2009年02月17日

お伊勢参りその7「熱田神宮・徳川美術館」

09/02/12〜/14にお伊勢参りに行ってきました。
何回かに分けて旅行記をアップしています。

【お伊勢参り・シリーズ記事一覧】

2009-02-17 お伊勢参りその8「お伊勢まいり Tipsまとめ」
2009-02-17 お伊勢参りその7「熱田神宮・徳川美術館」
2009-02-17 お伊勢参りその6「おかげ横丁・月読宮・名古屋」
2009-02-17 お伊勢参りその5「瀧原宮・伊雑宮・道の駅伊勢志摩」
2009-02-17 お伊勢参りその4「内宮・赤福本店」
2009-02-17 お伊勢参りその3「神宮会館・赤福ぜんざい」
2009-02-17 お伊勢参りその2「神宮徴古館・月夜見宮」
2009-02-16 お伊勢参りその1「外宮・伊勢うどん」

旅行の日程は以下の通りです。

2/12 伊勢着→外宮→昼食→神宮徴古館→月夜見宮→神宮会館泊
2/13 神宮会館→内宮→瀧原宮→伊雑宮→昼食→おかげ横丁・おはらい町通り
   →月読宮→名古屋マリオットアソシアホテル泊
2/14 名古屋マリオットアソシアホテル→熱田神宮→昼食→徳川美術館→帰宅

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
第三日目の朝はゆっくりと過ごしました。
名古屋はとても良い天気。

朝食は
好きなものを選びながら食べるのも楽しいので
朝食ブッフェにしました。

090214朝食11.jpg

各種サラダとグレープフルーツジュースです。
左はジャガイモのポタージュ。塩分控えめでおいしかったです。

090214朝食111.jpg

プレーンオムレツとショコラデニッシュです。
シェフが鮮やかな手つきで焼いてくれます。
ソースはトマトソースを選びました。

090214朝食222.jpg

オムレツの中はトロトロ状態です。

090214朝食333.jpg

フルーツとヨーグルト。
旅行先の朝食って、どーしてこんなにおいしいんでしょう。

ホテルをチェックアウトしたあとは
熱田神宮へ向かいました。

090214熱田神宮鳥居111.jpg

熱田神宮の鳥居です。
熱田神宮は
三種の神器の一つ草薙神剣があることでよく知られた御宮です。
祭神は熱田大神であり
天照大御神、素戔嗚尊、日本武尊、宮簀媛命、建稲種命も
おまつりしています。

090214熱田神宮参道11JPG.jpg

参道の道幅がとても広いです。

090214熱田神宮11JPG.jpg

この日は花嫁さんに出会うことができました。

熱田神宮は
現在、創祀千九百年記念造営事業のため
ご本殿に近い御垣内で参拝することができます。

090214熱田神宮111.jpg

思いがけなくも御垣内で参拝することができて良かったです。

090214八剣宮111.jpg

別宮の八剣宮です。
静かな良い御宮でした。

090214熱田神宮大木11.jpg

大楠です。
弘法大師のお手植えと伝えられているそうです。

熱田神宮参拝を終えたので
次は昼食を食べに向かいます。

090214テレビ塔11.jpg

名古屋のテレビ塔です。

090214昼食111.jpg

「黒豚屋 らむちぃ」の味噌カツ定食です。
小口切りのネギで何の料理か分からないぐらいです。
山盛りのネギの下に味噌カツが隠れています。

090214昼食333.jpg

味噌カツソースの甘ったるいコクのある味わいを
たっぷりのネギが引き立ててくれます。
これは味噌カツがあまり好きじゃない人でも
すんなりと気に入るんじゃないかと思いました。
ネギのシャキシャキした食感も良い感じだし
ネギと味噌ソースだけでも充分においしいです。
トンカツも柔らかくておいしかったです。
し、しかし・・・これは量が多い。おいしいけど。

新幹線の時間まで
どこで時間をつぶそうかと考えていたら
徳川美術館で徳川家のおひな様が展示中と知り、行ってみました。

090214徳川美術館門11.jpg

徳川美術館の黒門です。
ここは尾張徳川家に伝えられた数々の「お宝」を展示しています。

090214徳川美術館建物11.jpg

特に
国宝「源氏物語絵巻」を持っていることで有名ですね。

090214徳川美術館ポスター11.jpg

今回の特別展のポスターです。

いやー。スゴイ「お宝」がいっぱいでした。
「ザ・リアル・篤姫」といった感じです。
きっと篤姫の時には
こちらの所蔵品を参考にしたんだろうなぁと思いました。

ひな人形もすばらしかったけれど
豪奢を極めたひな道具が大変印象に残りました。
ひとつひとつはとても小さいのに
どの道具にも葵の御紋が全て蒔絵でちりばめてありました。
本物の贅沢ってこんな感じなのだなぁと思いました。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
これでお伊勢まいりは終わりです。

今回の旅で
心を打たれた出来事がたくさんありました。

もっとも印象的だったのは
神宮にお仕えしている人のこころです。
「神様のために」「神様が喜んで下さるように」と
真摯に日々の祭祀を行っていることがよく分かりました。

あのお宮に何らかのチカラがあるとするならば
神宮にお仕えしている人や、神宮を参拝する人々の
「神様」に寄せる思いが集まって
あのようなチカラが存在しているのだと思いました。

そして
「神様」がそこにいらっしゃると思いながら
「神様」に向かって真摯に手を合わせるときに
私たちの中に「神様」が宿るのだと思いました。

そのことそのものが
本来、とても「有り難いこと」なのであり
今回の旅で私が何かを得たとしたら
おそらく
何かを「有り難い」と思う謙虚な気持ちなのだろうと思いました。

最後に、次の記事で
今回の旅行や旅行記を書く上で
参考にした書籍などをご紹介します!
posted by 加藤まや at 21:23 | TrackBack(0) | 旅行 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック