2012年05月11日

鳴子温泉郷 自炊宿で湯治の旅 その3

5/3〜6に鳴子温泉郷へ行ってきました。
何回かに分けて旅行記をアップしています。

【鳴子温泉郷 自炊宿で湯治の旅 シリーズ記事一覧】

2012/05/24 鳴子温泉郷 自炊宿で湯治の旅 その8
http://maya555.seesaa.net/article/271290065.html
2012/05/24 鳴子温泉郷 自炊宿で湯治の旅 その7
http://maya555.seesaa.net/article/271265286.html
2012/05/18 鳴子温泉郷 自炊宿で湯治の旅 その6
http://maya555.seesaa.net/article/270515614.html
2012/05/15 鳴子温泉郷 自炊宿で湯治の旅 その5
http://maya555.seesaa.net/article/270132615.html
2012/05/11 鳴子温泉郷 自炊宿で湯治の旅 その4
http://maya555.seesaa.net/article/269554832.html
2012/05/11 鳴子温泉郷 自炊宿で湯治の旅 その3
http://maya555.seesaa.net/article/269546027.html
2012/05/10 鳴子温泉郷 自炊宿で湯治の旅 その2
http://maya555.seesaa.net/article/269369689.html
2012/05/10 鳴子温泉郷 自炊宿で湯治の旅 その1
http://maya555.seesaa.net/article/269310259.html

旅行の日程は以下の通りです。

5/3 仙台→鳴子温泉→そば処小花→元湯自炊まるみや旅館
  →あ・ら・伊達な道の駅→まるみや旅館泊
5/4 温泉神社→滝の湯→たかはし亭→国民宿舎ホテルたきしま
  →まるみや旅館泊
5/5 東鳴子温泉神社→潟沼→川渡温泉共同浴場→むすびや
  →日本こけし館→柿澤こけし店→鳴子峡→しんとろの湯
  →氏家鯉店→まるみや旅館泊
5/6 藤島旅館→温泉石神社→山田商店→岩出山城址
  →ひとつぶ堂→旧有備館→帰宅

Googleの地図はこちらです。
12/5/3〜5/6 鳴子温泉自炊宿で湯治旅
http://maps.google.co.jp/maps/ms?msid=217215743851233172628.0004be098a1ff85530c5b&msa=0
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
鳴子温泉郷の湯めぐり、まず最初は神社参拝です。

20120503naruko43.JPG

20120503naruko25.JPG
鳥居をくぐると

20120503naruko23.JPG

20120503naruko24.JPG
桜の花びらで散りばめられた石段を登ります。

20120503naruko26.JPG
当日は曇りでしたが、桜吹雪がとてもキレイでした。
タイミングがなかなか合わない〜。写真で撮るのは難しいです。

20120503naruko21.JPG
温泉神社です。温泉神社は延喜式内社。
10世紀初頭には、朝廷から官社として認められ延喜式神名帳に記載された神社です。
ご祭神は、大己貴命と少彦名命。

いただいたパンフレットによると
承和4年(837年)、境内南側の森が突然鳴動を始め
数日地鳴りが続いた後、爆発。
熱湯が河となって流れ、新しい沼(潟沼)が生まれました。
火山の爆発を恐れた人々により
神の怒りを鎮めるためにこの神社がつくられました。

このような縁起を知るたびに
自然の力はそもそも畏れ多いものであり
温泉はありがたく使わせていただいているものなのだなぁと感じます。

20120503naruko47.JPG
本殿が意外と立派な建物だなぁと思いました。

この温泉神社の御神湯が

20120503naruko27.JPG
こちらの共同浴場・滝の湯です。

20120503naruko28.JPG
さすが御神湯だなぁと素直に感じるお湯です。
ほんのりとろみを感じる透明色のお湯。熱め。湯ノ花は白いです。
たくさんの人がひっきりなしに利用しているのに
お湯がへたっておらず、ピチピチ新鮮だったのが大変印象的でした。
源泉がザハザハ注がれているからかなぁ。フレッシュでパワフルなお湯でした。

その後は温泉街をぶらぶら歩きながら
ちょっとお買い物したり、寄り道したり。

20120503naruko51.JPG
こけし手ぬぐいとタオルを買ったり・・・・

20120503naruko44.JPG
鳴子漆器のお椀とこけしの印鑑立ても買いました。

お土産屋さん「好日館」で
大正・昭和初期の古い絵はがきを復刻したハガキを見つけました。
鳴子は河がよく氾濫する土地なので、古い写真はあまり残っていないそうです。
この絵はがきは東京の好事家が所有していたものを複製したそうです。

20120503naruko50.JPG
デジカメで接写してみました。
「鳴子停車場 (鳴子ホテルヘ一丁)」

20120503naruko48.JPG
「鳴子名所 赤湯の湯街」
現在の東鳴子温泉です。
「御殿湯食堂大正館」とある看板が見えます。
今、大正館は鳴子温泉へ移転しているそうです。

20120503naruko54.JPG
同じ場所ではないと思いますが
今の様子はこんな感じ。

20120503naruko49.JPG
「鳴子温泉ノ一部」
「ゆさや」の看板が見えます。

20120503naruko53.JPG
同じ場所ではありませんが、今の鳴子温泉はこんな感じです。
posted by 加藤まや at 16:50| 旅行 | 更新情報をチェックする