2013年06月23日

「新月満月からのメッセージ 6/23山羊座満月」記事更新されました

昨日、
cocoloni PROLOの「新月満月からのメッセージ」が更新されました。
今回は山羊座の満月です。ぜひご覧下さい。
次回更新は7/7予定です。いつも読んで下さってありがとうございます。

新月満月からのメッセージ 6月23日山羊座の満月
http://cocoloni.jp/culture/15555/

先日、南場智子さんの「不格好経営」を読みました。
この本、すごく売れてますね。
あまりに面白すぎて、一気に読んでしまいました。
熱くて泣ける、ほんと良い本。

不格好経営―チームDeNAの挑戦不格好経営―チームDeNAの挑戦
南場 智子

日本経済新聞出版社 2013-06-11
売り上げランキング : 3

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


数年前、
女性起業家を数人取りあげてホロスコープを調べたことがありました。
そのとき、私が興味を持った女性起業家のひとりが南場さんでした。

太陽牡牛座1度。月はたぶん蠍座。たぶん蠍座海王星と0度。
コンサルティング業よりは実業家・経営者向きだなと思います。
あと、太陽牡牛・月蠍ですので資金調達能力抜群。
経営者としての必須能力のひとつは資金調達能力だと思います。
太いスポンサーをひっぱってこれるかどうか、その能力です。
南場さんはそういう資質に恵まれていると思います。
あとは、情の人ですね。懐が深い経営者。包容力のある大物。

南場さんの太陽&月についてはそんな風に感じたのですが、
なにより印象深かったのは、南場さんの火星です。
牡羊座2度でノーアスペクト。
「南場さんは牡羊座火星の人なんだなぁ」
「だからDeNAの創業者なのだなぁ」
とそのとき印象深く記憶しました。

さてこの本、
私には牡羊座魂そのもののように感じられます。
ご自身の生い立ちからマッキンゼーでのコンサルタント時代を経て
DeNA起業時のなりふりかまわない奮闘ぶり、
その後、DeNAが大きく成長させた後、突然決断した夫の介護による退任・・・。

荒削りで魅力的な生き方だなぁと感じました。
しかも、そういう生き方を率直に語っています。
実に牡羊座らしいなと思いました。

今、何か「事」を成そうとするとき
ともすれば
各方面からの情報をさんざんリサーチ&比較検討を繰り返し
リスクをできる限り抑えつつ成功できそうなやり方を
延々とシミュレーションすることから始めがちですよね。
このシミュレーションの段階で
エネルギーのほとんどを消耗して、何も成さずに終わることも多いです。

もちろん南場さんも
そういうプロセスはさんざんやるんだと思います。
でもほんとのところは、やっぱりやってみないと分からないです。

この世界は、自分の人生は
リサーチやシミュレーションなどで予想できるほど
薄っぺらいものではありません。可能性は真に無限です。

「本当に重要な情報は、当事者となって初めて手に入る」
この、南場さんの言葉は本当にそうだなと思いました。

この本は
自分が当事者となると決意して、
その熱意に巻き込まれるように人がやって来て
みんなの情熱がひとつの結晶体となっていくプロセスを書いた本です。
内容的には経営者の自伝なんでしょうけれど
生命力そのものが躍動している感じがとても素晴らしかったです。
「生きていくって、そもそもはこういうことだなぁ」
「命を燃やし続けていくことなんだなぁ」と思いました。

そうそう、この本の装丁&タイトルも牡羊座的。
テーマカラーは血潮のような赤。
タイトルロゴが血と汗でにじんている。
「不恰好経営」とタイトルをつけるあたり、牡羊座らしいです。
情熱が先行する形で
熱き血潮と共にがむしゃらに走ってきた生き方は
かっこいいセクセスストーリーを求める向きから見ると
不格好なのかもしれませんが
そういう昨今だからこそ、
逆に新鮮でイキイキと輝いている生き方に見えます。

ぜひ読んでみて下さい。
posted by 加藤まや at 20:52| 仕事のお知らせ | 更新情報をチェックする