2010年09月01日

まやの熊野詣 熊野古道の旅 その7

10/08/25〜/28に熊野詣へ行ってきました。
何回かに分けて旅行記をアップします。

【まやの熊野詣 熊野古道の旅 シリーズ記事一覧】

2010年09月13日 まやの熊野詣 熊野古道の旅 その13
http://maya555.seesaa.net/article/162561768.html
2010年09月11日 まやの熊野詣 熊野古道の旅 その12
http://maya555.seesaa.net/article/162193982.html
2010年09月10日 まやの熊野詣 熊野古道の旅 その11
http://maya555.seesaa.net/article/162082961.html
2010年09月06日 まやの熊野詣 熊野古道の旅 その10
http://maya555.seesaa.net/article/161725453.html
2010年09月06日 まやの熊野詣 熊野古道の旅 その9
http://maya555.seesaa.net/article/161717286.html
2010年09月01日 まやの熊野詣 熊野古道の旅 その8
http://maya555.seesaa.net/article/161254607.html
2010年09月01日 まやの熊野詣 熊野古道の旅 その7
http://maya555.seesaa.net/article/161233044.html
2010年09月01日 まやの熊野詣 熊野古道の旅 その6
http://maya555.seesaa.net/article/161167578.html
2010年08月31日 まやの熊野詣 熊野古道の旅 その5
http://maya555.seesaa.net/article/161159417.html
2010年08月31日 まやの熊野詣 熊野古道の旅 その4
http://maya555.seesaa.net/article/161125829.html
2010年08月31日 まやの熊野詣 熊野古道の旅 その3
http://maya555.seesaa.net/article/161073854.html
2010年08月30日 まやの熊野詣 熊野古道の旅 その2
http://maya555.seesaa.net/article/161064468.html
2010年08月30日 まやの熊野詣 熊野古道の旅 その1
http://maya555.seesaa.net/article/161037622.html

旅行の日程は以下の通りです。

8/24 大宮→(高速バス)→
8/25 新宮→花の窟神社→産田神社→神内神社→熊野速玉大社→
   神倉神社→かつうら御苑泊
8/26 熊野那智大社→青岸渡寺→那智大滝→大門坂→補陀洛山寺→
   湯の峰温泉あずまや泊
8/27 玉置神社→湯の峰温泉あずまや泊
8/28 大斎原→産田社→熊野本宮大社→世界遺産熊野本宮館→
   古道歩きの里「ちかつゆ」→牛馬童子→近露王子→
   古道歩きの里「ちかつゆ」→新宮→帰路
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
第二日目の予定もだいたい終わりました。
そろそろ夕方になってきましたので
今晩からお世話になる宿へと向かうことにしました。

今日から2日間の宿は湯の峰温泉にしました。
1800年前に発見されたと伝えられている日本最古の温泉です。
平安時代には既に湯屋が設けられていたそうです。
かつては熊野本宮に参拝する際の
湯垢離(ゆごり。お湯で潔斎をして心身を清める)の場だったそうです。
今回の熊野詣にピッタリの温泉ですよね。

20100827kumano5.jpg

着きました。
山あいの小さな温泉です。

20100827kumano3.jpg

お宿は「あずまや」さんにしました。
というのも
私が時々拝見している和田裕美さんの個人サイト
「熊野に行くときにはたいていあずまやさんに泊まります」と
書いてあったからです。

20100827kumano1.jpg

お部屋はこんな感じ。いいわー。このお宿。
のんびりゆっくりできそうな風情があって。

荷物を置いてお茶をいただいた後は
ちょっと周りを散歩してみました。

20100827kumano31.jpg

湯の峰温泉の真ん中に東光寺があります。
このお寺のご本尊・薬師如来坐像は湯の花の化石でできているとか。
胸から湯がわき出したから「ユノムネ」→「ユノミネ」となったそうです。

20100827kumano30.jpg

このあたりはお湯の香りがただよっていました。
左手前の四角い木枠は「湯筒」です。
源泉自噴口です。湧出温度は90度。
近所の方や温泉客が温泉玉子などを自由に作ることができます。
温泉で野菜を茹でると
アク抜きも同時にできるからすごい便利なんですよねー。
いいなー。いいなー。

「湯筒」の後ろに
チラリと見えるのが「つぼ湯」です。
日本最古の共同浴場。
小栗判官が
この湯につかって蘇生したという伝説が残っています。
今も順番制で入ることができます。

そろそろ夕食の時間になりました。

20100827kumano10-tile11.jpg

こちらは
柚子と漢方薬入りの食前酒
熊野の地ビール

20100827kumano11-tile11.jpg

左下は天然鮎のお寿司です。

ここのお料理は全て温泉水を使用しているそうです。
全てしみじみとおいしかったです。
どのお料理も丁寧に作られていることがよく分かりました。

20100827kumano14-tile22.jpg

熊野は山深いところだけれど
海も近いし、きれいな熊野川もあるので
海・山・川の食べ物が一度に食べられる土地なのだなぁと思いました。

20100827kumano21-ver11t.jpg

こちらは温泉水を使用した
熊野牛のしゃぶしゃぶです。

20100827kumano23.jpg

熊野牛がおいしいのは当然ですけれども
温泉水で火を通した野菜がおいしくてビックリしました。
なんてことない白菜の芯がうまい!
よけいな雑味やアクが抜けるからなのかな。
非常に自然な味わいとおいしさが心に残りました。

20100827kumano24.jpg

こちらの温泉水でご飯を炊くと
モチモチとした食感に炊きあがるそうです。
写真では分かりづらいかもしれませんが
ちょっと黄色い色がつきます。
香ばしい風味とおこわ以上にモチモチとした食感がおいしかったです。

20100827kumano25.jpg

もうお腹いっぱいです。
posted by 加藤まや at 19:08 | TrackBack(0) | 旅行 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック