2011年10月12日

長野・角間温泉ひとり湯治旅 その2

11/10/05〜/07に長野・角間温泉へ行ってきました。
何回かに分けて旅行記をアップします。

【長野・角間温泉ひとり湯治旅 シリーズ記事一覧】

2011/10/15 長野・角間温泉ひとり湯治旅 その7
2011/10/15 長野・角間温泉ひとり湯治旅 その6
2011/10/13 長野・角間温泉ひとり湯治旅 その5
2011/10/13 長野・角間温泉ひとり湯治旅 その4
2011/10/12 長野・角間温泉ひとり湯治旅 その3
2011/10/12 長野・角間温泉ひとり湯治旅 その2
2011/10/11 長野・角間温泉ひとり湯治旅 その1

旅行の日程は以下の通りです。

10/05 小布施散策→角間温泉 越後屋泊
10/06 林芙美子文学館→角間温泉共同湯巡り→道の駅「北信州やまのうち」→角間温泉 越後屋泊
10/07 善光寺→長野市内散策→帰宅
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
小布施堂で「朱雀」を食べた後は
電車の時間まで小布施散策をしました。

201110nagano33.JPG

長野と言えば寒天。特産品ですね。
寒天と言えば「かんてんぱぱ」
小布施には「かんてんぱぱ」のお店もありました。

201110nagano1111.JPG

ザクロの木。

201110nagano3535.JPG

これは小布施の「市神」。市の守護神として祀られました。
もともとは街道の交差点に建てられていたそうです。

北斎館にも行ってみました。北斎の肉筆画美術館です。
屋台の天井画がとても印象深かかったです。
一度引き返してじっくり見たぐらい。
特に「龍」がすごかったな。ウロコがピンと立って活きている。
とぐろを巻いた龍がうごめいているなぁ、と思いました。

あちこち歩いたので、ちょっと休憩。

201110nagano1414.JPG

桜井甘精堂のテイクアウトカフェ「茶蔵」のモンブランソフト。
おいしかったです!
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
電車の時間になりました。
湯田中駅から車で5分ぐらい行くと角間温泉に到着です。

201110nagano2424.JPG

角間温泉は
蓮如上人が発見した湯、真田氏の隠し湯などと伝えられる
古い歴史を有する温泉地です。
林芙美子、古川英治、横山大観等文化人が訪れたそうです。
4軒ほどの旅館と共同湯が3つある小さな湯治場。
お湯は全て天然掛け流し。皮膚病や胃腸に効くのだそうです。

角間温泉は、全国的に有名な湯田中温泉郷の一角でありながら
昔ながらの湯治場らしい雰囲気を残した温泉でした。
今回の旅行テーマである「ひとり湯治旅」にピッタリでした♪

201110nagano2323-vert.jpg

私が御世話になった宿は「越後屋」さんです。
女将さんによると
この3階建の旅館は明治3年に建てられたのだそうです。

201110nagano1515.JPG

お部屋はこんな感じ。ひとりでのんびりするには充分です。

201110nagano2121.JPG

部屋の窓から共同湯「大湯」が見えます。
ちなみに、窓や手すりはサッシじゃありませんよ。全て木製です。
次の記事でお風呂もご紹介しますね。
posted by 加藤まや at 00:34| 旅行 | 更新情報をチェックする