2006年03月15日

いかなごの釘煮

毎年3月になると、実家の母に連絡します。
なぜって、いかなごの釘煮(佃煮)が食べたいから。


今年のいかなごはまだ?
そう催促して母に釘煮を作らせ、送ってもらいます。
そのくらい、いかなごの釘煮が大好きです。

そして今日、いかなごの釘煮が到着しました!

060315_ikanago1 060315_sakanagohan

う、うま〜い!

いかなごは関東では小女子と言われている魚です。
毎年3月頃いかなご漁が解禁になり
いかなごの幼魚が捕れます。

いかなごは解禁直後は本当に小さいですが
それから日に日に大きくなります。
小さいいかなごはふっくら柔らかくて味も上品。
その代わり、煮くずれしないで上手に煮るのは難しいです。
ちりめんじゃこより大きい程度のいかなごも私は好きです。
とにかくアッという間に大きくなるので
ちょうど良い大きさのいかなごが水揚げされる期間は
せいぜい2週間程度だと思います。

しかも、いかなごは
鮮度がすぐに落ちるので
朝水揚げされたものをすぐに煮ないと失敗します。
グスグスに煮くずれるし、いまいちおいしくありません。

そういうわけで
その家の好みに合ったいかなごの釘煮を作るのは
案外大変なのです。のんびりできないかも。
この時期は釘煮のために
毎朝魚屋にいかなごチェックに行く人も多いと思います。

神戸のおかんは
いかなご漁が解禁になると忙しいです。
いかなごの釘煮用の大鍋を取り出し
朝一でその日水揚げのいかなごを買ってきて
キロ単位でいかなごの釘煮を作ります。
それを遠方の家族や親戚に宅急便で送るのです。

神戸のスーパーではいかなごはもちろん
醤油やざらめ、タッパーなどがバカ売れするし
クロネコでは「いかなご宅急便」と書いたのぼりがはためき
郵便局では「いかなごゆうパック」なる宅配用箱が
用意されています。
今、明石〜神戸あたりでおかんのいる家は
みんな佃煮屋さん状態です。

いかなごの釘煮は生魚を炊くので
口当たりが柔らかく、味にはうまみとコクがあります。
甘辛味でご飯が止まりません。
お弁当にもおにぎりにもバッチリだし
お茶漬けにする人もいます。

いかなごは今が最盛期。
桜が咲く頃までです。
関東でも時々市販品を見かけることもあるので
食べてみて下さい。通販もあると思います。

いかなごについて詳しくはここを見てみて下さい



posted by 加藤まや at 16:49 | TrackBack(0) | おいしいもの | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック