2013年05月08日

ご感想をありがとうございました

この仕事をしていてうれしいことのひとつは
ブログを読んで下さった方や鑑定をさせていただいた方から
感想をいただくことです。
全て目を通し、お返事の代わりに感謝の気持ちをお返ししています。
いつもありがとうございます。

いただいた感想をブログにアップしたことは、これまでありませんでした。
んー、
やっぱり宣伝っぽく思われるかな?って恐れていたんだと思います。
今回、何となく「ブログに載せよう」と思い立ちました。
お客様にご快諾いただきましたので、載せてみようと思います。
K様、ありがとうございました。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
おはようございます。Kです。
昨日はご鑑定下さいまして、どうもありがとうございました。

「頑張らなくていいんだよ!」とあんなにたくさん言っていただけたのは、
今まで経験にないことで、戸惑いもあり、ちょっと可笑しくもあり、
ただ、とにかく有り難く、感謝の気持ちで一杯でした。
本当に、ありがとうございました。

ブログを拝見しておりますと、まや様の文章は、
水面に光が当たってきらきら輝くのや、風で波立つのや、映す色を変えていくのを、
丹念に、丁寧に眺めていらっしゃるようで、だからなのでしょうか、
いつも何か辛抱強いような印象を、私は持っていたんですね。
辛抱強い?と、自分でもよくわからずいましたが、
昨日、直にお話をさせていただいて、それがわかったような気がいたします。
光源を知っている、というような。
そういう強さをお持ちの方でした、まや様は。
光がどこにあるのかを知っている、という強さと、確かなこと、
だからいつでも光を信じることができる、というひたむきさ、
そういうものを私は自分流に翻訳して、辛抱強さとしていたみたいです。
まや様の、輝く!と決めているかのようなエネルギーは、本当に太陽みたいでした。

(中略)

ご鑑定いただいた後、昏倒したように眠ってしまって、
起きたとき、それが半日前のこととは思われないほど、
ずいぶん長い時間が経ったかのようでした。
きっとこれを浄化というのでしょう、でもそれは、
「生まれ変わったよう」な感覚ではないのです。
唐突に舞い降りてきた新規な自分に成った、というのでなくって、
ずいぶん昔からいた自分が、「やっと起きた」感じでした。
古くからいて、馴染みがあって、かつて親しんでいた。
小さい頃、何も意識しなくても自分と世界とに一体感があった、
あの頃の感覚が不意に戻ってきたのです。

(中略)

まや様、この度はご鑑定下さいまして、どうもありがとうございました。
また機会がありましたら、ご鑑定をお願いできればと存じます。
ブログやインターネットの記事も、これからも拝見させていただきますね。
それでは、失礼致します。
益々のご健勝とご多幸をお祈りしております。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
いろんな方から
「まやさんは〜〜な方ですね」とよく感想をいただきます。
例えば・・・・・
温かい人、優しい人、明るい人、強い人、厳しい人、繊細な人
ざっくばらんな人、楽しい人、落ち着いている人などなど・・・・。
その全ての資質を私は持っていると思います。
そして
その方が私の中に見たものは、実はその方の中にもあって
お互いに共鳴しているんだと思っています。

「私はなぜこの仕事をしているのかな?」と
自分でも不思議に思うときがあります。
K様のご感想を読んで「あぁ、そうだった」と思いました。

私、幸せになるって決めたんです。
自分がそう意図したら、
私の人生はその通りになると信じることにしたんです。
そして、私と一緒に
自分で自分を幸せにすると決意をする人を増やして
そういう人たちと気持ちを通い合わせながら
この地上で共に生きていきたいんです。
この仕事はそのきっかけです。

20130507p11.jpg

毎日いろんなことが起こるけれども
それでも今、ここで私が生きているということは
もうそれだけで宇宙から祝福されているし、愛されている
・・・・そう私は思っています。
そして、
さまざまな形で御縁をいただけた方に
「あなたはそれでも祝福されているし、愛されているし、幸せなんですよ」
「幸せになるって心に誓って生きていきましょうよ」とお伝えしたいです。

実際にお会いした方、ブログを読んでいらっしゃる方に
「あなたは愛されているんですよ」とお伝えすることは
毎回、
自分の深いところを開いて気持ちを差し出しているようなもので
愛の告白と同じくらい、いいえ、それ以上の勇気が要ります。
今回、K様のご感想を読んで
私自身、深く勇気づけられた気持ちになりました。
本当に本当にありがとうございました。

これからも
それぞれの場所で、さまざまな事情を抱えながらも
それでも幸せに生きていきましょう。
内なる光を見失わずに。外なる光との共鳴を感じながら。
posted by 加藤まや at 00:26| 日記 | 更新情報をチェックする