2009年03月11日

まやブログの占いの読み方・その一例

毎週、まやブログの占いを楽しみに読んで下さって
本当にありがとうございます。

先日、占い原稿の読み方についてご質問をいただきました。
よく考えてみると
「今週の12星座占星術」と「今週の星占い」の違いなどについて
今まで何のご説明もしてこないままでした。
説明不足で大変申し訳ありませんでした。

そういうわけで
先日コメント欄に書き込んだ回答を元に
今回は、まやブログの占いの読み方を記事にしてみました。
これは私の考えですので
これが唯一の正解というわけではありません。
あくまで一例と考えて、まやブログの占いは自由に読んで下さいね。

090311star11.jpg

■「今週の12星座占星術」について
■ソーラーサインハウスシステムとは

まやブログの「今週の12星座占星術」は
「ソーラーサインハウス」という占星術の一技法に基づいています。
太陽星座占い(雑誌などでよくある「○○座の運勢」)で
よく使われる技法です。

このソーラーサインハウスシステムとは
出生時の太陽の星座を第1ハウス0度(ASC)にして
それ以降は各30度ずつ全部で12 ハウスに区分するという技法です。

出生時の太陽星座を第1ハウス(その人そのもの)に重ねますので
ソーラーサインハウスシステムによるホロスコープは
出生時の太陽(主体的な人生観)という視点を通して見た図
ということになるのかも知れません。

■ソーラーサインハウスシステムによる星占いにおける
 太陽星座の占いとASC星座の占いが示唆していることの違い

そのような感じのことをコメント欄で回答しましたら
読者の方からご指摘をいただきました。
 
>ASC星座の占いでは「実際に起こっている(目に見える)出来事が
>示唆されて、その出来事の「自分にとっての(内的な)意味」のよう
>なものが、太陽星座の占いで書かれている、と感じることもよくあります。

とても的確な印象だなぁと感心しました。

占星術における個人の出生時ホロスコープの10天体とは
人の意識を10に分けたものです。
また、太陽は
私らしい人生を送るための主体的意識・心的衝動を
象徴していると考えられています。

先ほど説明したように
ソーラーサインハウスシステムによるホロスコープは
出生時の太陽(主体的な人生観)という視点を通して見た図です。
つまり
その人の太陽の運気のみを重点的に見るための技法と言えます。

つまり
ソーラーサインハウスシステムによる星占いは
その人の中の
「こんな風に自分らしく生きていきたいという意識そのもの」の
運勢を見ている感じになります。
ソーラーサインハウスシステムによる星占いでは
「自分らしい生き方を築こうとする上での、その時々の意味」が
分かるのではないかと私は思います。

それに対して、ASC(アセンダント)は
ホロスコープを作成した瞬間の東の地平線と黄道の交点です。
ある人の出生時ホロスコープのASCは
その人が地上に生まれ落ちた瞬間に東の方角を見たとき
東の地平線からどの星(黄道)が登ってきているかを計算した点です。
ASCは
その人の生まれ時間と生まれた場所が分からないと計算できません。
つまり
その人の生まれ時間と生まれた場所が考慮されていることになります。

ASCは
その人が地上に生まれ落ちた瞬間に
初めて対峙した世界の雰囲気のようなものが示されていると私は思います。
ということは、ASCには
「ある人が自分の世界(環境やそこにいる人々)と
どんな風に向き合っているのか、その(最初の)姿勢や視点」が
あらわれていると言えるのかも知れません。
ASCを1室入口に置いたホロスコープ(出生時ホロスコープ)では
その人が本人自身の世界とどんな風に向き合っているのかが
表現されているのだと私は思います。

そう考えると
ソーラーサインハウスシステムによるASC星座の占いでは
「その人を取り巻く世界上では、今の星回りはどうなっているのか」が
分かるのではないかと思います。
ですから、先日いただきましたコメントのように
ASC星座の星占いを読むと
より具体的な出来事に関する示唆が書かれていると感じる場合も
あるのかも知れません。

■「今週の星占い」について

「今週の星占い」では
その週の星回りの全体的な概況をご説明しています。
今週のお天気概況みたいな感じですね。
「今、どの天体からどんな感じで影響がやってきているか」が
ザックリと分かります。

この「今週の星占い」は
地球上にいる人なら全員に当てはまる占いです。
けれども
私たちは全員それぞれ自分だけのホロスコープを持っています。
天体の影響をチャッチするための端子がそれぞれ違いますから
その時の天体の影響をどのくらい意識できるかどうかは
人によって全く違います。

この「今週の星占い」が
怖いぐらいにバッチリ当たる人もいるでしょうし
それと同時に、全然かすりもしない人もいるわけです。

−−−−−−−−−−−−−−−−
なるべく分かりやすく書いたつもりですが
ちょっと難しかったかも知れません。
何らかの参考になれば、とてもうれしいです。
ラベル:占星術 占い
posted by 加藤まや at 02:53 | TrackBack(0) | 占星術 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック