2007年09月12日

安倍首相、辞意表明

今日、安倍首相が辞任を表明しました。
私がそのことを知ったのは、お昼のテレビ速報です。
10日に臨時国会が開幕したばかりなのに
ずいぶん唐突だなと感じました。

テレビで速報を見た後、すぐに安倍さんのネイタルチャートを開きました。
そうすると
天を運行している乙女座月が安倍さんの出生時の乙女座太陽に
ピッタリと重なっていました。わぉ。
占星術を信じることができると感じるのは、いつもこんな瞬間です。

さて、安倍さんのネイタルチャートです。
まやブログでは、選挙の時にちょっと取り上げました。
(詳しくはこちらこちら

安倍さんのネイタルチャートについて、私が気になったのは
安倍さんの出生時の天秤座水星です。
このN水星、5度離れたところに海王星もあります。
キャッチフレーズを「美しい国」と表現しそうな水星です。

安倍さんの天秤座N水星は、最近2回
天を運行する獅子座土星と射手座冥王星の120度と
小三角を作っていました。
1度目は、06年に内閣総理大臣に指名されたとき。
2度目は、この前の参議院選挙です。

出生時の天秤座水星と
天を運行する獅子座土星、射手座冥王星との小三角は
安倍さんにとっては、節目のひとつなのだなぁと思っていました。

土星と冥王星の120度は
徹底的な自己努力や不撓不屈の忍耐力
どんなことにも決して揺らぐことのない自分を、努力で獲得する
自他共に厳しく着実だけど、細かいことには鈍くて無反応…
こんな感じのアスペクトです。

1度目、内閣総理大臣に指名されたときの
天秤座N水星と獅子座T土星&射手座T冥王星の小三角は
小泉路線を盤石なものにするために働いたと思います。

そして、先日の参議院選挙前に
この小三角が再びできると気がついたときには
「選挙には負けるかも知れないけれど、安倍さんは辞めないかも」と
私は感じてました。

その時の「今週の星占い」では
−−−−−−−−−−−−
このアスペクトは
水瓶座海王星を加えると、T字スクエアになります。
また、30〜31日は月が海王星を通過します。
ちなみに、獅子座土星は射手座冥王星と120度も作っています。
印象的な出来事があるとしたら、31日あたりだと思います。

どういう感じかと言いますと…T字スクエアは
見通しが不透明、泥沼状態の現実を目の前にして
できるだけ損をしない形で、実入りの良いモノを少しでも多く確保したい
…という、欲張りな無理難題をあきらめきれない感じです。
その一方では、獅子座土星&射手座冥王星の120度を考えると
危ない橋を渡ることで
現実を堅持&成長する方向へたどりつけるかも。
困難を十分承知の上で、あえて自分の意志を貫くことと
それに伴う痛みを引き受けつつ
現実を盤石なものに推し進める感じでしょうか。

賭けであることを覚悟しつつ、どれを切るかを考える
あるいは、どれを最後まで確保するかをしつこいくらい考える
…そんな感じかなぁ、と思いました。
−−−−−−−−−−−−

…うーん、でも…選挙で大敗したのに
総理総裁が辞めないなんてウルトラCがあり得るのか??と
自分でも自信が無かったです…。いやー、まだまだ未熟ですね。

それで、結果的に本当に辞めないことになりました。
2回目の天秤座N水星と獅子座T土星&射手座T冥王星の小三角は
国民の審判である選挙で大敗しても
党内から「辞めろ」と突き上げられても
「『美しい国』作りのため、改革に邁進する所存です」と
ひたすら押し通す安倍さんのイメージが、私は重なりました。

つまり…
KY(空気が読めない)ですよ。
そっかー、土星×冥王星のアスペクトはKY(空気が読めない)
だったのか…と安倍さんを見て感じました。

そして今日、またまたKY(空気が読めない)な感じで
安倍首相は辞意を表明しました。
そう、9/2に土星が乙女座に入宮した現在、
土星×冥王星のアスペクトは解消しています。
やっぱりここまでだったのね。
ラベル:占星術
posted by 加藤まや at 17:59 | TrackBack(0) | 占星術 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック