2012年04月21日

熱海のんびり湯治旅 その8

4/10〜12に熱海へ行ってきました。のんびり一人旅。
何回かに分けて旅行記をアップしています。

【熱海のんびり湯治旅 シリーズ記事一覧】

2012/04/21 熱海のんびり湯治旅 その9
2012/04/21 熱海のんびり湯治旅 その8
2012/04/21 熱海のんびり湯治旅 その7
2012/04/20 熱海のんびり湯治旅 その6
2012/04/20 熱海のんびり湯治旅 その5
2012/04/17 熱海のんびり湯治旅 その4
2012/04/15 熱海のんびり湯治旅 その3
2012/04/14 熱海のんびり湯治旅 その2
2012/04/14 熱海のんびり湯治旅 その1

旅行の日程は以下の通りです。

4/10 熱海駅前→起雲閣→CAFE KICHI→連月荘→来宮神社→連月荘泊
4/11 来宮神社→伊豆山神社→走り湯→喫茶月ヶ瀬→大湯間歇泉→湯前神社
   →連月荘泊
4/12 来宮神社→来宮駅→Johannes Heart→帰宅
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
喫茶月ヶ瀬を出た後、大湯間歇泉へ向かいました。
ここは古来からの間歇泉だったそうですが
明治中頃から噴出が次第に減少、現在は噴出が止まってしまいました。
今は人工的に噴出するように整備されているそうです。
・・・・と説明板には書いてあったんです。
「まだかな〜」と待っていたんだけど、いくら待っても全然噴出しない。
雨が本降りになってきそうだったんで、待ちきれずに撮影しちゃいました。

20120410atami139.JPG

噴出してないと、やっぱり何とも微妙な写真です。

20120410atami140.JPG

大湯間歇泉の近くの湯前神社です。

20120410atami141.JPG

「パリー風呂つるや」ですってよ!
どんなお風呂だったのかなー。ロココ調とか?

20120410atami143.JPG

拝殿です。御祭神は少彦名神。
温泉は地球から賜った霊泉。
源泉の近くには、たいてい神社がありますね。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
熱海散策はこれでおしまい。
宿に帰宅した後は
夕食の時間までお風呂に入ったり、昼寝したり。

あっという間に夕食の時間です。

20120410atami162.JPG

わーい。今日はステーキだー。
かつおのお刺身は今年初めて食べました。初鰹、美味しかったです。
左上の焼き魚はブリの塩麹焼き。女将さん自家製の塩麹です。
甘みとうまみがある塩気。塩麹おいしいな。
お昼はトーストとコーヒーだけだったのに
ほんとお腹いっぱいになりました。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
いよいよ最終日。今日は朝から快晴です。
今日も朝風呂に入って、生きてて良かった♪気分を味わいました。

20120410atami152.JPG

朝ご飯食べますよ。
手前の焼き魚はアジのみりん干しです。
アジのみりん干しって生まれて初めて食べました。
おいしい!これ好きです。

20120410atami153.JPG

宿の庭で咲いていたクリスマスローズです。
3日間、御世話になりました。
「湯治に来た」と言うと、
さりげなく私の体調を心配してくれた親切な女将さんでした。
「あたくし、こういうこと(手芸)が好きなの」「よろしかったらお使いになって」と
お手製のティッシュケースをくれました。

20120410atami59.JPG

ありがとうございました。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
宿をチェックアウト後は「Johannes Heart」で
エサレンボディワークとクラニオセイクラルを受けて帰りました。
そのときのお話はこちらです。

2012年04月13日
エサレンボディワークとクラニオセイクラルも受けてきました
http://maya555.seesaa.net/article/264287473.html

その後、何か大きな気づきがあったぁぁ!変容したぁぁ!ってことはなく
いつもの毎日がいつも通りに過ぎています。
表見的にはそうだけれど、私の中のどこかは変わったと思います。
より自然体で、自らを開いて楽しく生きていけるようになったと思います。
やりたいことにますますフォーカスできるようになったと思います。
ただ、
今までもいろんなことはやってきたし、今も自分でいろんなことはしているので
このときの経験だけでそうなったとは言えないと思います。
いずれにしても、このときの経験は私にとって大変印象深くて楽しかったです。

それと今回の旅は
熱海のあっつーい温泉がやはり相当効いたと思います。
あくまで個人的な感覚ですけれど
浄化作用・デトックス作用・活性化作用ありだと思います。

熱海には共同浴場が何カ所かあります。実はあるんですよ。
(これがダメだとは、一概に言えませんが)
宿泊施設のお風呂は、消毒や循環濾過している場合もあるけれど
共同浴場は源泉掛け流しの場合が多いと思います。より濃い温泉かも。
共同浴場は、主に地域の方のための施設である場合もありますので
各施設で立ち寄り湯可能かどうか聞いてみて下さい。

次の記事で
今回の湯治旅で買ってきたお土産などをご報告します。
posted by 加藤まや at 21:20| 旅行 | 更新情報をチェックする