2012年04月14日

熱海のんびり湯治旅 その2

4/10〜12に熱海へ行ってきました。のんびり一人旅。
何回かに分けて旅行記をアップしています。

【熱海のんびり湯治旅 シリーズ記事一覧】

2012/04/21 熱海のんびり湯治旅 その9
2012/04/21 熱海のんびり湯治旅 その8
2012/04/21 熱海のんびり湯治旅 その7
2012/04/20 熱海のんびり湯治旅 その6
2012/04/20 熱海のんびり湯治旅 その5
2012/04/17 熱海のんびり湯治旅 その4
2012/04/15 熱海のんびり湯治旅 その3
2012/04/14 熱海のんびり湯治旅 その2
2012/04/14 熱海のんびり湯治旅 その1

旅行の日程は以下の通りです。

4/10 熱海駅前→起雲閣→CAFE KICHI→連月荘→来宮神社→連月荘泊
4/11 来宮神社→伊豆山神社→走り湯→喫茶月ヶ瀬→大湯間歇泉→湯前神社
   →連月荘泊
4/12 来宮神社→来宮駅→Johannes Heart→帰宅
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
「麒麟」の間がある建物の隣には
内田邸を譲り受けた根津嘉一郎が建てた洋館があります。
昭和7年に建てられました。
根津嘉一郎は東武鉄道グループの礎を築いた人物で
起雲閣をほぼ現在の姿に整備しました。

20120410atami21.JPG

「玉姫」の間です。絢爛豪華。

20120410atami28.JPG

何となく箱根の富士屋ホテルに似ているなぁと思いました。

20120410atami27.JPG

床はなんと寄せ木細工です。

20120410atami15.JPG

「玉姫」の間と地続きのサンルーム。
うっとりするぐらいステキ。

20120410atami42.JPG

20120410atami16.JPG

20120410atami19.JPG

こんなお部屋で日光浴できると夢心地でしょうね。

20120410atami20.JPG

これは欄間になるのかしら?
この玉虫色に光る灰色の部分は南洋の貝だそうです。

20120410atami38.JPG

「王渓」の間です。
西洋と東洋のいろんな様式・装飾を取り混ぜています。
独特の雰囲気のお部屋です。当時はさぞかし斬新だったでしょうね。
ちなみに
この部屋の柱は全部ノミで仕上げてあります。

20120410atami22.JPG

窓枠などに横線が入っていますよね。あれは全部手彫り仕上げのノミの跡です。

20120410atami25.JPG

左の丸太は床柱代わりに設置したもののようです。
「王渓」の間は、一応床の間なのです。

20120410atami32.JPG

「金剛」の間です。
「金剛」の間がある洋館は昭和4年に建てられました。

20120410atami40.JPG

暖炉の両脇にあった戸棚の扉。これ、もしかして玉を使った細工??

20120410atami39.JPG

隣の部屋も凝っています。床のタイルがすごい。

20120410atami33.JPG

ローマ風風呂です。
すごーい。テルマエ・ロマエの世界だわ。こんなお風呂に入りたい・・・・。
昨年、湯治旅行に行った角間温泉の越後屋のお風呂もこんな感じでした。

2011年10月12日 長野・角間温泉ひとり湯治旅 その3
http://maya555.seesaa.net/article/229984909.html

その他、見どころはもっとあるんです。
建物好き、職人仕事好き、庭園好き、写真好きの方はぜひお勧めします。

最後に喫茶室やすらぎでお茶をいただきました。
この日はたまたま熱海市の市制記念日でそうで、
喫茶室のメニューが100円割引となりました♪

20120410atami35.JPG

抹茶と和菓子のセット。
今月の和菓子は「こがねもち」です。
起雲閣が旅館だった時代に「お口」として出されていたそうです。

20120410atami34.JPG

喫茶室の窓から眺めた庭園です。
こういう旅館に泊まりたいなー。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
起雲閣見学後、チェックインまで時間があったので
駅前のCAFE KICHIで休憩しました。

20120410atami41.JPG

路地を入ったところにある古い家を改装したカフェです。

20120410atami36.JPG

シフォンケーキとアイスコーヒー。
シフォンケーキは粉の香ばしい風味がして美味しかったです。
熱海にはめずらしい、今どきのおしゃれカフェでした。

さて次は宿に行きますよ。
posted by 加藤まや at 22:10| 旅行 | 更新情報をチェックする