2011年03月18日

ここ最近思うこと

今回の大地震以来、別の世界に放り込まれたような心地がしています。
気持ちが何度も動揺しますが
そのたびに「でも大丈夫だ」と思い返しています。

20110317hana66.JPG

地震が発生してから3日間ぐらいは
テレビやtwitterを呆然と眺めていました。
その後、「自己ヒーリングしよう」とようやく思い至り
ヒーリングしてみると
第1・第2チャクラにエネルギーがまっすぐ向かいました。
生存本能や根本的な安心感覚、物質的な欲求などが
ぐらついていたんだなぁと思いました。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
自宅近辺のスーパーでも
パンや牛乳、トイレットペーパーはほとんど見あたりません。
すっからかんの商品棚を見るたびに
「不安で仕方ない」「誰も頼れない」「助かりたい」
「頼れるのは自分だけ」という
エゴの固まりのようなエネルギーをそこに感じます。
そして
私自身の中にも
「不安で仕方ない」「誰も頼れない」「助かりたい」
「頼れるのは自分だけ」という心の衝動があるな、と感じます。
そのたびに
「どうしよう・・・・」と動揺したりしています。

気持ちを落ち着けてよく考えてみると
トイレ紙がなくても別に平気なのかもしれませんよね。
いざとなれば代用品で何とかなるのかもしれません。
パンや牛乳、米が一時的に食べられなくても、私は問題ないです。

そのスーパーで
すっからかんの商品棚から視線を別方向へと動かすと
野菜や魚、お肉はそれなりに揃っていました。
これだけ揃えるために
お店の方々がどんなに尽力しておられるのだろうと思うと
頭が下がる思いでいっぱいになりました。
これからは
その日に店先で売っているものをちょこちょこ買って
それを食べて暮らしていけば良いんじゃないかな。
それで私は普通に暮らせるな、と思いました。

飲食店の方々も
今、お店を営業維持していくために大変な努力をしていると思います。
時々は外食もしよう、と思いました。

個人的には
こんなときだからこそ
いつものようにお花を買って部屋に飾ろうと思いました。
私が行ったスーパーは、だーれも買ってなかったみたいでした。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
私は「私」という存在について
今まで幾つもの人生を繰り返してきている、と何となく信じています。
いろんな人生を経験しながら
今までもこれからも永遠に生きていくんだと思っています。
きちんと実証する術(すべ)はありませんので
このことを声高に主張するつもりはありません。
私はそう思っている、ということです。ただそれだけです。

そういうことを信じている私は
今回の大地震によって
(今のところ、その可能性は限りなく小さいと思っていますが)
もし万が一、私の今回の人生が今後どうにかなるのだとしても
「それはそれで、今回の人生はそれでいいな」と昨日思いました。
ひどく悲観しているわけでも、あきらめているわけでもなく
「今回の人生はそれでいいな。大丈夫」とシンプルに思えました。

「私」は今まで繰り返してきた人生において、
こういうことをしょっちゅう経験してきたでしょうし
これから繰り返す人生で似たようなことをたくさん経験するのでしょう。
それでも
私の魂は永遠に輝き続けると思っています。
だから
「今回の人生はそれでいいな。大丈夫」
・・・・・と思いました。

さらに
今の私がそんな風に思えると言うことは
今回の人生において、
私は今までそれなりに楽しく生きてきたんだなと思いました。
つまり
今、私はものすごくシアワセなんだな、今回はシアワセな人生なんだ
と思いました。

ここ最近の私は
そんな感じのことを繰り返し思っています。
そんな風にして
私の中で輝き続けている光を
今一度思い出しているところです。

これからもいろんな出来事によって
ひどく動揺したり、何かをひどく恐れたりするんだと思いますが
そのたびに
「それはそれで、今回の人生はそれでいいな」
「今回の人生はそれで大丈夫」と思って
私の中にある永遠の光を見つめ直したいです。

私たちが
自身の中で輝き続けている光を今一度思い出しますように。
その光が
悲しみに打ちのめされている方々を照らしますように。
そして
時間はかかるかもしれないけれど
今、つらい状況にある方々が
ご自身の中にある光をいつか必ず思い出せますように。
posted by 加藤まや at 12:11| 日記 | 更新情報をチェックする