2009年11月22日

今週の星占い 09/11/23〜11/29

最近見つけたおすすめ商品をご紹介します。

20091122goods11.jpg

切花活力剤「キープ・フラワー」です。
この活力剤を規定通りに水で薄めて水溶液を作って花瓶の水にします。
あとはお花を活けるだけ。水替え不要。
栄養補給と水の腐敗防止が同時にできるそうです。

この手の商品は、今までもいろいろと試してみたことがあります。
私はあまり効果を感じたことがありませんでした。
ところが!これは違う!段違いに花が持ちます。
本当に水替えしなくてもいいです。
あまりにも水がよく揚がるので
時々水溶液を作って足した方が良いぐらいです。
ただ
どうしても茎の切り口が痛んできますので
時々花の茎を切っておいた方が良いようです。

20091108hana11.jpg

実は、これは先日掲載したブーケです。
ガーベラの下にある小さなつぼみはトルコキキョウです。

20091122hana11.jpg

これがそのトルコキキョウ。茎は短くなったけれどまだ咲いています。
今日で2週間ぐらいたっていると思います。

そういうわけで、この商品を見つけてからというもの
頻繁にお花を買って飾るようになりました。
今度はどのお花を飾ろうかと、お花屋さんで考えるのが楽しみです。

私は地元のイトーヨーカドーのお花屋さんで買いました。
500円ぐらいでした。検索すれば、ネット通販もあるようです。
お花好きの方におすすめです!

今週の星占いです。

-----------------------
今週のポイント

★月は水瓶座→魚座→牡羊座→牡牛座
★10時間以上続くムーンボイドタイムは
 24日12時30分頃から25日1時頃まで
 26日23時15分頃から27日12時10分頃まで
 29日8時30分頃から19時30分頃まで
-----------------------

今週は水星と金星の各アスペクトを分けて考えてみました。
水星は「思考」「精神」「知性」を象徴しています。
金星は「愛・美・快楽に関する感受性」「感性」「価値観」を
象徴しています。

つまり
「考える」(水星)と「感じる」(金星)はそれぞれ違うのです。
皆さんは「考える」と「感じる」の違いを
普段の生活でどのくらい意識しておられるでしょうか。

今週、射手座水星は獅子座火星と120度を作り
同時に水瓶座木星とは60度を作ります。

勢いや活気がありますね。オープンで明るい雰囲気も。
「これにしよう!」と自分で決めた道を突き進みそうです。
ワンランク上の目標にもひるまずチャレンジするでしょう。
コミュニケーションには熱意や戦略性が加わりそうです。
また、水瓶座木星も同時に関与していますから
一方的に興奮している雰囲気は少し落ち着きそうです。
いろんな要素を考慮に入れる余裕も生まれるのかもしれません。
以上が、今週の「考える」に関する星回りです。

次に金星です。
蠍座金星は水瓶座木星&海王星と90度を作り
魚座天王星とは120度を作ります。
自分とは違う「感じ方」に横やりを入れられて
その結果、「愛・美・快楽に関する感受性」「感性」「価値観」に
思いがけない柔軟性・広がりが加わりそうです。

「お金や愛情関係に対する価値観」「何があれば満足するか」
「どんなことをステキ!と喜ばしく受け取るか」などは
本当に人それぞれです。
なぜなら「好きだ」「満足だ」「うれしい」「ステキ!」は理屈ではないからです。
「何をどのように感じるのか」はいろいろあるのが自然です。

もしかしたら今週は
あなたとは違う「感じ方」に触れる機会があるのかもしれません。
その時にどう受け止めるかが問われるでしょう。

たとえば
「それ違いますよ」と言われるのと
「それセンスが悪いですよ」と言われるのと
あなたはどっちがよりムカムカ、もやもやしますか?

私の場合は
自分とは違う「考え方」によって
自らの「考え」を否定されてもあまり腹が立たないけれど
自分とは違う「感じ方」によって
自分が「感じたこと」を否定されるのは、たぶんムカムカすると思います。

「感じ方」には
その人のエモーショナルな部分が色濃く投影されていますから
自分でもどうしようもない部分を否定されたような気分に
なるのでしょうね。
かといって、相手の「感じ方」も「間違い」ではないのです。

いずれにしても
自分とは違う「愛情観」「金銭観」「価値観」と遭遇し
葛藤が生じたときに
自分の金星に柔軟性や広がりを加える方向へと持っていきたいなと思いました。
先に説明をした射手座水星の配置も同時に活用して
より良い方向へと考え、行動していきたいです。
posted by 加藤まや at 22:12 | TrackBack(0) | 今週の星占い | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック