2007年01月18日

忘れていたものを思い出す

最近、思ったことをメモします。

070108_hana1

占いは忘れていたことを思い出す作業に似ています。
自分のホロスコープを読み、天体に何かを言い当たられたとき
私の中で広がる感覚は「思い出す」に近いのです。

初めて自分のことを占ったとき
「ああそう言えばそんな感じだった」と何となく感じました。
その後、自分のネイタルチャートを読み続けていくうちに
どんどんそのチャートのイメージに自分が戻っていくような気がしています。
成長するイメージではなくて、取り戻していくような感覚です。

ずっと前に、あるヒーラーから
「人は生まれる前にやることが決まっている。
だけど、そのことはすっかり忘れた状態で生まれてくる」という説を
聞いたことがあります。

決まっていることを、どうしてわざわざ忘れてしまうのか
その理由は、今のところ私には分かりません。
ただ、占いは私が何をするために生まれてきたのかを
「思い出す」のに役立つのかも知れないなと最近考えています。

鑑定では、お客様からいろんなご質問をいただきますが
それらの大半は「私が今、ここで生きている意味は何ですか?」という言葉に
まとめることができます。

いろんなことが重なって、この世に生まれ出てきたのですから
どんな人にも等しく生まれてきた意味があるはずです。
だけど
それは自分の中に既に存在しているのではないかと私は思うのです。

さらに、ここからが肝心なのですが
その人が生まれてきた意味を、どこまで「思い出す」かは
その人自身の手にゆだねられているのではないでしょうか。
自分の生まれてきた意味をどれだけ「思い出す」かは
あなた次第なのでは…というのが、今のところの私の仮説です。

今こうして生まれてきた意味を、例えば運命と言うこともできそうですし
宿命とか魂の意味、人生の目的、資質、才能、適職などなど
いろんなレベルの言葉で表現できる、自分の有り様は
最初からあなたの中に存在するのです。
そして、それをどこまで掘り起こすのかは
あなたの意志にまかされているのではないでしょうか。

「思い出す」ためのツールやヒントは
占いに限らず、いろいろあるでしょう。
もちろん、思い出さないことも選ぶことができると思います。
そう言う意味で、全てがあなた次第なのです。

そんなわけで
必要なときに必要なものを残らず「思い出す」ことができるように
私はなりたいなと思います。
そして
そのための占星術を提供できるように努力したいと思いました。
posted by 加藤まや at 02:04 | TrackBack(0) | 占星術 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック