2005年10月17日

火星の時代

しばらく会えなくなりそうな友人とゆっくり食事をした
一緒に占いを勉強し続けている友人でありライバルだ
これから気軽に会えなくなりそうで、とてもさみしいけれど
大人になるといろいろ事情は出てくるものだ

ふたりでたくさんのことをしゃべった
内容はほぼ以下の通り
「どうやって勝ちに行くか」である

彼女とは
それぞれの場所で精一杯やっているからこそ
ほどよい緊張感があるつき合いができる

こんな潔い大人のつきあいができるのは
私たちが火星の年齢域だからこそかも知れないと思った

占星術では、その人の運命を司る10天体が
それぞれ特定の年齢の時期で
影響力を増すと考えている

私たちの年齢では
積極的な行動力と自己主張、競争心の象徴、火星だ

最近火星のことを考えている時が一番多い

私のネイタルチャートの火星はどの天体とも角度を取っていないが
ここ何年かは
トランジットの海王星が180度の角度を取っている
おそらく来年いっぱいぐらいがmy火星の最大の勝負どころ
海王星なので迷走気味だけど
お遊びもおまけでついているのだなと思っている

さらに今現在トランジットの火星が牡牛座に長逗留中
私のアセンダントから1ハウスを通過している

だから私が今一番欲しいものは
仲良しさんではなくライバルだ

この人には負けられないと
どんどんエネルギーがかき立てられるような人
そんな刺激的な人と友だちになりたい

どうやったら勝てるのかな
こんなことしたいよね
やんなくちゃ分かんないよねー

そんな風にガンガンしゃべっている時が
今は一番楽しい

ライバルが欲しいと思える自分が
悪くないと思う

私に闘争心をチャージしてくれる彼女に
感謝している
私も負けないから
貴女も簡単に私に負けるな!
posted by 加藤まや at 01:31 | TrackBack(0) | 占星術 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック