2006年12月26日

運命が変わる土星占い

まついなつき先生の占星術新刊本「運命が変わる土星占い」が発売されました。
今回、私も執筆協力として
まつい先生監修の元、一部の原稿を書かせていただいています。

運命が変わる土星占い
まつい なつき
祥伝社
売り上げランキング: 22498



この本はだいたい29〜30歳前後で起こる
占星術上の節目サターンリターンをとりあげました。
厄年っぽい扱いをされがちなサターンリターンを
自分を見つめ直すきっかけにすることを提案しています。
ピンチをチャンスにする発想の切り替えを、かなり丁寧に説明しています。
12パターンの大ピンチ&脱出法が書いてあるので
できれば12パターン全部読んで頂けるとうれしいです。

この本は女性向けに書かれた本ですが、女性の29〜30歳前後って
もうどうやってみても若い女の子としてふるまうのは
無理があるよね…と思い知る微妙な年齢だと思います。
そこから70歳頃におばーちゃんと呼ばれるまで
オンナはおばさんという巨大カテゴリーにくくられてしまうわけです。

しかし
自他共に、若くてかわいらしい女性とチヤホヤされなくなり
同時期にサターンリターンで、自分のしょぼいところに直面してこそ
いっぱしのオンナになれるというものです。
オンナの人生、勝負はここからですよ。

女性は「私ってこんなに苦労してきた」「私ってなんてかわいそうなのっ」と
苦労を半分自慢話にすり替えるのが好きな人が多いように思います。
大昔の朝のワイドショーの「女ののど自慢」コーナーみたいな感じ。
確かに人生に波風はつきものですが
それを自慢話のネタにするだけじゃ、もったいないです。

山あり谷ありが人生ならば
「何が来ても何とかなりそうだな」と思うことのできる自分になりましょう。
それは簡単になれるものではないけれど
きっとできると私は信じています。
そのために、占星術を利用して頂きたいなと思っています。

ちなみに、この本は
1回目のサターンリターンがうまく乗りきった場合とそうでない場合に
どんな2回目のサターンリターン(だいたい60歳前後)になりそうかも
少し書いてあります。
もうサターンリターンは過ぎちゃった…と言う人にも
抜かりなく対応しています(笑)

というわけで
年末年始に書店へ立ち寄られたら、ぜひご覧下さい。

posted by 加藤まや at 16:08 | TrackBack(0) | 占星術 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック