2007年10月11日

ブッククラブ回

久しぶりに「ブッククラブ回」に行きました。
青山一丁目の静かな住宅街にひっそりとある
精神世界関係のセレクト書店です。
有名な書店ですので、ご存じの方も多いかも知れません。

お店は近隣の住宅にとけ込むように建っています。
ドアを開けると、目の前には螺旋階段が続いています。
その螺旋階段を取り囲むように書棚が続き
地下フロアにつながっています。
いつ来ても、店内は静かで穏やかな雰囲気に包まれています。

「ブッククラブ回」では
精神世界、スピリチュアル、癒し、ホリスティック…などをキーワードに
お店独自の視点でセレクトした国内外1万冊の書籍、CD、GOODSなどを
扱っています。
ディープな内容の本から、気軽に読めそうな本まで
いろいろと揃えてあるので、私は気に入っています。

私は普段、毎日アマゾンで何冊か検索をかけるくらい
ネット書店をよく利用しています。
だけど、やはり実際に書店に出向いて棚を眺めるのが一番好きです。
書店に行けば、自分の知らない本にたくさん出会えるし
気になる本を手にとって見ることもできます。
この書店に来たら、いつもフロアを3周ぐらいして
小一時間ぐらい過ごしてますね。

ちなみに
「ブッククラブ回」は取り扱い書籍などのカタログを
毎年発行しています。お好きな方にはおすすめです。
また、無料のメールマガジンがあって、これもおすすめ。
注目の書籍・CD・GOODSなどの情報を毎週届けてくれます。
私も購読していますが、いつも読むのが楽しみです。

今日は買い物をしたら(たぶんたくさん買ったからだと思うけど)
「ブッククラブ回」で発行しているニュースレターを頂きました。
巻頭インタビューが、麻雀の勝負師の桜井章一さん。
桜井さんのことは、お名前ぐらいしか知らなかったけど
読んでみて「勝負師ってすごいなー」と感じました。
一瞬で勝ち負けが決まる世界で自分の全てを賭けて生きている人は
やはり
自然とスピリチュアルな感性が磨かれるんだなぁと感じました。
言葉が深い。かっこいい。

「ブッククラブ回」に行って買い物した後は
だいたい外苑前のディーン&デルーカで休憩します。

071011window

店先はハロウィン仕様。かわいい!

071011drink1

あまり面白くない画像ですが
これは期間限定の「塩キャラメルラテ」です。
「仏産ゲラント塩と濃厚なキャラメルソースを贅沢に使用した
ディーン&デルーカオリジナルのスペシャルドリンク」だそうです。
確かに塩っぽいキャラメル味。香ばしいエスプレッソとよく合います。
大人っぽいキャラメルラテといった感じで、とてもおいしかったです。
10月末までだそうですので、お早めに。
posted by 加藤まや at 23:35 | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック