2012年05月11日

鳴子温泉郷 自炊宿で湯治の旅 その4

5/3〜6に鳴子温泉郷へ行ってきました。
何回かに分けて旅行記をアップしています。

【鳴子温泉郷 自炊宿で湯治の旅 シリーズ記事一覧】

2012/05/24 鳴子温泉郷 自炊宿で湯治の旅 その8
http://maya555.seesaa.net/article/271290065.html
2012/05/24 鳴子温泉郷 自炊宿で湯治の旅 その7
http://maya555.seesaa.net/article/271265286.html
2012/05/18 鳴子温泉郷 自炊宿で湯治の旅 その6
http://maya555.seesaa.net/article/270515614.html
2012/05/15 鳴子温泉郷 自炊宿で湯治の旅 その5
http://maya555.seesaa.net/article/270132615.html
2012/05/11 鳴子温泉郷 自炊宿で湯治の旅 その4
http://maya555.seesaa.net/article/269554832.html
2012/05/11 鳴子温泉郷 自炊宿で湯治の旅 その3
http://maya555.seesaa.net/article/269546027.html
2012/05/10 鳴子温泉郷 自炊宿で湯治の旅 その2
http://maya555.seesaa.net/article/269369689.html
2012/05/10 鳴子温泉郷 自炊宿で湯治の旅 その1
http://maya555.seesaa.net/article/269310259.html

旅行の日程は以下の通りです。

5/3 仙台→鳴子温泉→そば処小花→元湯自炊まるみや旅館
  →あ・ら・伊達な道の駅→まるみや旅館泊
5/4 温泉神社→滝の湯→たかはし亭→国民宿舎ホテルたきしま
  →まるみや旅館泊
5/5 東鳴子温泉神社→潟沼→川渡温泉共同浴場→むすびや
  →日本こけし館→柿澤こけし店→鳴子峡→しんとろの湯
  →氏家鯉店→まるみや旅館泊
5/6 藤島旅館→温泉石神社→山田商店→岩出山城址
  →ひとつぶ堂→旧有備館→帰宅

Googleの地図はこちらです。
12/5/3〜5/6 鳴子温泉自炊宿で湯治旅
http://maps.google.co.jp/maps/ms?msid=217215743851233172628.0004be098a1ff85530c5b&msa=0
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
そろそろお昼です。

20120503naruko32.JPG
「たかはし亭」でラジウム卵カレーを食べました。
トマトなど野菜の甘味が優しいカレーだなぁと思ったら
スパイシーな辛みが後からやって来ました。おいしいです。

こちらのお店、元はお医者さんのお屋敷だったそうです。
なるほど。道理で立派なお宅だと思いました。

20120503naruko46.JPG
欄間

20120503naruko33.JPG
立派な鎧甲が飾ってありました。

20120503naruko34.JPG
こういう障子、何というのでしょうか?
すごく繊細な細工ですよね。

20120503naruko30.JPG
ゆきむすびの稲穂も飾ってありました。

お店のおばさまが
「このお屋敷を取り壊す話が出て
それはいけないとお店を始めたんです」
「私は年金生活ですけれど、おばさん10人で始めました」と
ニコニコしながら説明してくれました。おそらく70代のおばさまだと思います。

すごいなぁと思いました。
こういう貴重な建物を取り壊す段になって
「もったいないわねぇ」「残したらいいのに」
「誰か(行政)が受け継いでくれたらいいのにねぇ」とは
誰でもいくらでも言えると思います。

だけど、こちらのおばさま方は
「それじゃあ、誰それさんとお店やろう!」と思って
本当にお店を始めたわけです。観光客向けのレストランを。
その前向きな行動力がすごいなぁと思いました。
自分が年金生活者になったとき、果たしてそんな風に行動できるだろうか。

このお店、主に昼間のみの営業のようです。
とはいえ、仕込みや片付けなどを考えると一日仕事だろうなぁ。
温泉のおばちゃんは、みんな元気だなぁ。
どなたも明るくて働き者。励まされます。

20120503naruko31.JPG
帯地で作ったメニュー。
こちらはお料理上手なおばさまだけでなく、
縫い物がお得意なおばさまもいらっしゃるんでしょうね。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
午後、もう一軒湯巡りしてみました。

20120503naruko35.JPG
「国民宿舎ホテルたきしま」です。

最初、ここのご主人が
「ウチの湯はすごく温まるから
(後で湯あたりしないためにも)湯巡りの最後に入った方がいいよ」
と言ってました。
「そこまで断言するとは、すごい自信だなぁ・・・・」と内心思いました。
実際、すごかったです!ここの薬湯!

お湯はぼぼ無色透明。温度も適温。
見た目、手触り共にこれといった特徴はないように感じます。最初は。
ところが・・・・
お湯につかっていると、頭頂部の毛穴がわーっと開いてくるのが分かります。
すごいパワフルな温まり方。毛穴が開いて汗がどんどん出てくる感じです。
インパクトの強い、ガツンとボディに効くお湯でした。

そういうわけで
たきしまのご主人のアドバイス通り、今日の湯巡りは終わり。
鳴子温泉のお店で
晩ご飯のおかずを調達して宿に帰りました。

20120503naruko47.JPG
この日の晩ご飯。

20120503naruko37.JPG
久郷本店で買ったブリの味噌漬け。
おばちゃんが店先でお魚焼いてました。

20120503naruko38.JPG
これはおばちゃんのおすすめ。
目抜(とおばちゃんは言ってた。金目鯛や赤魚に似たお魚)の粕漬け

20120503naruko40.JPG
おばちゃんお手製、ひじき煮。できたて。
おばちゃんのおかず、どれも抜群に美味しかったです。

20120503naruko39.JPG
鬼首屋で買ったこごみでおひたしを作りました。
自炊宿に泊まっていると言ったら、調理の仕方を親切に教えてくれました。
採ったばかりの新鮮な山草。とてもおいしかったです。
posted by 加藤まや at 17:50| 旅行 | 更新情報をチェックする