2007年07月25日

湘南ステンドグラス美術館

藤沢市の湘南ステンドグラス美術館に行ってきました。
ここは
セント・ラファエロ湘南教会というウエディング・チャペル内にある
アンティークのステンドグラス美術館です。

聖堂正面と側面の「四大天使」のステンドグラスは
英国バーミンガムの教会に飾られていたもので、1823年製作の作品。
その他、「騎士に冠を受けるキリスト」や薔薇窓の「イエス」や「マタイ」など
いろいろなステンドグラスが飾られています。

私は、今回初めてアンティークのステンドグラスを拝見しました。
シックで美しい色合いと立体的&曲線的な表現がすばらしいです。
立体感を演出する微妙な陰影は、ガラスに細かなキズをつけて
その上に濃い色をのせて表現しているそうです。
「どうぞさわってみて下さい」と勧められたので、実際に触れてみました。
ほんと、表面にベールのように繊細なキズが施されていました。
職人芸ってすごいですね。

ガラスの色も、現代の技術では再現できない色だそうで
気品と重厚感を感じさせます。
美しく輝くステンドグラスを眺めていると
作品の人物や天使が、本当に息をしているような気分。

なかなかお目にかかれないステンドグラスだと思います。
機会があれば、ぜひ行ってみて下さい。
なお、挙式中は入館できないので
事前に問い合わせをした方が無難です。

チャペル内は撮影禁止でしたので
パンフレットをデジカメで撮ってみました。
本物はこの何倍もすばらしいです!

070724glass1

「騎士に冠を受けるキリスト」背景の遠近感、夕空の色にも要注目。

070724glass2

「ミカエル」天使の羽に力が宿っていると錯覚するくらい見事な表現力。

■湘南ステンドグラス美術館■ (詳しくはこちらこちら
住 所 藤沢市南藤沢14ー1
電 話 0466ー28ー2111
入館料 大人 500円、子供 200円 (ホテル内ラウンジのドリンク券付き)
営業時間 10:00〜17:00
定休日 月曜日
posted by 加藤まや at 11:17 | TrackBack(0) | 旅行 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック