2009年05月06日

ホテルニューオータニの「THE SWEETS 2009」 (スイーツ編その2)

先日行ってきたホテルニューオータニのスイーツビュッフェ
「THE SWEETS 2009」 の記事です。
ここでは、実際に食べたスイーツの写真や感想などをご紹介したいと思います。

全3回の記事で詳しくご紹介します。
ホテルニューオータニの「THE SWEETS 2009」 (会場編)
ホテルニューオータニの「THE SWEETS 2009」 (スイーツ編その1)
ホテルニューオータニの「THE SWEETS 2009」 (スイーツ編その2)
(この記事は写真がとても多いです。
携帯などでご覧の場合は見づらいかも知れません)

次に、中島眞介さんのスイーツです。

「スーパー苺ショートケーキ」

20090504Asweets1212.jpg

ホテルニューオータニのシェフパティシエ中島眞介さんは
スタンダードなスイーツを
より美味しく贅沢にアレンジした「スーパースイーツシリーズ」で有名な方です。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
スーパーシリーズの元祖、最上級の苺ショートケーキです。九州大牟田産の低温殺菌クリーム、カステラ用の卵、和三盆ときび砂糖、そして小麦粉に至るまで全ての素材にこだわり抜いたショートケーキです。苺は、フランス産の天然ひまわりのハチミツで軽くマリネし酸味を和らげた2Lサイズの特選品です。全てが渾然一体となった初めてのショートケーキを体験できます。
(ホテルニューオータニのHPより)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

いちごが美味しいのはもちろんですが
それ以上にスポンジケーキが美味しくて印象的でした。
写真の通り、ちょっと色が濃いです。
「砂糖が白糖じゃないのかも」と思っていたら
やはり和三盆ときび砂糖を使っているのですね。
そうそう、ちょっとカステラみたいなスポンジです。
最近主流のフワフワで味のないスポンジではなくて
カステラのように、みっしりと弾力があって中身が詰まっているような。

「スーパーモンブラン」

20090504Asweets1313.jpg

タルトも美味しい、真ん中のあんこもふっくらしていて美味しい。
だけど、それ以上に感動したのが
和栗のクリームの香りと味でした!
今は栗のシーズンではありませんので
この日に和栗のモンブランを食べられるとは考えていませんでした。
本当に美味しかったです!

「スーパーメロンショートケーキ」

20090504Asweets2626.jpg

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2004年9月に販売し、好評を博した最上級のショートケーキ第2弾である「スーパーメロンショートケーキ」は、シェフパティシエ中島眞介が、主素材であるメロンを3年かけて探しぬいたこだわりの逸品。

最上級のマスクメロンの産地は、静岡県の南伊豆町。全国一のマスクメロンの生産量を誇る静岡県にあって、マスクメロンを育てるために栽培者自らが掘った温泉を熱源として品質管理を行い糖度14度以上を誇ります。スポンジの材料である卵は、長崎県でカステラ用に使われている鶏卵を。そしてクリームは、九州 大牟田の低温殺菌48%クリームで、リッチな風合いを育みます。もちろん砂糖にもこだわり、和三盆ときび砂糖をブレンドします。
(ホテルニューオータニのHPより)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

マスクメロンのショートケーキです。なんて贅沢なんでしょう!
一口ごとにメロンの香りが広がります。初夏らしいさわやかさ。
ほんと、うっとりするぐらいおいしかったです。

「スーパーピュアプリン」

20090504Asweets2929.jpg

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
「クリーム・プリン・カラメルの3層一気に召し上がっていただき、その懐かしいハーモニーを楽しんでいただきたい」とシェフパティシエ中島眞介は語ります。日本で唯一の加熱をしないで無殺菌で飲める、北海道の「想いやり牛乳」と無農薬の餌によって育てられている鶏卵、有機栽培の砂糖、徳島県産の最高級和三盆、乳脂肪35%の低脂肪クリームを使用しています。
(ホテルニューオータニのHPより)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ここまで贅沢なプリンは、なかなか食べられないと思います。
懐かしい味わいのプリンなのに
その上質な味わいで、食べる人の心を動かします。

これはスーパーシリーズスイーツ全般に言えることですけれども
生クリームが格段に美味です。
こんなになめらかで、すうっと溶けるクリームは初めて。
しかも、ミルクの味わいが美味。
このプリンでは、そんな生クリームの美味しさを存分に堪能できます。
私はプリン好きなので、本当にシアワセになれました。

「ナポレオンパイ」

20090504Asweets2828.jpg

「スーパー苺ショートケーキ」は
生クリームといちごの美味しさを味わうスイーツでした。
これは
カスタードクリームといちごの組み合わせです。
これはこれで美味。

「和三盆シュークリーム」

20090504Asweets33.jpg

これは写真は撮ったけれど、私は食べていません。
食べたかったなー。

「湯葉プリン」

20090504Asweets2323.jpg

ミルクプリン?と思ったら、豆乳でした。
アッサリしていて美味しかったです。

「水羊羹ジュレ」

20090504Asweets2424.jpg

さっぱりとした水ようかん。
そのアッサリ加減が私は美味しかったです。

「マザー牧場牛乳ジェラート」
「マンゴーシャーベット」

20090504Asweets3030.jpg

アイスやジェラートはこれ以外にもたくさんありました。
これも美味しかったです。

ここからは、スイーツ以外のお口直しです。

「キッシュロレーヌ」(奥)
「アスパラガスとケッパーのキッシュ」(手前)

20090504Asweets11.jpg

私にはちょっと塩気が強いかなと思いましたが
さすがホテルメイドの味。美味でした。

「下町健康エビカニグラタン」(奥)
「下町健康ビーフカレーパン」 (手前)

20090504Asweets2727.jpg

揚げたてです!もちろん、うまい!
スイーツブッフェでこんなお口直しを出してもらえると
うれしいですね。

「フライドポテト」

20090504Asweets2525.jpg

これも揚げたて。文句なく美味。

以上の写真が、私が食べたスイーツです。
本当はこれ以外にも
ロールケーキや焼き菓子、和風スイーツもありました。
マカロンやアイスもちょっと食べただけで、ほとんど手つかずでした。
ケーキを取りに行く→写真を撮る→食べるの繰り返しで
猛烈に忙しかったのと、やっぱりお腹がいっぱいになりました。
これでもものすごくがんばった方だと思います。

全体的な感想は・・・
ピエール エルメのスイーツは初めて食べましたが
見た目と同様に味にもインパクトがあって、
食べていてワクワクしました。
最初の一口に、驚き!がありました。

中島眞介さんのスイーツは
ホテルメイドのスイーツをさらにグレードアップさせた感じでした。

中島眞介さんのスイーツが「正統派・上質な味」だとすると
ピエール エルメのスイーツは「天才・カリスマの味」だなと思いました。
スイーツに対する世界観が違う二人の作品を同時に食べることができて
そういう意味でも、大変贅沢なイベントだったなぁと思いました。

ちなみに今回の「THE SWEETS 2009」の料金は
1名(前売)6500円/(当日)7000円 です。
ニューオータニの会員になると6000円でした。
飲み物はコーヒーか紅茶が好きなだけ飲めます。
それ以外の飲み物は別料金でオーダーできます。

ちょっとセコい計算になりますけれど
例えば
スーパーストロベリーショートケーキは
パティスリーSATSUKIでもいただくことができます。
おひとつ1050円。
スーパーメロンショートは個数限定販売で1575円。
スーパーピュアプリンはひとつ840円です。

もちろん、スイーツの大きさが全然違いますので
一概には比べることができないと思います。
でも
日本庭園が見渡せる宴会場に予約席を作ってもらって
美味しいスイーツをあれこれと楽しめました。
中島眞介さんも会場にいらしていて
来場者一人一人に挨拶していました。
私は大変お得で贅沢なイベントだと思いました。

最近は有名パティシェのお店もたくさんあるし
デパ地下にもスイーツはたくさんあるので
ホテルのスイーツを食べる機会もあまりありませんでした。
でも今回いろいろと食べてみて
改めておいしいなぁと思いました。
来年もぜひ!!行きたいと思いました。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
さんざん食べた後は、日本庭園をちょっと散歩しました。

20090504hotel33.jpg

20090504hotel22.jpg

都心なのに、こんなに緑豊かな庭園があるんですね。
とても充実した休日を過ごすことができました。
posted by 加藤まや at 16:58 | TrackBack(0) | おいしいもの | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック