2009年10月12日

今週の星占い 09/10/12〜10/18

最近、ものすごい気に入っているコンビニスイーツをご紹介します。
ローソンで絶賛販売中の「プレミアムロールケーキ」。

20091011sweets11.jpg

コンビニスイーツなのに、純生クリーム使用のケーキなのです!

20091011sweets22.jpg

ご覧の通り、生クリームがたっぷり。
3種類のクリームをブレンドしてあるそうですが
とにかくこの生クリームが感激するぐらいにうまい!
ミルク感が濃厚で、しつこくない甘さ。いくらでも食べられます。
柔らかいクリームに合わせた、ふんわりスポンジも美味。
これで税込150円ですよ!ほんと、なんてシアワセなんでしょう!

今週の星占いです。

-----------------------
今週のポイント

★月は蟹座→獅子座→乙女座→天秤座→蠍座
★13日に木星が順行に転じます
★15日に金星が天秤座に入ります
★17日に火星が獅子座に入ります
★18日に天秤座で新月です
★10時間以上続くムーンボイドタイムは
 14日06時20分頃から16時45分頃まで
-----------------------

今週は金星の動きが印象的ですね。
13日に乙女座土星と0度を作り、蟹座火星を60度を作ります。
金星は「愛」「美」「金銭的なこと」「人間関係」
「人生上の楽しみ、喜ばしいこと」を象徴している天体です。
13日頃に、以上の金星テーマに関して
責任や目的をハッキリさせた上での意思確認みたいなものが
なされるかもなぁと感じました。
その後、15日に金星は天秤座に入ります。
金星は天秤座にいるときが最もそのパワーを発揮しやすいとされています。
そういう意味では
金星テーマに関する活動・動き・展開がスムーズになるでしょう。

とはいえ
天秤座に入ったばかりの金星は山羊座冥王星と90度を作ります。
16日です。
ここで、価値観がひっくり返るような派手な展開が起こりそうです。
「縁」「リレーションシップ」が切れることもあれば
いくつかの「縁」「リレーションシップ」から1つを選択したり
逆に、切れていた「縁」「リレーションシップ」が
復活することもあると思います。

その後は18日に、金星が支配する天秤座で新月を迎えます。
そういうわけで
人やモノ、あるテーマとの
「縁」や「リレーションシップ」「つながり」みたいなものを
考えさせられることが多いのかもしれないなと感じました。
その「つながり」には
「愛」や「美しさ」「楽しさ」「喜び」が
何らかの形で込められているでしょう。
そうであるが故に
その「つながり」は当人同士にとっては
愛おしいものであり、かけがえのない価値を有しているはずです。

私たちそれぞれにとっての
愛する「縁」や「つながり」について
想いをはせてみるのも良さそうです。

また、今週は火星が獅子座に入ります。
今回、火星は獅子座にかなり長逗留します。逆行するからです。
どのくらいかというと、来年6/6まで。
火星の公転周期は2年です。
つまり、普通は約2カ月で1星座を通過します。
と考えると
いかに今回の獅子座火星期間が長いかがお分かりになるかと思います。
ご自身のチャートがお分かりになる方は
ぜひどのハウスで火星が長逗留するかをチェックしてみて下さい。

私は4室なんですよねー。うーん。
家族とケンカを避けるなら、家でバリバリ働く感じかな・・・・。
それ以外の使い方も考えてみたいと思います。

最後に18日の新月です。
天秤座の24度台で起こります。
サビアンシンボルは「秋の葉の象徴が伝える情報」です。

このシンボルは
目の前に落ちてきた紅葉一枚を手に取って
その葉っぱそのものの様子を観察するだけでなく
例えば自然の摂理というような、大きなテーマにまで観察が及ぶ
と言うような意味合いです。
簡単に言えば
表面的・一方的な理解のみに止まらず
相互的・両面的・多角的な理解にまで深まっている感じです。
つまりは、総合的・応用的な理解力を示唆しています。

今回の新月は
そのような総合的・応用的理解力を使って
大切な発見や考えを手に入れることができるでしょう。
天秤座はリレーションシップの星座だと考えると
その理解力は、対人関係において発揮されるのかもしれません。
あるひとりの人間を
さまざまな角度から知ろう、理解しようとすることによって
新しいリレーションシップが生まれるでしょう。

ちなみに、今回の新月は
太陽&月に対して、水瓶座海王星が120度を作ります。
どんな人に対しても決して決めつけようとしない姿勢が
思いがけないネットワークへと広がるのかもしれません。
posted by 加藤まや at 00:50 | TrackBack(0) | 今週の星占い | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック