2012年05月15日

鳴子温泉郷 自炊宿で湯治の旅 その5

5/3〜6に鳴子温泉郷へ行ってきました。
何回かに分けて旅行記をアップしています。

【鳴子温泉郷 自炊宿で湯治の旅 シリーズ記事一覧】

2012/05/24 鳴子温泉郷 自炊宿で湯治の旅 その8
http://maya555.seesaa.net/article/271290065.html
2012/05/24 鳴子温泉郷 自炊宿で湯治の旅 その7
http://maya555.seesaa.net/article/271265286.html
2012/05/18 鳴子温泉郷 自炊宿で湯治の旅 その6
http://maya555.seesaa.net/article/270515614.html
2012/05/15 鳴子温泉郷 自炊宿で湯治の旅 その5
http://maya555.seesaa.net/article/270132615.html
2012/05/11 鳴子温泉郷 自炊宿で湯治の旅 その4
http://maya555.seesaa.net/article/269554832.html
2012/05/11 鳴子温泉郷 自炊宿で湯治の旅 その3
http://maya555.seesaa.net/article/269546027.html
2012/05/10 鳴子温泉郷 自炊宿で湯治の旅 その2
http://maya555.seesaa.net/article/269369689.html
2012/05/10 鳴子温泉郷 自炊宿で湯治の旅 その1
http://maya555.seesaa.net/article/269310259.html

旅行の日程は以下の通りです。

5/3 仙台→鳴子温泉→そば処小花→元湯自炊まるみや旅館
  →あ・ら・伊達な道の駅→まるみや旅館泊
5/4 温泉神社→滝の湯→たかはし亭→国民宿舎ホテルたきしま
  →まるみや旅館泊
5/5 東鳴子温泉神社→潟沼→川渡温泉共同浴場→むすびや
  →日本こけし館→柿澤こけし店→鳴子峡→しんとろの湯
  →氏家鯉店→まるみや旅館泊
5/6 藤島旅館→温泉石神社→山田商店→岩出山城址
  →ひとつぶ堂→旧有備館→帰宅

Googleの地図はこちらです。
12/5/3〜5/6 鳴子温泉自炊宿で湯治旅
http://maps.google.co.jp/maps/ms?msid=217215743851233172628.0004be098a1ff85530c5b&msa=0
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
三日目です。

20120503naruko41.JPG
朝食は前日の残りとラジウム卵など。

三日目は東鳴子温泉神社参拝からスタートです。

20120503naruko62.JPG
東鳴子温泉観光協会のHPによると
東鳴子温泉には伊達藩の御殿湯が置かれていたそうです。
東鳴子温泉神社近辺にその御殿湯があったとか。

20120503naruko57.JPG

20120503naruko58.JPG
小さな祠がいくつかありました。

20120503naruko61.JPG
階段を上がって・・・・

20120503naruko60.JPG
あたり一帯を見渡せる場所にある静かな神社です。
お殿様のお湯は、やはり小高い場所に置かれたのだなぁと感じました。

20120503naruko59.JPG
先の震災で倒れてしまったのかしら。

20120503naruko42.JPG
桜が咲いていました。

次は潟沼へ向かいました。
潟沼は鳴子火山の火口湖と考えられています。
鳴子火山の活動の結果、潟沼や温泉が生まれたのですね。

20120503naruko63.JPG
当日は小雨まじりの曇天。
天気はいまいちでしたが澄んだ青が美しかったです。
こちらの潟沼は世界有数の酸性湖なのだそう。
湖底から絶えずガスや水蒸気が湧出しているので
お魚は生息していないそうです。

また、潟沼の案内板によると
潟沼の主は龍の女神だそうです。
そういえば

20120503naruko100.JPG
前日参拝した温泉神社の境内に龍神の碑がありました。

20120503naruko64.JPG
龍の女神様がいらっしゃる湖。
そんな感じもする、神秘的な眺めです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
今日も湯巡りに行きますよ♪

20120503naruko65.JPG
川渡温泉の共同浴場へ行ってみました。
地域の方の共同浴場なので
連休中だというのにひっそりとしています。
外部者は200円払ってお湯につからせていただきます。

ここのお湯、ものすごく気に入りました。
今回の湯巡りで、一番好きだったかも知れません。
薄いにごりがある鶯色のお湯。
泉質は含硫黄・ナトリウム-炭酸水素塩泉。
ほのかな硫黄の香りが、いかにも温泉らしいお湯です。
重曹泉なので、肌触りは柔らか。
湯の花が黒かったので鉄分も含まれているのかな。
湯温は熱め。長くは入ってられない感じです。
お湯に入ったり、浴槽に腰掛けたりを何度も繰り返しました。
とにかく気持ち良いお湯でした。

お昼は
ゆきむすびが味わえる、おむすびのお店「むすびや」へ行きました。

20120503naruko68.JPG
毎週土日の昼間のみオープンしているお店です。

20120503naruko66.JPG
小昼らんち(こびるらんち)これで600円です!
具だくさんの味噌汁と煮物、漬物、好きなおむすび2つのセットです。
おむすびは
菜っ葉の漬け物、お味噌の焼きおにぎりを選びました。

20120503naruko67.JPG
しみじみとした幸せを感じる、おいしいお料理でした。
こちらのお店は
この地域で生産された食材を使用(生産者の名前を明記)していて
お料理を作っている方、スタッフの方も地元のご婦人なのだと思います。
週末昼間(午前11時30分〜午後2時30分)のみオープンのお店だけど
地元では相当人気のようです。
オーダーストップ間際までおにぎりを買い求める人が並んでました。

これだけ美味しくて
手軽なお値段のおにぎりを提供するお店が成り立っている理由は
自分たちができる範囲、目が行き届く範囲内で
自分たちも買って食べたいと思えるおにぎりを販売する・・・・などと
お店のコンセプトがはっきりしているからなのだろうと感じました。
多くを望まず、地に足が着いた、等身大の商売。
自分が楽しく暮らしていけるぐらいの商売。
人里離れた場所にひっそりあるのに
全国各地からお客さんが買いにやって来るパン屋さんがそんな感じですよね。

「私の商売は、自分が楽しく暮らせるぐらいでいい」
とすんなり思えるためには、
私生活や本人自身がいろんな意味で充実していないと、案外難しいだろうなぁ。
自分の人生において「私の商売」以外の部分がある意味スカスカだと
その分、社会的なステイタスや年収、他者の評価などに
自己評価、自分の人生の結果を求める方向へと流れやすくなるだろうなぁ。
・・・・そんなことをいろいろ考えたりしました。
posted by 加藤まや at 21:51| 旅行 | 更新情報をチェックする