2014年01月15日

「無」のなかでリラックスする

今日は氷川神社へ行ってきました。
去年から月二回、参拝しています。

もう15日ですので
さすがに
初詣の人は少なくなっていました。
いつもの境内の雰囲気が戻ってきたような。

先日、
12星座占い執筆を終了したことなど
ここ最近の御礼と今後の心づもりなどを報告しました。

おみくじをひくと
「第五番 神世七代兆」でした。
運勢は平。

20140115p22.JPG

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
これは、未だ物事をきめる状態に到来せず、
心永く時節をまちて事をなさざれば、
行く末は吉を得がたし。
よくよく心静かに考えて行う時は良しと知るべし
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
時の来るのを待つべし。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

神世七代とは
天地開闢のとき、別天津神の次にあらわれた七代の神です。
神世七代の神々のうち
一番最後にあらわれたのが伊弉諾尊と伊弉冉尊。

こういうおみくじをいただいたということは
今、私は
純粋な創造エネルギーの混沌段階であって
何かがゆるゆると生成していくプロセスを
経験しているのだなと思いました。

先日、2回引いた
禅タロットの「無」とそのまんま同じメッセージです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−
しかし、宇宙が創造される以前から存在していたのは、
まさに純粋な潜在能力という、この状態だったのです。
今あなたにできることは、この無のなかへとリラックスしていくことだけです……
−−−−−−−−−−−−−−−−−
神聖ななにかが、まさに生まれようとしています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−

そういうわけで
今、私は自分をいったん「無」にして
混沌とした「無」のなかでリラックスしていたらいいのでしょう。
ゆるゆると。まったりと。
posted by 加藤まや at 21:10| 日記 | 更新情報をチェックする