2011年10月15日

長野・角間温泉ひとり湯治旅 その6

11/10/05〜/07に長野・角間温泉へ行ってきました。
何回かに分けて旅行記をアップします。

【長野・角間温泉ひとり湯治旅 シリーズ記事一覧】

2011/10/15 長野・角間温泉ひとり湯治旅 その7
2011/10/15 長野・角間温泉ひとり湯治旅 その6
2011/10/13 長野・角間温泉ひとり湯治旅 その5
2011/10/13 長野・角間温泉ひとり湯治旅 その4
2011/10/12 長野・角間温泉ひとり湯治旅 その3
2011/10/12 長野・角間温泉ひとり湯治旅 その2
2011/10/11 長野・角間温泉ひとり湯治旅 その1

旅行の日程は以下の通りです。

10/05 小布施散策→角間温泉 越後屋泊
10/06 林芙美子文学館→角間温泉共同湯巡り→道の駅「北信州やまのうち」→角間温泉 越後屋泊
10/07 善光寺→長野市内散策→帰宅
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
いよいよ最終日・第三日目の朝です。
この日も朝風呂を楽しんだ後、朝食をいただきました。

201110nagano5757.JPG

ほうれんそうのおひたし、切り干し大根の煮物、笹かまぼこ&粕漬け、
温泉卵、茄子のしぎ焼き、香の物&のり、味噌汁、ごはん
はぁぁぁ〜。おいしかった。ごちそうさまでした。

電車の時間に合わせて、駅まで車で送ってもらえることになりました。
それまで近所を散歩です。

201110nagano6161.JPG

すぐ近くにリンゴ畑がありました。
どんな品種のリンゴなのかしら。

201110nagano5858.JPG

これは、紫式部って名前だったっけ?

さて、時間です。

201110nagano6262.JPG

越後屋さん、三日間御世話になりました。
ちなみに
第1泊目のお客さんは私ひとりでしたが
第2泊目は、私を含めて4組のお客さんがいたようでした。
家族(主に女将さんと娘さん)で切り盛りしている旅館なので
その日は平日なのに盛況。お忙しそうでした。

お客さんはほとんど常連客だと思います。(予約は楽天トラベルで可能です)
ひなびた風情をのんびり楽しみたい人にはおすすめの旅館です。
部屋の扉はふすま、窓は木枠なので、セキュリティや物音を気にする人はイマイチかも。
(もちろん、部屋にセキュリティBOXはあります)
女将さんは
「(角間温泉)は何も無いんですけど、お湯は良いんです」と笑ってました。
いえいえ、何も無いのが良いんです。ほんと。

私、6月に「星のや 軽井沢」へ二泊三日ひとり温泉旅に行ったこともありました。
(ブログでご報告するタイミングを何となく逃してしまいました・・・・。
またいつか記事を書くかもしれません)
今回の旅行はそれと同じくらい、いやそれ以上に満足した湯治旅でした。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
長野に戻ってきました。
やはり善光寺には行かなくっちゃということで
久しぶりに善光寺へ参拝に行きました。

201110nagano7272.JPG

なぜだか知らないけれど
私にとって、善光寺はお気に入りのお寺です。
毎年正月に善光寺へ初詣に行った時期もかつてありました。
7年に一度のご開帳時にも参拝に行ったことがあります。
私の地味な趣味のひとつ、御朱印集めの第1冊目は善光寺の御朱印帳でした。
今、御朱印帳は3冊目。熊野本宮大社の御朱印帳を持ち歩いています。

【関連記事】
2009年09月16日 御朱印集め
http://maya555.seesaa.net/article/128198384.html

201110nagano7373-tile11.jpg
こちらが今回の御朱印。左は摺仏です。

善光寺を訪れたら、ぜひ体験したいのが
内陣参拝とお戒壇めぐりです。

内陣へ進むと
頭上の欄間に来迎二十五菩薩像を見ることができます。見事です。
「いつかはこんな風にお迎えに来て下るんだなぁ」としみじみ眺めました。

ご本尊は一光三尊阿弥陀如来。日本最古の仏像なのだそうです。
(摺仏もご参照下さいね)
あらゆる宗派を超えて人々を受け入れる仏様です。
私が善光寺を好きな理由のひとつは
「私が受け入れられている」雰囲気をしっかり感じられるからだと
今回、参拝して改めて思いました。

お戒壇めぐりも随分久しぶりでした。結構長い間真っ暗闇を歩きますよね。
(「こんなに真っ暗だなんて知らなかった!」「危ないから引き返しましょうよ」
「携帯の光で歩いたらいいんじゃない?」と入口で立ち往生しているおばさま方がいました。
お戒壇めぐりは「行」なので暗闇を歩かされます。暗いのがこわかったのかも)
「錠前はまだかなぁ」と壁伝いにそろそろ歩いていると
明らかに空気が切り替わりました。境目がありました。
ひんやりとしていて、とても静かでキレイな空気。
「あ、もうすぐだ」「今、ご本尊の近くにいる」と思ったら
そこに錠前がありました。おかげさまでご本尊と結縁できました。
posted by 加藤まや at 14:32| 旅行 | 更新情報をチェックする