2013年10月20日

【エレクショナル占星術しました】一斉ワークのお知らせ

私が関わらせていただいた一斉ワークが
ただいまお申し込み受付中ですのでお知らせします。

20131020p11.jpg

先日
「今の自分を超える一斉ワーク」でご一緒した
井上千晶さんの一斉ワークです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【一斉ワーク】今の自分を認めて豊かさと幸せを手に入れる!

こちらのワークでは、あなたのあらゆる側面を開いていきます。
今まで出てこれなかった光や闇を
あなたのペースで引き出していきます。
それに伴い恐れや否定感が出てくる可能性もありますが
それを受け入れ乗り越えていくことで、今の自分を認められますし
生きていく自信や強さも育んでいけます。
今まで遠い存在だと思っていたハイヤーセルフやガイド、
守護天使達もとても身近に感じられるようになるかもしれません。

自分のあらゆる側面を認め、より力強くより大きな自分で
未知なる幸せに向かって創造的に現実を積み重ねていく。

それは、どう考えても、あなたの幸せと豊かさに繋がっていると
思うのです。

http://ameblo.jp/angelicbouquet/entry-11639125544.html
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
私は
エレクショナル占星術でワーク日程を選ばせていただきました。

今回、私がご提案させていただいたのは
11/3の蠍座日食のタイミングに合わせた
「自己変容・自己再創造」ワークです。

日食は、太陽が月によって隠され、
その後、光の回復と共に太陽が復活する現象です。
占星術的には
古い私を自ら葬り捨て、新しい私を呼び覚ます
一度死んで新たに生まれる 
と読み解けます。
また、
古代人から見ると日食は「天の異変」でしたが、
現代を生きる私たちは「自己変容・自己再創造のタイミング」として
受け止めることを私はおすすめしています。

そういうわけで今回、
エレクショナル占星術として日食のタイミングを選んだ上で、
千晶さんには「天の岩屋戸開き」のような内容のワークをご提案しました。
つまり
最初に今までの自分や世界を葬る(リセット)させて
一度、完全な闇を包まれた後
未だ顕現していない光を蘇生的に回復させていく意図をご提案しました。
「ぶっちゃけ『一度死んで新しく生まれる』ワークありますか?」と
お願いしたら、私の意図をくみとって下さって
「天の岩屋戸開き」ワークを組み立てて下さいました。

今度の11/3の蠍座新月(日食)は
かなり濃いですよ。
そもそも
蠍座という星座自体、「死と再生」「変容」を象徴しています。
また
この時の日食図は4ハウスで起こります。
太陽&月に加え、水星や土星も重なっています。
したがって今回の日食で葬り去るものは、
どうしても手放せないネガティブなセルフイメージ、
過去のトラウマ、親や家族に植え付けられた心理、
集合無意識・前世なども関わっている恐れや思い込み、
自宅や土地から受ける心理的影響・・・・かもしれません。
それらを(ワーク参加者が)自ら葬り去るからこそ、
新しい自己が蘇生的に呼び覚まされます。

私もワークに参加します。
もちろん1カ月コースで!
楽しみです。

ワークのご案内&お申し込みは
千晶さんのブログをご覧下さい。
受付・ご入金締切は11/1(金) 14時だそうです。
http://ameblo.jp/angelicbouquet/entry-11639125544.html
posted by 加藤まや at 03:12| 仕事のお知らせ | 更新情報をチェックする