2009年07月12日

今週の星占い 09/07/13〜07/19

表参道の「パンとエスプレッソと」というお店に行ってきました。
店内にはパン工房とショップ、カフェ&バールスペースもあります。

20090712lunch11.jpg

「10種類野菜のきまぐれサラダランチ」(950円)です。
ガラスボウルいっぱいのサラダとパン、コーヒーが付いています。
パンはもちろん焼き立て。お代わり自由です!

サラダは
色とりどりの葉っぱとコーン、マッシュルーム、トマト、キュウリ、
パプリカ、ツナ、オリーブなど具だくさん。
バルサミコ酢のドレッシングであえてありました。
とてもおいしい。モリモリ食べられます。

しかし、何と言ってもこのパンが超美味でした。

20090712lunch22.jpg

食べかけのパンはハーブ入りのパン。
左奥は全粒粉のパン、右奥はミニバケットです。
その他、クルミ入りバケットもお代わりしました。
焼きたてのパンは皮がパリッとして、中身はふんわり。
ハード系のパンですけれども、中身の水分量が多いパンだなぁと思いました。
柔らかいふわふわなパン好きの日本人向きな
とても美味しいパンだと感じました。

表参道で美味しいパンを食べたかったら
かなりおすすめなお店です。ぜひどうぞ!

今週の星占いです。

-----------------------
今週のポイント

★月は魚座→牡羊座→牡牛座→双子座
★18日に蟹座水星が獅子座に入ります
-----------------------

今週はちょうど
7日の山羊座満月(半影月食)と22日の蟹座新月(皆既日食)の
間の一週間になります。

先週の半影月食の意味合いを考えつつ
22日の蟹座新月(皆既日食)を待ち受ける・・
というような雰囲気になるだろうと思います。

先週末12日に火星が双子座に入り
今週18日に水星が獅子座に入ります。
これまでと比べると
軽やかさや風通しの良さ、活気のようなものを
感じるようになるでしょう。

天体(太陽・水星・金星・火星)が牡牛座を通過していた頃は
牡牛座にある天体が
ことごとく水瓶座海王星&木星と90度を作り続けていきました。
それと同時に
魚座天王星とは60度を作り続けました。

(牡牛座天体が)
美味しい食べ物をガッチリ確保&キープしようとしているのに
(水瓶座海王星&木星が)
どんどん横流し&拡散していくような感じでしょうか。
牡牛座天体にとっては大変腹立たしい展開ですけれども
それによって
既存の価値観を超える気づきが得られる感じでした。
さて
あなたの価値観の幅・許容範囲はどのくらい広がったでしょうか。

火星が牡牛座→双子座に異動したことによって
この配置は終わります。

今週は蟹座水星と太陽が
水瓶座海王星&木星と150度を作り
魚座天王星とは120度を作ります。

150度はメジャーアスペクトとは違い
マイナーアスペクトの一つです。
まやブログではこれまでほとんど取り上げたことがなかったと思います。

簡単に言うと
150度関係は
三区分(活動宮・固定宮・柔軟宮)も四元素(火・土・風・水)も
共通していない配置となります。
つまりは
相通じる点・接点がお互いに無いんです。

だから
葛藤が起こったり、ぶつかり合うほどの展開すら
起こらないということになります。
ピンと来ないし、相手に働きかけようとして困る感じ。
何らかの接点が欲しいなら
双方がそれぞれ手探りで歩み寄る努力が要ることになります。

今回の
蟹座水星&太陽と水瓶座海王星&木星の150度は
簡単に言うと
「故郷の村から一歩も出たことがない人」と「宇宙人」が
互いに「えっと・・・どうしたらいいのかな・・」と困りながら
そろりそろりと手を伸ばしていく感じなのかも。

「ノスタルジックなもの」「身内で共有するもの」と
「未来を先取りしているもの」「人類全体で共有できるもの」という
普通ならば、それぞれ別のものとして取り扱うものの間に
どうにかして「何か」を見つけていこうとする感じです。

それがうまくいくと
思いがけない形で気持ちが通い合うのかもしれません。

★★お知らせ★★

皆既日食観測のため
7/21〜24まで中国・上海に行くことになりました!
そのため日本を留守にしている間
ブログ更新や鑑定・鑑定受付・各種ご連絡などなどは
全てお休みさせていただきます。(占いは休まずに更新する予定です)

それで、その他の仕事の兼ね合いなどもありまして
今現在、鑑定ご依頼を受け付けているお客様以降の
鑑定日を8/3〜随時受付にさせていただきます。
大変ご不便をおかけ致しますが、どうぞよろしくお願い致します。
ラベル:占い 占星術
posted by 加藤まや at 22:07 | TrackBack(0) | 今週の星占い | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック