「濃い人」だと言うことだ
ちなみに私は本当に出生図で冥王星と金星の0度を持っている
それに水星も0度でくっついている

面白くてたまらないこともありそうだけど
手荒なこともされるのかも
一度くらい壊れかけるかも 私のせいで

ということで、どうぞよろしく
レッツノート君

あ、私との相性的にはいいんじゃないのかな
ただしこき使うと思う
どちらがこき使われる側になるのかが重大な問題だ
うーん、これ、どっちともつかないなぁ…
posted by 加藤まや at 03:27 | TrackBack(0) | 占星術 | 更新情報をチェックする

半額エビバーガー

岡田監督、負けちゃいましたね
バレンタイン監督、おめでとうございます

今年のテーマ、目標、ミッションを簡単にするなら
今年のプログレス太陽のサビアンを見る

岡田監督は山羊座22度「敗北を優美に認める将軍」
バレンタイン監督は蟹座15度「ありあまるほどの食事を楽しんだ人々」

あまりに違いすぎる…

半額エビバーガーおいしかったです
来年はがんばってください まずはバント練習から…
posted by 加藤まや at 03:20 | TrackBack(0) | 占星術 | 更新情報をチェックする

2005年10月25日

岡田監督とバレンタイン監督、どっち?

いよいよ日本シリーズ第3戦
甲子園での第3戦に負けると
阪神はかなり苦しいと思う

監督のネイタルチャートを見比べてみた

岡田監督は太陽が射手座、月が山羊座
太陽は射手座の初期度数にあり、スポーツ競技に向いている
太陽のサビアンは「チェスをする二人の男」
月が山羊座だし、集団スポーツを戦略的に進めるタイプだ
選手や関係者の上下関係もきちっと踏まえてやっていくのでは

太陽のアスペクトは乙女座の冥王星とスクエアのみ
人生上大きな挫折を味わうこともあるけれど
それをきっかけにして大きく成長できる人

バレンタイン監督は太陽が牡牛座、月が牡羊座
太陽のサビアンは「荒れた水の上を飛ぶ白い鳩」で、指導者的イメージ
牡牛座だから、身体的な感覚や実際に体得したものを使って
部下に指導するだろう
月は若い度数の牡羊座で海王星と180度
新鮮なアイデアは旺盛
まさにボビーマジック

オーブは広めだが、バレンタイン監督の太陽も
岡田監督と同じ冥王星とのスクエアがある
獅子座の冥王星とスクエア
同時に乙女座の火星とトライン
大きな運命の変化を体験しやすいのは岡田監督だろう
バレンタイン監督は
挫折もあるけれど、前向きに着実に前進していくタイプ

どちらの監督も月に金星が重なっている
人気者だ

ここまで比べると
岡田監督は玄人集団を上手に使って良い仕事をするタイプ
バレンタイン監督は選手の身体能力をのびのび引き出して
ガンガン仕事するタイプ

さて…どうなるか…
時期的なものを見ると

岡田監督は
彼の天王星にトランジットの土星が重なっている
彼の天王星のアスペクトは射手座水星、土星とトライン
やるべき仕事をキッチリやらせたいと考えるだろう
その組み合わせに、トランジットの吉星、射手座金星が重なっている

彼の天王星にはもう一つ
蠍座火星とスクエアもある
この蠍座火星のサビアンが「救助された溺れる男」
ギリギリの絶体絶命的な状況になって本人の底力が出やすいのでは
第1戦と第2戦の惨敗で
ここのスイッチが入ったかどうかが気になる

バレンタイン監督は
彼の太陽に逆行だけど火星が重なっている
同時に彼の木星、天王星とトランジットの蠍座の太陽で
水のグランドトラインができている
本人もノリノリだし、選手ともしっかり信頼関係ができているだろう

さらに言うと、彼の水のグランドトラインには
トランジットの魚座天王星や天秤座木星も関係している

結論
良い雰囲気で野球ができるのはバレンタイン監督
絶体絶命の状況に陥ってからが本当の勝負どころの岡田監督

さて、どっち?
posted by 加藤まや at 18:24 | TrackBack(0) | 占星術 | 更新情報をチェックする

2005年10月22日

スティーブ・ジョブズ氏のスタンフォード大学卒業祝賀スピーチ

夏ごろ知った話題なので、今さら取り上げるのは遅いと思うが
プログを作ったらぜひ紹介したいと思っていたこと

アップルコンピュータ スティーブ・ジョブズ氏の
スタンフォード大学卒業祝賀スピーチだ

----------------------------
未来に先回りして点と点を繋げて見ることはできない、君たちにできるのは過去を振り返って繋げることだけなんだ。だからこそバラバラの点であっても将来それが何らかのかたちで必ず繋がっていくと信じなくてはならない。自分の根性、運命、人生、カルマ…何でもいい、とにかく信じること。点と点が自分の歩んでいく道の途上のどこかで必ずひとつに繋がっていく、そう信じることで君たちは確信を持って己の心の赴くまま生きていくことができる。結果、人と違う道を行くことになってもそれは同じ。信じることで全てのことは、間違いなく変わるんです。
----------------------------
----------------------------
 君たちの時間は限られている。だから自分以外の他の誰かの人生を生きて無駄にする暇なんかない。ドグマという罠に、絡め取られてはいけない。それは他の人たちの考え方が生んだ結果とともに生きていくということだからね。その他大勢の意見の雑音に自分の内なる声、心、直感を掻き消されないことです。自分の内なる声、心、直感というのは、どうしたわけか君が本当になりたいことが何か、もうとっくの昔に知っているんだ。だからそれ以外のことは全て、二の次でいい。
----------------------------

スピーチの冒頭で述べられているが
彼は生まれてすぐに養子に出され、
養父母に育てられた

彼のネイタルチャートを見ると
月が牡羊座の初期度数にあり
どの天体とも大きなアスペクトを取らず
孤立している

ネイタルチャートの月は
その人が赤ちゃんの頃
周りからどんな印象を吸収して育ったかを示す

彼の月は牡羊座の最初の度数なので
12星座の最初の度数でもある
まさに生まれたての赤ん坊だ
自分が何者か
ここがどこかも分からない
保護してくれる人もいない
本当にひとりぼっち
彼の月を見るとそう感じる

彼はスピーチの中で
子どもの頃のことやその後の人生の浮き沈みに関して
苦労したとはひと言も言っていない

むしろ
ひとつひとつの運命を
自分の確信でつなげていったと言っている
それが何になるのか全く分からなくても
必ず将来かたちになると信じて

占星術で将来どうなるかを
みることはできるけれど
本当にそうなるかどうかの最終スイッチは
その人にゆだねられている

本当にその人がそうしたいと確信すれば
★はその人の人生を大きく揺り動かしていくだろう

将来の心配や失敗の可能性を計算しないで
自分によく問いかけて欲しい
本当は何がしたいのですか

自分の人生に敏感になりたいと思う
★が私の人生を決めるのではないのだから
自分の心の声に敏感になって
★のパワーをもっと上手にキャッチしたい
占星術はそれを手助けするツールだと思う

毎日同じような一日がやってくるけれど
同じ星回りの日は一日もない
私たちが息絶えるまで
新しい星回りの一日がやってくるのだ

「Stay hungry, stayfoolish.(ハングリーであれ。馬鹿であれ)」

こんなにクールでカッコイイ演説をする企業家が
日本にも欲しいと思う

原文はこちら
日本語訳文はPLANet blog.にて紹介されています

posted by 加藤まや at 02:57 | TrackBack(0) | 占星術 | 更新情報をチェックする

2005年10月19日

イベントのお知らせ

051019hana051019_hagaki

11月23日からの4日間、イベントに参加することになりました
ぜひおいで下さい

----------------------------

★★ララ・マーケット★★

2005/11/23(水祝)〜11/26(土) 11時〜18時(最終日は17時まで)

ぎゃらりー パステル

埼玉県越谷市南越谷1-12-10イーストサンビル2F

TEL 048-987-8361

http://gallery-pastel.com/


★★鑑定メニュー★★

★西洋占星術(20分)1300円

★より詳しく鑑定するためにも、出生時間(母子手帳などでお調べ下さい)と生まれた場所(都市名)をお知らせ下さい。出生時間が分からなくても鑑定は可能です。ご希望の方は相性も鑑定いたしますので、お相手の誕生日・出生時間・出生場所をお知らせ下さい。

★★当日は私の鑑定コーナーの他に、手作り雑貨やポストカード、ハープティーなどの食品、天然石アクセサリーなどのショップがオープンします。私も買い物しようかな〜

----------------------------

こういうイベントで鑑定をするのは、毎回とても楽しいです

ショップの方を鑑定させて頂くことがあるのですが
自分のネイタルチャートに沿ったライフスタイルを
本人が自ら選択している場合が多いです

自分の人生をよくよく考えて前向きな方向で選択し
選んだことに対して自分で責任を持って真剣に頑張っている人は
占星術は必要ではありません

自分で既に★の力を味方につけているからです

私の仕事はそんな人を少しでも増やすことと言えます
★のパワーを有効に利用しているお手本を
たくさん拝見することができるので
私もとてもうれしいのです

占星術ってやっぱり当たるな〜と思います

手元に案内ハガキがありますので、ご希望の方はご連絡下さい


posted by 加藤まや at 17:45 | TrackBack(0) | 占星術 | 更新情報をチェックする

2005年10月17日

火星の時代

しばらく会えなくなりそうな友人とゆっくり食事をした
一緒に占いを勉強し続けている友人でありライバルだ
これから気軽に会えなくなりそうで、とてもさみしいけれど
大人になるといろいろ事情は出てくるものだ

ふたりでたくさんのことをしゃべった
内容はほぼ以下の通り
「どうやって勝ちに行くか」である

彼女とは
それぞれの場所で精一杯やっているからこそ
ほどよい緊張感があるつき合いができる

こんな潔い大人のつきあいができるのは
私たちが火星の年齢域だからこそかも知れないと思った

占星術では、その人の運命を司る10天体が
それぞれ特定の年齢の時期で
影響力を増すと考えている

私たちの年齢では
積極的な行動力と自己主張、競争心の象徴、火星だ

最近火星のことを考えている時が一番多い

私のネイタルチャートの火星はどの天体とも角度を取っていないが
ここ何年かは
トランジットの海王星が180度の角度を取っている
おそらく来年いっぱいぐらいがmy火星の最大の勝負どころ
海王星なので迷走気味だけど
お遊びもおまけでついているのだなと思っている

さらに今現在トランジットの火星が牡牛座に長逗留中
私のアセンダントから1ハウスを通過している

だから私が今一番欲しいものは
仲良しさんではなくライバルだ

この人には負けられないと
どんどんエネルギーがかき立てられるような人
そんな刺激的な人と友だちになりたい

どうやったら勝てるのかな
こんなことしたいよね
やんなくちゃ分かんないよねー

そんな風にガンガンしゃべっている時が
今は一番楽しい

ライバルが欲しいと思える自分が
悪くないと思う

私に闘争心をチャージしてくれる彼女に
感謝している
私も負けないから
貴女も簡単に私に負けるな!
posted by 加藤まや at 01:31 | TrackBack(0) | 占星術 | 更新情報をチェックする