2005年10月11日

雑誌ミーツ「街の人はみんな本好きだった」

たまたま自由が丘で書店に寄ったら大好きな雑誌ミーツを発見
おっ、ミーツやん 本の特集すんの〜おもしろそう〜

ミーツは大阪のエルマガジン社発行の濃い〜ぃ地域情報誌
特集を考えるコンセプトやレイアウト、コピーなど
全てがこってり濃い関西風味

しかも、連載陣が
内田樹、永江朗など私好み
関西出身、首都圏在住の今では大きな書店に行くとよくチェックして買っている

今回も読ませるところがたくさんあって大満足
特にクスリと笑ったのが「鉄道マニアの聖地 旭屋書店本店」

その昔、私は旭屋書店本店の鉄道コーナーでバイトしていた
毎月やってくる時刻表の発売日には
どかどか時刻表を積み上げ、それがどんどん売れていくのだ
鉄ちゃんは同じ時刻表を3冊(永久保存用と通常使用分とあとは予備?)
買っていくのを知ったのもこのバイトのおかげ

毎月黙って同じ時刻表を3冊買いにやってくる鉄道マニアの彼らは
まさに毎月聖地にやってくる巡礼のようだった
今も「聖地」は健在らしい
posted by 加藤まや at 05:23 | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック