2010年08月30日

まやの熊野詣 熊野古道の旅 その2

10/08/25〜/28に熊野詣へ行ってきました。
何回かに分けて旅行記をアップします。

【まやの熊野詣 熊野古道の旅 シリーズ記事一覧】

2010年09月13日 まやの熊野詣 熊野古道の旅 その13
http://maya555.seesaa.net/article/162561768.html
2010年09月11日 まやの熊野詣 熊野古道の旅 その12
http://maya555.seesaa.net/article/162193982.html
2010年09月10日 まやの熊野詣 熊野古道の旅 その11
http://maya555.seesaa.net/article/162082961.html
2010年09月06日 まやの熊野詣 熊野古道の旅 その10
http://maya555.seesaa.net/article/161725453.html
2010年09月06日 まやの熊野詣 熊野古道の旅 その9
http://maya555.seesaa.net/article/161717286.html
2010年09月01日 まやの熊野詣 熊野古道の旅 その8
http://maya555.seesaa.net/article/161254607.html
2010年09月01日 まやの熊野詣 熊野古道の旅 その7
http://maya555.seesaa.net/article/161233044.html
2010年09月01日 まやの熊野詣 熊野古道の旅 その6
http://maya555.seesaa.net/article/161167578.html
2010年08月31日 まやの熊野詣 熊野古道の旅 その5
http://maya555.seesaa.net/article/161159417.html
2010年08月31日 まやの熊野詣 熊野古道の旅 その4
http://maya555.seesaa.net/article/161125829.html
2010年08月31日 まやの熊野詣 熊野古道の旅 その3
http://maya555.seesaa.net/article/161073854.html
2010年08月30日 まやの熊野詣 熊野古道の旅 その2
http://maya555.seesaa.net/article/161064468.html
2010年08月30日 まやの熊野詣 熊野古道の旅 その1
http://maya555.seesaa.net/article/161037622.html

旅行の日程は以下の通りです。

8/24 大宮→(高速バス)→
8/25 新宮→花の窟神社→産田神社→神内神社→熊野速玉大社→
   神倉神社→かつうら御苑泊
8/26 熊野那智大社→青岸渡寺→那智大滝→大門坂→補陀洛山寺→
   湯の峰温泉あずまや泊
8/27 玉置神社→湯の峰温泉あずまや泊
8/28 大斎原→産田社→熊野本宮大社→世界遺産熊野本宮館→
   古道歩きの里「ちかつゆ」→牛馬童子→近露王子→
   古道歩きの里「ちかつゆ」→新宮→帰路
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
神内神社に到着しました。(紀宝町の観光案内)
この神社もご神体が岩窟です。

境内の案内板によると
祭神はアマテラスオオカミ、アメノオシホミミノミコト、
ニニギノミコト、ヒコホホデミノミコト、
ウガヤフキアエズノミコト です。

20100825kumano2525.jpg

鳥居です。

20100825kumano2727.jpg

自然道のような参道。

20100825kumano2222.jpg

巨石の間にある石段を上がると・・・・

20100825kumano1818.jpg

ご神体の岩窟です。
目の前のご神体がどのくらいの大きさなのか
すぐには見当がつかないぐらい巨大な岩窟です。

20100825kumano1919.jpg

神内神社は
この地区の産土神社、安産・子育ての神様、豊漁の神様なのだそうです。
しかし私は
巨大な岩窟に畏敬の念を抱いた人が自然と祈り始めたのが
この場所のはじまりなのだろうと思いました。

境内は
プリミティブ(原始的)な自然のパワーに満ちていました。
むせかえるような大気。湿り気のある風。勢いよく流れる川の音。

20100825kumano2323.jpg

境内の岩窟・岩石には
シダなど約300種の着生植物が繁茂しているそうです。

20100825kumano2424.jpg

鳥居脇の大木の写真を何枚も撮りました。

20100825kumano2626.jpg

この枝。幹。みなぎる生命力。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
熊野の自然は
人間を圧倒するような生命力に満ちていました。
高速バスの車窓から熊野の自然風景を眺めていたときから
そんな風に強く感じていました。

「山が険しくて谷が深いところなんだなぁ。
緑の山肌がものすごい勢いでこちらに迫ってくるようだなぁ」
「山の木々が発するエネルギーに勢いがあるなぁ」
「こんなに山深い風景がちょっと途切れたと思ったら
その先に海が広がっているんだなぁ」
「すごいところなんだなぁ」
・・・・と思いました。

熊野の自然と向き合おうと思ったら
「自然を大切に」みたいなヌルい心構えでは
到底歯が立たないだろうなぁと思いました。
なぜって熊野では
自然が私たちを明らかに圧倒しているからです。

だから
私たちは古来より
熊野の自然に畏敬の念を抱き、ここが神が宿る場所と考え
圧倒的な自然の力におすがりしながら修行に励んだのでしょう。

・・・・そんなことを考えながら
熊野詣の旅は続きます。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
新宮市に戻ってきました。
熊野三山のひとつ、熊野速玉大社へ向かいました。

20100825kumano4343.jpg

20100826kumano20.jpg

20100825kumano4242.jpg

第一殿から第十二殿まで社殿があります。
手前が拝殿。その後方に
結宮 熊野夫須美大神(イザナミノミコト)
速玉宮 熊野速玉大神(イザナギノミコト)をお祀りしています。

20100825kumano4444.jpg

熊野速玉大神は
生命の根源である水の動きを神格化したものと考えられているそうです。

20100825kumano4545.jpg

上三殿(左)と八社殿。
それぞれ神様が祀られています。

20100825kumano4141.jpg

サッカー日本代表の
直筆サイン入りユニホームが飾られていました。
八咫烏ですものね。

20100825kumano4747.jpg

国の天然記念物。
ナギの大木です。樹齢1000年。
この神木の葉を御守りとして持ち帰る習わしがあるそうです。
落ちている葉を何枚か探して持って帰ることにしました。

20100825kumano4949.jpg

この木もすばらしいですね。

20100825kumano4848.jpg
posted by 加藤まや at 23:29 | TrackBack(0) | 旅行 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック