2009年08月09日

今週の12星座占星術 09/08/10〜08/16

今週の12星座占星術です。

20090809goods11.jpg

■牡羊座(3/21-4/19生まれ)

今週の牡羊座の星回りを眺めていると、カエサルの名台詞「賽は投げられた!」を思い出しました。「何?それ?」という方は、wikipediaをご覧下さい。だいたい、以下のようなことが説明してあります。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
「賽は投げられた!」という台詞は、カエサルが軍隊を率いてルビコン川を渡る時に兵士に呼びかけたものです。当時、軍を率いてルビコン川を渡って南下することは法律によって禁じられていました。つまり、ルビコン川を渡った者は、その瞬間からローマに対する反逆者と見なされることになります。この決定的な瞬間に、カエサルは次のように呼びかけて兵士を奮起させます。

「ここを渡れば人間世界の悲惨、渡らなければわが破滅。(兵士たちに振り返って)進もう! 神々の待つところへ! 我々を侮辱した敵の待つところへ! 賽は投げられた!」
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
このカエサルの台詞には「今さら引き返すことはできない。なぜなら既に『賽は投げられた』のであるから。行動を開始した今は、ただ決行あるのみである」というメッセージが含まれていると思います。

今のあなたを取り巻く世界も、ちょうどこのような雰囲気に包まれています。今さら引き返したり、ストップさせることはおすすめできません。時間稼ぎをすることもおすすめできません。あなた自身が「そこに未来がある」と信じる方向へと足を進めましょう。「賽は投げられた!」のですから。

■牡牛座(4/20-5/20生まれ)

「プライド」や「体裁」、「メンツ」「世間体」「周囲の評価」にやたらとこだわる人ほど、周囲からはチンケな「小物」にしか見えない場合があります。それに対して、自他共に認める大物は「私のプライドが・・・・」などとは滅多に口にしないものです。その余裕や落ち着きが大物ならではの「風格」を感じさせるのです。今週の牡牛座の星回りを見ていると、何となくそんなことを感じました。

何かについて躍起になったり、「自分がコケにされた」と憤慨したり、何かを失いそうになってあわててしがみついたり・・・、もしもそんな出来事があったとしたら、その経験と気持ちはできるだけ早く手放して欲しいなと思いました。

というのも、今週は何かをあきらめるか、手放すことによって、もっと上質で価値のあるものを獲得できるからです。我が身可愛さのあまり「格下」にしがみつかないようにして下さい。「格上」を手に入れるようにしましょう。

■双子座(5/21-6/21生まれ)

先週の占いで
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
「地平線を目指してかっ飛ばしている」ような雰囲気の星回りです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
とお知らせしました。今週もそんな感じです。「どこまで行けるか」を知るためにかっ飛ばして下さい。どこまでも遠くに行けると思います。

また、先週の占いでは
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
そして今週は、時々ものすごい勢いで急ブレーキを踏んだり、足元の何かにけつまずくことがありそうです。(中略)あまりにも勢い&スピードが出すぎるので、インターバル(間隔。合間。休憩時間)を取って調節しているのです。(中略)決して悪い展開では無いと思います。また、そのインターバルの最中に「実り多い何か」を学ぶこともできると思います。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ともお知らせしました。今週も足元に転がっている石ころか何かにけつまづくことがあるかもしれません。急ブレーキを踏むこともあるかもしれません。そのインターバルを有効に使って頂きたいと思います。

「何かにけつまづく」ような出来事は、あなたの心中で起こる場合も考えられます。たとえば「やめておこう」とか「自分にはできない」「もっと慎重になった方が無難なのでは?」などと気持ちが萎えてしまう場合です。

この心理的なインターバルが、ゴールまでの燃費をより効率化する方向へと作用するなら、それも悪くないと思います。今週の目的はあくまでも「どこまで行けるか、ドーンと行ってみよう!」です。そのスピードダウンや休憩が、今週の目的に沿ったものかどうかを考えながらぶっ飛ばして下さい。

■蟹座(6/22-7/22生まれ)

先週の占いでは「情」が動く、とお知らせしました。「誰か」「何か」のためにその人のために心を砕いたり、尽くしたり、何かを投げ出すような行動を選ぶのかもしれません、と書きました。そして、その行為の深層に隠された「理由」や「意図」に触れることができるのではないかと推察しました。

今週、そんな感じの雰囲気や展開がさらに際立っていきます。状況は結構シビアなのかもしれません。万策尽きた・・・・というような空気も感じられるのかもしれません。しかしそんな状況下であっても、あなたなりの「理由」や「意図」は失われていないだろうと思います。

今週の星回りを見ると、何らかの「筋を通す」ような雰囲気を感じました。「筋を通す」とは、あなたにとっての「理由」や「意図」「そうであるべきこと」の首尾を一貫させることです。あなた自身の「度胸」「胆力」「勇気」が試されるでしょう。「よしっ!」と腹をくくって勝負に臨んで下さい。ある種の「修羅場」「土壇場」でしか得られない「より良いもの」を獲得できそうです。

■獅子座(7/23-8/22生まれ)

今週の獅子座の星回りを見ていると「目の上のこぶ」という言葉を思い浮かべました。何かと目障り(めざわり)でじゃまなものを指し示すときに使う表現です。今、あなたが「今後」や「これからのこと」を考える場合に、このような「目の上のこぶ」がどっかりと居座っているのかもしれません。そのせいで見通しが利かず、イライラさせられることもあるでしょう。

この「目の上のこぶ」を動かすためには、誰かに助けか協力を求める必要があります。その人はあなたのことを自分のことのように心配してくれ、励ましてくれるでしょう。そして、この「目の上のこぶ」を動かすために動いてくれると思います。

■乙女座(8/23-9/22生まれ)

先週の占いで
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
「うわー、どうしよう」と思わず弱気になってしまうような出来事が舞い込みそうです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
とお知らせしました。あなたにプレッシャーを与えやすい「働きかけ」は今週も何回かやって来そうです。そのたびに、あなたはカラダを堅くして緊張してしまうのかもしれません。ですが、先週もお知らせした通り、この「働きかけ」は「テスト」や「問いかけ」だと受け止めて下さい。

星回りを見ると、今週はこの「働きかけ」をより上手に受け止めやすいのではないかと思います。「柔軟に受け流す」「成り行きに任せる」「与えられた状況を鷹揚に受け入れる」ことによって、逆に積極的な姿勢を打ち出すこともできそうです。

先週から今週にかけて、さまざまな「前提」「決定事項」「タスク」が取捨選択されたり、入れ替わるのかもしれません。その「入れ替わり」を笑顔で受け入れることが、あなたにとっての「加速」となるでしょう。

■天秤座(9/23-10/23生まれ)

自分とは違う世界観・価値観の持ち主に「あなたの意見の方が正しいですね」と言葉をかけるのは、ある意味とても勇気が要ることなのかもしれません。また、過去を振り返って「あの時の自分は間違っていた」と認めるのも、大変勇気が要ることでしょう。

今週のあなたは、何らかの「自省」「却下」「訂正」を行うことができます。その際、自分自身に対して「後ろめたさ」や「後悔」を感じてしまうこともあるでしょう。

しかし今回の「自省」「却下」「訂正」は、あなたの「自己成長」を促進させるきっかけとなると私は思います。あなた自身を高めるために何かを改めることは恥ずかしいことでもみっともないでもありません。なぜなら「こっちの方がすばらしい!」とどんどん乗り換えていくのですから。これ以上前向きで未来志向な行動はないと私は思います。

■蠍座(10/24-11/22生まれ)

「ココまではOKです」という形で、ある「線引き」をすることができるでしょう。その「線引き」があなたにとっては心情的な「けじめ」となりそうです。

先週の占いで
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
あなたにとっての「当然」「必然」「しかるべきこと」が、他の誰かには通じないことがあります。今週はそんな「見込み違い」や「食い違い」がきっかけで、あなた自身のさまざまなことがクローズアップするでしょう。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
とお知らせしました。もしかしたら今、あなたは「どうしても納得がいかないこと」「腑に落ちないこと」「筋が通らないこと」「食い違っていること」を抱えているのかもしれません。少々悩ましい気分なのかもしれませんね。

心の中のもやもやをどうしかしたいなら、自らの手で「線引き」すると良いでしょう。ここまでは「譲れる」「受け入れられる」という「線」を真剣に考え、キッパリと「線引き」して下さい。今週ならそれが可能だと思います。

■射手座(11/23-12/21生まれ)

ある人と話し合いをすることになるでしょう。それは何かを「やめる」「見切りを付ける」ための話し合いなのかもしれません。

今週あなたが話し合うテーマは、これまでずっと「減速」「硬直」「萎縮」の一途をたどっていたようです。そういう意味では、今回こうして話し合いのテーマになること自体が「改善」「前進」と言えるでしょう。

「今まで進んできた道の先はどうも行き止まりらしいし、別の道をいろいろとリサーチしてみようよ!」と誰かと意気投合するのかもしれません。そんな風に考えると、今週は「前進」の一週間となるはずです。

■山羊座(12/22-1/20生まれ)

先週の占いで
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
それなのに、今のあなたには「ガッカリの種」を探す方向へとがんばっているようなフシもうかがえるのです。たとえば「もうそろそろ何か問題が見つかりそうだ」という気持ちでいっぱいなのではありませんか?そんな心境のままでは、あなたの目にとまるのはやはり「ガッカリの種」が多いだろうと思うのです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
とお知らせしました。そして
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
そういうわけで、あなたの身近には「プラスとなるきっかけ」と「ガッカリの種」が落ちているでしょう。そのどちらを拾うかはあなた次第です。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
と締めくくりました。今週、お知らせしたいこともほぼ同じです。

今、あなたが「ほら、やっぱり」と拾おうとしているのは「ガッカリの種」ですか?それとも「プラス収支で終わるきっかけ」でしょうか。「できない」「無理だ」と思ってしまうのは、本当は「そんなにがんばりたくない」からなのではありませんか?

今週の星回りを見ると、これ以上の「がんばり甲斐」をたっぷりと含んでいる配置は少ないと思います。あなたが必死になれば、全力を尽くせば、必ず何かが得られるでしょう。

■水瓶座(1/21-2/18生まれ)

あなたを取り巻く状況は少し揺らいでいないし、何の心配もありません。しかるべき展開が真っ当な形で起こっています。揺れ動いているのは、どちらかというとあなたの方だと思われます。今、あなたが向き合っている情景は本質的に「リアル」なものなのでしょうか。「こうであって欲しい」「こうでないと納得できない」「こうでなければおかしい」というあなたの気持ちが、そんな風に見せているということはないでしょうか。

そのあたりのことをよく考えてみると、目の前の情景やあなた自身のことがよく見えてくると思います。

■魚座(2/19-3/20生まれ)

先週の占いで
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
今週のあなたは、対人関係やコミュニケーションに関して心理的なプレッシャーを感じやすいようです。「苦手だな」とか「うまくできそうにない」という方向へと気持ちが向かってしまい、前向きな意欲がくじけることもあるでしょう。イマイチな結果ばかりを想像しているような心理状態では、うまくいくこともうまくいかない可能性があります。
(中略)
今週、あなたの目の前に現れる節目は、とてもきれいな「玉虫色カラー」で彩られています。この玉虫色はあなたの心構え次第で多彩に変化します。その節目とその先に続くステップの色合いを決めるのは、あなたの心構え一つです。あなたがその気になれば、この節目の「玉虫色」を「虹色」に変えることさえできると私は思います。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
とお知らせしました。今週、お知らせしたいこともそのような感じのことです。

つまりは、こうお知らせしたいのです。ある出来事が起こったとして、その出来事の「良し悪し」を決めるのはあなた自身です。「出来事」は「出来事」でしかありません。それに「良い」「悪い」という形容詞をつけるのはあなたなのです。

もしも今、目の前の状況に「うまくできそうにない」「何となくマズいかも」という雰囲気を感じたとしたら、それはあなたの心中で生まれている空気を反映したものです。あなたの心を占める弱気なムードのもっと深層部には「希望」や「願い」がちゃんとしまってあります。ずーっと前から、ちゃんと大切に保存してある「希望」や「願い」からパワーをもらって下さい。今、力を出すべきテーマが見えてくると思います。
ラベル:占星術 占い
posted by 加藤まや at 19:25 | TrackBack(0) | 今週の12星座占星術 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック