2006年01月16日

日本版ポリティカルコンパス

大西宏のマーケティング・エッセンス
日本版ポリティカルコンパスの紹介があったのでやってみました。
大西さんの記事はこちら

私は
政治的な右・左度(保守・リベラル度)が-0.2でグラフ上下軸のぼぼ真ん中
経済的な右・左度(市場信頼派・政府介入派)-0.56でグラフ左右軸の微妙に左
分類はリベラル左派。

政治的な右・左度に関して
自分ではもっとリベラルかと思っていたけれど
ど真ん中かぁ。

大西さんは現実主義とおっしゃっておられる。個性がないとも。
物事の端々によく目配りが利いているように見えて
肝心なときには何も決められずにスルーするかも。
結局どっちやねんと言われてしまいそう。

経済的な右・左度はまぁこんなもんかと。
結果がやや左なのは
私が社会的弱者に優しい人であるからではなく
自分自身が経済的にやや弱者寄りだと思っているからなのかも。

いずれにしてもみなさんもやってみて下さい。
解説ページのアドバイスも秀逸。

---------------------------
これを機会に、自分の価値観を見直してみるのも良いかもしれません。理由もなく信じていないか、自分に都合がいいから信じているのではないのか、自分の立場が変わった場合でもその価値観を捨てない自信はあるのか、誰かに必要以上の犠牲を強いていないか、その信念に根拠はあるのか、今後の日本を考えたときにそれで立ち行くのか、などと。自戒を込めて。
---------------------------

私のようなタイプ
つまり
政治的にはどっちつかずで煮え切らず
経済的には自分がかわいそうと思っている人
には特に良いアドバイスだと思います。

---------------------------------------------
---------------------------------------------

最近、ポスト小泉が話題だ。
自民党を占星術的に考えるなら
党の結成時のチャートを見る。
占星術関係のみなさんは
1955年11月15日13時20分東京を
自民党結成データとして採用しておられるようだ。

8室蠍座に月・太陽・土星・水星があり
6室の獅子座木星&冥王星とスクエア関係

8室蠍座だと
料亭で秘密の政治談合とか権力闘争とか
そのまんまのイメージ。

獅子座木星&冥王星は
血統の正しい権力掌握者。
自民党の政治家も
血筋や所属派閥でどこまで登り詰めるかが決まる。

蠍座過剰でスクエアというのは
時々王者の首をすげ替えることで
よみがえる、あるいは命をつないできたと読める

8室蠍だし
王者の首のすげ替えは
こっそりに行われる。
闇将軍である。

日本で政権が移動する時とは
政権政党そのものは交代せずに、党総裁が替わる。
よく考えると、政権政党は替わっていないのである。

小泉総理の任期が切れる今年9月は
ちょうど自民党チャートのASCに天王星がやってくる
蠍座には依然として木星がある

マスコミでは
「ポスト小泉レース」とちやほや言われているし
小泉総理も思わせぶりな発言をしている。
国民も何となく
ポスト小泉選びに関わっているような楽しい気分かも知れないが
私は
新手の闇将軍誕生か?と考えている。
posted by 加藤まや at 15:34 | TrackBack(0) | 占星術 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック