2014年01月03日

1日は「明けましておめでとうワーク」でした

1日の山羊座新月のタイミングに合わせて
「明けましておめでとうワーク」をさせていだきました。
私はエグジステンシャルヒーリングをさせていただきました。

先日の「ゆく年ワーク」と同様に
ワーク開始時間の少し前から
虹色の泡々のエネルギーで
参加者の方々をキュッキュッと磨いて
オーラクレンジングをした後、
エグジステンシャルヒーリングをしました。
私のハートから生まれてくるフワフワなエネルギーで
私自身と参加者の方々をモコモコに包み込みました。

今回、私にとっては
温かいつながりを感じつつ、必要なプロセスが
すんなり始まって、すんなり収束していった感じでした。
ご参加の皆様はいかがでしたでしょうか。

20140102p22.jpg

1日の夜,寝る前に
金龍の金ちゃんに「今、必要なメッセージを見せて下さい」
とお願いをして寝ました。
そうしたら、今年の初夢は3本立てでした。
3つの夢に共通するテーマとしては
私の中にある
「うまくいかないのではないか」
「あれをどうにかしなければいけないのではないか」
という思いから自由になって
「まぁいいかと力を抜く」
「いろんな意味で、どうでもよい自分になる」ことだなぁと感じました。

今回の一斉ワークは
自分の中に「創造者としての自己」を見出していくお手伝いをしています。
自分の中にある無限の創造力を認めていくと
究極的には
自分のことはどうでもよくなるのかもしれないと思いました。
そのくらい自分を枠にはめず、制限しない。
「どうでもよい自分になる」とは
自分を一瞬ごとに創造し続けている存在として
とらえていることにつながるかも。
…そんなことを感じた初夢でした。

エグジステンシャルヒーリングおよび一斉ワークを
受けている者として表側の出来事を見つめ、観察しますと
特に
エグジステンシャルヒーリングは
とかく過去に縛られやすい関係性を
「今ここ」というフィルターを通じて、
その関係性を再編集、再構築するのだろうと思います。
そういう癒やしです。
私たちは
過去の出来事によって相手や相手との関係性を
良くも悪くもとらえがちです。
過去に基づいてこしらえた関係性に
自分も縛られていて、相手も縛っています。
そういう関係性を
「今」という視点から再編集、再構築すると
表側の出来事としては
和解もあれば、逆に別離もあって
そのどちらもが「癒し」になるのだと思いました。

毎回、エグジステンシャルヒーリングをする前に
「ヒーリングをお受けになる方の存在を癒やし、
その方の存在の癒やしに関わる存在にもヒーリングを送ります」と
祈念してヒーリングを送っています。
私自身の最近の出来事、今回いただいているご感想を見ますと
エグジステンシャルヒーリングは
お受けになる方の存在、その方が関わっている関係性が
「今ここ」という視点の元、より純化されるヒーリングなのだなと
個人的に感じています。

20140102p33.JPG

1日の昼間は
氷川神社へ初詣に行きました。
そうしたら今年は
夫と同じおみくじを引きました!
こんなことは初めてです。

20140102p44.JPG

「三種神宝兆 これは何事も思いのままに叶うの兆なれば、思いつく事は速に始めるべし。間違う事無し。但し、油断する時は大きな失敗をする事あり。この好期をのがせば、身に災い来ると思うべし。このことを充分に心すべし。」と書いてあって、
最後は
「喜び事すぐ来る。願う事は必ず叶うと思うべし」
と締めくくってありました。

氷川神社のおみくじは
御祭神のスサノオノミコトにまつわるエピソードや神話の一節が
キーワードとして書いてあります。

今回の一斉ワークは
数字の「3」がテーマのひとつでもありましたので
やはり「三」なのだなと感じました。
それと
今回、ここに生まれてきて預かっている「ギフト」を
しっかり使っていこうと感じました。
それが
さまざまな「ギフト」をお預かりしている者の使命なのだろうと感じました。
みなさんもそれぞれ「ギフト」を預かっているはずです。
今年もしっかり使っていきましょう。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
いろんな話が長くなりましたが
今のところ、私自身のワーク報告は以上です。
次は
1/6の「くる年ワーク」です。
posted by 加藤まや at 10:41| 仕事のお知らせ | 更新情報をチェックする