2011年08月30日

2011年夏・台湾の旅 その3

11/08/24〜/27に台湾へ行ってきました。
何回かに分けて旅行記をアップします。

【2011年夏・台湾の旅 シリーズ記事一覧】

2011/09/01 2011年夏・台湾の旅 その10
2011/08/31 2011年夏・台湾の旅 その9
2011/08/31 2011年夏・台湾の旅 その8
2011/08/31 2011年夏・台湾の旅 その7
2011/08/31 2011年夏・台湾の旅 その6
2011/08/30 2011年夏・台湾の旅 その5
2011/08/30 2011年夏・台湾の旅 その4
2011/08/30 2011年夏・台湾の旅 その3
2011/08/30 2011年夏・台湾の旅 その2
2011/08/30 2011年夏・台湾の旅 その1

旅行の日程は以下の通りです。

8/24 羽田→台湾・松山空港→ザ リージェント タイペイ→龍山寺→
   阿鴻→兩喜號→龍都冰菓專業家→ザ リージェント タイペイ→
   京鼎樓→雙連圓仔湯→ザ リージェント タイペイ泊
8/25 総統府→中正紀念堂→杭州小籠湯包→スターバックス→永康街→
   寧夏夜市→古早味豆花→ザ リージェント タイペイ泊
8/26 阜杭豆漿→故宮博物館→丸林魯肉飯→誠品信義店→
   台北牛乳大王忠孝店→中国女紅坊→鼎泰豊(忠孝店)→東区粉圓→
   BRUCE式足部健康館→ザ リージェント タイペイ泊
8/27 迪化街→永楽市場→西門→西門紅楼→王記府城肉粽→鴨肉扁→
   楊記→ザ リージェント タイペイ→台湾・松山空港→羽田
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ホテルに戻ってきてホッとしたら
そのまま夕方まで爆睡してしまいました。
なにしろ今日は
朝5時には羽田に行かなくてはならなかったんです。

・・・・ハッと気がつくと、もう晩ご飯の時間。
ホテルから歩いていけるお店へ行くことにしました。

「京鼎樓」です。
「鼎泰豐」で修行を積んだシェフが独立して出したお店です。
恵比寿に支店があって、一度行ったことがあります。

201108taiwan2121.JPG

牛肉の醤油味スープ
私は塩味系のスープが好みだけれど
これはこれでおいしい。

201108taiwan2222.JPG

小籠包
小籠包のお店は今回3店行きました。
「鼎泰豐」と比べると
「京鼎樓」の小籠包も皮が薄めで、同系統の小籠包って感じです。
「鼎泰豐」よりも、中身のスープが濃い風味かなぁ。
肉の旨み、ショウガやスパイスの風味が濃いように感じました。
美味しかったです。

201108taiwan2323.JPG

空心菜炒め
もう少しシャッキリしている方が好み。
でも、自分が作るものよりもずーっとおいしい。

201108taiwan2424.JPG

いか団子の揚げたもの
プリプリ。文句なしのうまさ。

ご飯を食べた後は
デザートのお店までブラブラ歩きました。
台湾の人はみんな親切で丁寧な対応だけど、バイクと車の運転はすごい。
カーブや交差点進入時に全く減速しない感じ。
でもこれは上海の時も同じ。

どこもかしこも食べ物屋さんがいっぱい。盛況。
街を歩いていて全然飽きません。

食べ物屋、銀行などの金融機関、美容医療のエステサロンが
多いように感じました。よく見かけました。
これらは
食欲、金銭欲、モテ欲に応えるお店ですよね。
ある意味ベーシックな欲望を満たすためのビジネス。
台湾の方は
これらのベーシックな欲望に対して正直なのかもなぁと思いました。
だから
街中に活気が満ちているように、日本人の私は感じるのかも。

さて
デザートのお店はこちら。「雙連圓仔湯」です。
1951年開業の老舗です。
ちなみに
台湾は1912年を中華民国建国元年とする暦も使用しています。
今年2011年は民国100年の節目の年なのだそうです。
台湾が今年で100歳だとすると
60年続いている「雙連圓仔湯」はかなりの老舗と言えますね。
街を歩いていると
「30年続いている店」とか「40年続いている老舗」などの看板をよく見かけました。

201108taiwan2525.JPG

これは「四果湯」(緑豆・オート麦・タロイモ・白玉)
に白きくらげが少々入っています。

201108taiwan2828.JPG

こちらは「乾燥龍顔・タロイモ・白きくらげ・白玉」

冷やしぜんざいのようなデザートです。
豆の味わいがよく分かる、あっさりとした甘さ。
豆の皮をつぶさずにふっくらと炊きあげたり
繊細な加減の甘さを豆に含ませていくのは
地味なようでいて、かなり難しい技だと思います。

201108taiwan2727.JPG

揚げきな粉餅。
油で揚げているそうなんですけれど、全然油っぽくないです。
ひたすらになめらかなやわらかい餅。
きな粉餅と言っても、こちらはピーナツ粉をまぶしてありました。
ピーナツの甘みがおいしかったです。
posted by 加藤まや at 21:34| 旅行 | 更新情報をチェックする