2005年11月19日

水星逆行時のおトクな過ごし方

11月14日〜12月4日まで水星が(見かけ上)逆行している

占星術では、この時期は水星がつかさどることが
スムーズにいかなくなると言われている

水星がつかさどるものとは
「コミュニケーション」「情報」「移動」
「知性」「会話」「ビジネス」などなど

きちんとできて当たり前っぽいものが多い
それらが予定通りにいかなくなりがちなのだ

例えば
連絡ミス、言葉の行き違い、誤解、物の紛失
交通機関の遅れ、郵便の行方不明
パソコンなどのデータ消失、システムの誤作動
などなどが考えられる

今回の水星逆行は射手座で始まった
射手座は影響大になりそうだ
同じ柔軟宮の双子座・乙女座・魚座も
影響を大きく受けるだろう

特に乙女座は支配星が水星であり
乙女座から見て90度の位置にある射手座の水星が逆行中だ
今回、乙女座の人にはいろいろ事件がありそう
誰かがやらかしたミスのフォローをする羽目になったとか

乙女座が強い私は
14日に早速仕事上のトラブルが起こった
もちろんガックリきたけれど
同時に
やったー水星逆行初日にトラブルだーと
達成感に似た気持ちもちょっぴりあったりして…

水星逆行は今年は3回
3月20日〜4月12日 24日間
7月23日〜8月16日 25日間
11月14日〜12月4日 21日間

つまり
一年間のうち
合計70日間は水星が逆行している
平均5日に1日の計算だ

ということは
同じ曜日は7日に1日
仏滅は6日に1日だから
曜日や仏滅よりも水星逆行の頻度は多いのだ

今や、仏滅がいつかチェックしている人は少ないかもしれないが
もし仮に
これから約20日間ずっと仏滅が続きますよと言われたら
イヤーな気持ちになる人は多いかも
水星逆行とはそんな程度のものなのかも知れない

水星が順行に戻る12月4日まで
何かあるたびに「水星逆行だー」と
妙な達成感を感じる私はアホだが
ただひたすらイヤーな気持ちになるのも
もったいないと思う
せっかくだから、おトクな過ごし方を考えたい

水星逆行時の乗り切り方でよく言われているのは
今までのやり方を見直そう
新しいことは始めないようにしよう
焦らずに余裕のある時間を過ごしましょう
などである

もうひとつ
私が提案したいのは
自分が水星逆行中に体験した
しょぼい失敗やパッとしないできごとに対して
どのくらいの強度があるか自ら振り返るといいと思う

私は出生時の月が土星と180度である
すぐに不安になったり
自分はいつもアンラッキーだと考えがち
人生とはうまくいかなくて当たり前
そんな風に思っている

極端な言い方をすると
何か失敗するたびに
予想通りの結果なのでどこかでホッとしている
おそらく私は
全てが順調で笑いが止まらない時の方が
ストレスが大きいだろう

あなたはどうですか?

私のように
パッとしないできごとが
実は好きな人いないかなぁ

★宣伝★
11/23〜26まで鑑定イベントをします
ぜひ遊びに来て下さい
詳細はこちら
posted by 加藤まや at 02:32 | TrackBack(0) | 占星術 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック