2013年12月31日

12/23イベントのレジュメ 「2014年、宇宙の波に乗るためのポイント」

2014年の星回りの解説として
12/23に開催したイベントのレジュメを掲載します。
リンク先など、少々加筆訂正してあります。

イベント関係記事はこちらです。
2013/12/25 【御礼】岩井富美子さんとのトークイベント第二弾、終了しました
2013/11/29 12/23開催 加藤まや&岩井富美子のトークイベント第二弾

201309015p2.jpg

■■2014年の星回りのポイント■■

■活動宮のグランドクロスが形成される
■木星が獅子座に入る
■蠍座土星時期の最後の1年(土星射手座入り)

■活動宮のグランドクロス


活動宮のグランドクロスという星回りができます。
2014年前半のメインイベント。特に盛り上がるのが1月、4月。

(1)13年12月22日頃〜1月20日頃
山羊座天体(冥王星、新月、水星、金星)、牡羊座天王星、天秤座火星、蟹座木星

(2)4月10日頃〜5月頭頃
牡羊座天体(太陽、水星、天王星)、牡羊座天王星、天秤座火星、蟹座木星

鮮烈(新鮮で強烈)な変化」「ドラスティックな改革」が、
公私共、自他共に目まぐるしく展開し続ける

自分も他者も世界も目まぐるしく変わり続けるということは
そこであからさまになるのは
自分の「あり方」であり、自分という存在そのもの。 

2014年は「自分らしくある」「自分として生きる」が重要なテーマ。
自分は本当はどういう人なのかを明らかにする
「自分らしくある」「自分として生きる」
2014年はそういう決意を宇宙からうながされるでしょう。
そういう意味では2014年は
つねに変化し続ける創造的な存在としての「私」に目覚めるチャンスと言えます。

2013年の夏以降、変化変容スピード(次元移行スピード)が
ますます半端ない感じになっていると感じています。
長い目で見ると、変化変容の流れは2015年まで。
特に2014年夏まで(もっと言うと4月末頃まで)が
この著しい変化変容の流れに乗っていくチャンスだと思われます。
それ以降は「どんどん変わっていく人」と「変わろうとしない人」に別れるでしょう。
それはそれで自己選択になると思います。

「自分らしくある」「自分として生きる」ためには
ひたすら変化変容の流れへと自己を開いていく強さ、
本当の自分を他者や世界に見せていく勇気と決断力、行動力が求められるでしょう。
逆に言えば
そういう強さや勇気、決断力、行動力を示せる人が
ますます自分らしく生きることができるでしょう。
内なる恐れや手放せないものを抱えつつ、
それでも変化へと心を開いて生きていく・・・・そういう自己選択をして下さい。

変わることはこわいことでもあるけれど
どちらにしても
あなたという存在やあなたの人生は一瞬ごとに創造され続けています。

自分らしくあるために
自分の人生を今この瞬間からどのように創造していくか
このような宇宙からの問いかけに
自己決定、自己選択を通じて答えていく。
→自分の人生における神(創造者)として生きる
それはすなわち自分の人生のリーダーシップをとることでもある

神話の神々は自分の生きたいように破天荒に生きているが
それでも限りなく輝いている存在 躍動する生命そのもの
私たちもそういう「神」としての側面をあからさまにしていきましょう
→参考文献
「古事記 いのちと勇気の湧く神話」 中公新書 大塚ひかり著

《活動宮のグランドクロスの波に乗るための行動提案》

*何者かになろうとするのをやめる
*自分の選択を今ここの最良のものとして受け入れる
*3回目まではイマイチだったとしても4回目からはラクになる、という視点を持つ
*やりたいこと100個リスト作り
→関連記事 2013年01月04日 今年やりたいことリスト100
http://maya555.seesaa.net/article/311352502.html

■木星獅子座入り 2014/7/16

木星とは、公に認められるものを象徴している天体
蟹座木星時代には、
その国の伝統的なもの、国民的に愛されているもの、郷愁を誘うもの
が認められやすかった
(例)富士山、和食が世界遺産に。東京でオリンピック開催決定。
「おもてなし」が日本らしさとして再認識される(蟹座木星と蠍座土星の120度)

獅子座木星時代はどんな風になるか
→より自己肯定できてる人、自己評価が高い人が世に認められる
堂々と自己発信をしている人 自己プロデュースできる人
目立つことを恐れて自重するよりも、
多少ウザがられたって自分らしく生きた方がいい
と思う風潮が強まりそうです。

《木星獅子座入りの波に乗るための行動提案》

*自分のことを心底嫌いな人はいません。自分が好きと自ら認めましょう。
*私たちは心の中で吐いているセリフ通りの人になります
→今、あなたはどんなセリフを自分に聞かせていますか?
*アファメーションなどの自己肯定ワーク
→関連記事 2012年12月31日 今年がんばった自分にご褒美を
http://maya555.seesaa.net/article/310850018.html

■射手座土星入り 2014/12/24

土星は14/12/24に射手座入り→15/6/15蠍座再入宮→15/9/18射手座入り
したがって2014年は蠍座土星時期の最後の1年。

土星は定期的なメンテナンス天体。
「ここをもう少し鍛えておくべき」「ここをしっかり固めておいて」
と宇宙から指導を受けることになります。

蠍座土星時期とは何か?→関係志向の強まり
人間関係がますます流動化する一方の昨今、
血縁、社縁、地縁に代わる第四の縁としての「趣味縁」が注目されるようになっている。
→参考文献
「ウェブ社会のゆくえ―<多孔化>した現実のなかで」 NHKブックス 鈴木謙介著

薄い、ゆるいつながりはこれからもおそらくできる
できる→何となく消えるの繰り返し
どのつながりを濃くしていって心のよりどころ、心の支えにするか
心のよりどころ、心の支えとなる「縁」を各自で複数築くというのが
各個人の心の中で大きいテーマとなってきている

《射手座土星入りの波に乗るための行動提案》

*人間関係は作るもの 自分からコミットしていくものという意識を持つ
*会いたい人に会っておく つながっておく つながりを作って維持する
*合っている人とはいずれ必ず会う 合わなくなったらいずれは会えなくなる
→会いたい人に会える自分になっておく つながりたい人に自分を合わせる
posted by 加藤まや at 11:18| 占星術 | 更新情報をチェックする