2012年05月18日

鳴子温泉郷 自炊宿で湯治の旅 その6

5/3〜6に鳴子温泉郷へ行ってきました。
何回かに分けて旅行記をアップしています。

【鳴子温泉郷 自炊宿で湯治の旅 シリーズ記事一覧】

2012/05/24 鳴子温泉郷 自炊宿で湯治の旅 その8
http://maya555.seesaa.net/article/271290065.html
2012/05/24 鳴子温泉郷 自炊宿で湯治の旅 その7
http://maya555.seesaa.net/article/271265286.html
2012/05/18 鳴子温泉郷 自炊宿で湯治の旅 その6
http://maya555.seesaa.net/article/270515614.html
2012/05/15 鳴子温泉郷 自炊宿で湯治の旅 その5
http://maya555.seesaa.net/article/270132615.html
2012/05/11 鳴子温泉郷 自炊宿で湯治の旅 その4
http://maya555.seesaa.net/article/269554832.html
2012/05/11 鳴子温泉郷 自炊宿で湯治の旅 その3
http://maya555.seesaa.net/article/269546027.html
2012/05/10 鳴子温泉郷 自炊宿で湯治の旅 その2
http://maya555.seesaa.net/article/269369689.html
2012/05/10 鳴子温泉郷 自炊宿で湯治の旅 その1
http://maya555.seesaa.net/article/269310259.html

旅行の日程は以下の通りです。

5/3 仙台→鳴子温泉→そば処小花→元湯自炊まるみや旅館
  →あ・ら・伊達な道の駅→まるみや旅館泊
5/4 温泉神社→滝の湯→たかはし亭→国民宿舎ホテルたきしま
  →まるみや旅館泊
5/5 東鳴子温泉神社→潟沼→川渡温泉共同浴場→むすびや
  →日本こけし館→柿澤こけし店→鳴子峡→しんとろの湯
  →氏家鯉店→まるみや旅館泊
5/6 藤島旅館→温泉石神社→山田商店→岩出山城址
  →ひとつぶ堂→旧有備館→帰宅

Googleの地図はこちらです。
12/5/3〜5/6 鳴子温泉自炊宿で湯治旅
http://maps.google.co.jp/maps/ms?msid=217215743851233172628.0004be098a1ff85530c5b&msa=0
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
午後は、日本こけし館へ行ってみました。
鳴子こけしは首を回すと音が鳴るのが特徴。
胴体の花模様が華やか。
素朴というよりは、美人さんこけしだなぁと思います。

日本こけし館では
こけし工人の実演製作コーナーがあって
実際にこけしを作るところを見学できました。
「へーあんな風に頭を胴体にはめ込むのね」と見ていて飽きなかったです。
職人技ってすごいなぁ。すごいお仕事だなぁといつも思います。
その他、高松宮殿下のこけしコレクションも見応えがありました。
どれも名品。素敵でした。

せっかく鳴子に来たし、自分のこけしが欲しいなぁ。
私、前日の晩にこけしについて少し調べてまして
「柿澤さん」が製作したこけしが欲しいなと思ってました。
お顔が可愛いんです。
ここならあるかと思ったのですが・・・・、全部売り切れでした。

「もしかしたら人気の工人さんなのかもしれない・・・・」
「じゃあ、柿澤さんの工房に行ってみよう」と、
思い切って行ってみることにしました。

工房内の店舗をちらりとのぞきこんでみると、誰もいません。
「ごめんくださーい」と声を掛けてもだれもいない。
お留守みたいだけど、ドアは開いてる。

こけしを拝見しながら、
しばらく待っていると奥さんが戻ってこられました。
「突然お邪魔してすみません。
あの、こけしを拝見してもよろしいですか?」
奥さんは「どうぞどうぞ」とニコニコしながら、
お茶とお茶請けまで用意して下さいました。
こごみのおひたしと黒砂糖。おいしかったです。

途中から
ご主人の柿澤是隆さんにもお話を伺うことができました。
実際に製作した方から直接お話を聞けて、とても楽しかったです。

20120503naruko69.JPG
こちらが、私が選んだこけしです。

20120503naruko72.JPG
大きいこけしが柿澤是隆さん製作のもの。
気品がある美人さん。
どこかを見つめているような、何も見ていないような。

20120503naruko75.JPG
小さいこけしたちは
息子さんの柿澤是伸さん製作。
この形のこけしは「ねまりこ」というそうです。

愛らしい童子。姉妹なのかしら。
一つだけ買うのはかわいそうなので、二つとも買いました。
柿澤是伸さんのねまりこ、乙女系雑貨好きな人はきっと気に入ると思います。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
さて、まだまだ湯巡りしますよー。

20120503naruko77.JPG
中山平温泉へ向かう途中、鳴子峡へ寄り道しました。
美しい新緑。キレイな空気。

20120503naruko76.JPG
しんとろの湯へ行きました。

泉質は含硫黄−ナトリウム−炭酸水素塩・塩化物泉。
pHは9.4!相当高いアルカリ温泉です。
「トゥルン」「トゥルルン」な湯ざわりが独特。
薄いにごりがある不透明なお湯。
色といい、湯ざわりといい
ヒアルロン酸入りの美容液をそのまま温めたようなお湯でした。
さすが美人の湯として名高いだけはあります!

もっとビックリしたことがあります。
ここ3日間、一日何度も温泉に入っていたせいで
両手の指先の油分が失われてしまい、軽く粉を吹いたように乾燥してました。
クレンジング作用がある重曹泉に何度も入っていたからだと思います。
しんとろの湯に1回入ったら、それだけで指先がしっとり。
粉を吹いたような乾燥は一発で直りました。

しんとろの湯に1回入っただけで、指先の乾燥が無くなった理由は
その前に、重曹泉で角質や汚れをよーく落としていたから
しんとろの湯の成分を、それだけよーく吸収できたんだと思います。
温泉の力ってすごいんだなぁと思いました。

そんな感じで3日目もだいたい終了。

20120503naruko78.JPG
この日の晩ご飯はこんな感じ。
手前のお皿は
宿の近くの氏家鯉店で買った鯉のあらいです。鯉は久しぶりに食べました。
全然泥臭くなく、さっぱりとしたうまみがあっておいしかったです。

胡麻和えの野菜は「いわだら」という山菜だそうです。
ほろ苦い。せりに似た香りもありました。春らしい味。
炒め物にしてもおいしそうだなぁと思いました。
posted by 加藤まや at 12:37| 旅行 | 更新情報をチェックする