2006年10月18日

まついさんちの子どもめし

まついなつきさんの新刊本「まついさんちの子どもめし」
を買って読みました。



いやぁ、おもしろかった!
男の子3人に毎日食べさせるのって、まさに戦場の補給部隊ですな。
ほんまに。

-------------------
愛する子どもにおいしいものをたーんと食べさせたいという愛情

それと同時に、栄養たっぷりの献立で子どもを育てる母親としての自分を
確認したいという微妙なシタゴコロ

あぁ、それなのに、せっかく作ったおかずは子どもにウケなくて
勝手気ままに食べる子どもの様子を見て、ちょいと疲弊していく感じ

とはいうものの、今日の晩めしは待ったなしでやってくる!
締切もその他の用事も山盛りあるのに!どうする?!

とりあえず、あと10分で今晩の夕食をやっつけなくては…と
毎日無限ループで繰り返される真剣勝負
(以下、一番上の行に戻る)
-------------------

…まぁ、そんな感じのことが書いてあります。

私は、占いの仕事の関係でまついさんに大変お世話になっており
時々ランチなどをご一緒させていただくこともあるのですが
とにかく、まついさんは食べるのが早いです。
私も女性の中では食べるのが早いほうですが、その私がおくれます。

お家では、いつもあわただしくご飯食べていらっしゃるんだろうなー
男の子3人じゃ、毎日部活の合宿みたいだろうなー
ものすごく楽しそうだけど、いや、毎日だと疲れるな…
と、思っていました。

しかし、これほどとは…!
この戦場から退却せずに踏みとどまり
時には白旗をあげるときもあるけど、がんばり続けるまついさんはエライっ

私は、ここ2カ月は完全に投げ出していました。
まともにご飯作ったのは、ここんとこ週に1〜2回。
これから帰宅すると連絡をよこす家族に、
すぐ食べられるものを買ってきてもらい、乗り切るごまかしてました。
あとは、外食、ホカ弁、勝手に各自食べる…を繰り返してました。

今日も「お米が切れているし、明日から2日くらいご飯作らないから
残り物材料だけでできる、すいとん鍋にしてしまえ」と思っていたのですが
まついさんの本を読んで、励まされました。
というか、ちゃんとご飯作ろうと思いました。
自分でまともに作ったものを食べると、気持ちがしゃんとするしね。

というわけで
今日はお米買って、まじめにご飯作ります。

ちなみに
私、料理は作ります。上手かどうかは分かりませんが、一通りはできます。
お正月はおせちを作って、重箱に詰めます。お菓子も作ります。
私は普通の人よりは、食べるのも料理も好きだと思います。
まついさんも、絶対にお料理上手だと思います。食べたことないけど。

それでも
毎日自分と誰かのために、めしを作り続けるのって、ほんまにタイヘン。
愛情と責任感だけでは、どうにも乗り切れないときもあったりして。

そんな時に、「よし今晩もがんばるかーおっしゃーっ」と
自らを奮い立たせるカンフル剤に、この本はなってくれそうです。

あとは
まついさんちのごはんの様子がちょっぴり分かって楽しかったです。
私は、牛乳あずきかんを作りたいなと思いました。
(レシピは載っていないです。でもそれで十分だと思います)

ちなみに
我が家の常備品は何かと考えたのですが…
塩昆布(関西のお店のものに限る)とちりめんじゃこです

塩昆布は、そのままご飯にふりかけてもナイスだし
キュウリやキャベツと一緒にもみもみすると
即席浅漬けができあがります。

特におすすめは、塩昆布入りポテトサラダです。
ジャガイモのふかしたのと、ゆで卵のみじん切り、キュウリ塩もみを
マヨネーズ、塩昆布で味付けします。塩こしょうは気持ち程度。
和風っぽいポテサラで、美味です。みなさんもぜひお試し下さい。
posted by 加藤まや at 01:52 | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック