2012年06月11日

双子座木星について ちょこっとメモ

昨日更新した「今週の星占い」で書いた
双子座木星について、今、私が考えていることを、少々書き直しました。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
木星が双子座にある時期は、個人の発言力および影響力(扇動力)も増すでしょうし
言動が目につく個人を叩く動きも増すでしょう。
お互いにほめられもするし、お互いに叩き合うこともある、というか。
今までは有名人・目立つ人が叩かれる場合が多かったですけれど
これからは、叩く側と叩かれる側が簡単に入れ替わると思います。
つまり、ごく普通の人であっても
急に注目されたり、アッサリ叩かれる場合もあるでしょう。
それだけソーシャルネットの伝播力が強くなったということでしょうか。
それをチャンスとして活用する人もいるでしょうし
まだ何も発言・表明していない段階なのに、叩かれることを極端に恐れる人もいるでしょう。

いずれにしても、たくさんアウトプットする人が
結果的に、多くのメリット(インプット)を得る傾向はますます顕著になると思います。
今は、個人の発言力(扇動力)が増大していることに(自他共に)慣れていない人が多いけれど
そういう状況にみんなが慣れて、それが前提になってしまえば
どこかで誰かに多少叩かれたとしてもそれは平気になるのかもなぁ。
個人の発言力・伝播力・影響力が増すこと、それ自体は良いことなのですから。
ただ、そこには発言者・発信者としての責任が必ず伴うだけで。
今のところは、
「叩かれる」ことは既に織り込み済み(発言者としての責任を引き受けた)人が
有名人になったり、評価されたり、発言力が増したりする傾向もあるのかも。

その一方、無意味な「叩き合い」は各自でスルーしていって
質の良いコミュニケーション・質の良い情報が得られる相手・場・機会に
つながるシステムへのニーズが高まるかも。
これからは、質の良い「出会える」システム、ビジネスが求められるかも。
・・・・そんなことを考えたりしています。
posted by 加藤まや at 15:07| 占星術 | 更新情報をチェックする