2008年05月09日

08年春色益子陶器市・その3

今年のGWは、またまた益子の陶器市へ行ってきました。
(春色益子陶器市その1その2の記事はこちらです)
(07年秋の益子陶器市の記事はこちらです)

益子の陶器市を楽しんだ後
まだ時間があったので栃木市へ立ち寄りました。

栃木市は江戸時代に河川の通商で繁栄し
明治初期まで栃木県の県庁所在地であった歴史のある街です。
今では「蔵の街」として知られているようです。

080506tochigi55.jpg

これはとちぎ蔵の街観光館。
かつては荒物問屋の見世蔵と土蔵群だったそうです。
現在は観光案内所と土産品販売店、お食事処になっています。

080506tochigi222

横山郷土館です。
横山家は明治の豪商で、店舗の右半分が麻問屋、左半分が銀行だったそうです。

080506tochigi33

軒先でラムネを販売していました。

巴波川です。かつては、ここから江戸まで物資を運んだのですね。

080506tochigi66.jpg

080506tochigi1111

当日は鯉のぼりがいっぱいでした!
写真で見ると、本当に泳いでいるみたいに見えますね。

次に佐野に向かいました。

しまだやのラーメンです。

080506food11

ここの麺は手打ち自家製だそうで
厚みがまちまちな麺にスープがよくからみます。
あっさりと澄んだ醤油スープもとてもおいしかったです。

080506food22

もちろん、餃子の皮も手作り。モチモチと厚めの皮です。
具は野菜たっぷりで、あっさりとした味でした。

というわけで
益子の陶器市〜栃木市観光〜佐野ラーメンと
日帰りドライブにしては、かなり充実した一日でした。
またどこかへ出かけたいと思います。
posted by 加藤まや at 19:16 | TrackBack(0) | 旅行 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック