2009年02月17日

お伊勢参りその5「瀧原宮・伊雑宮・道の駅伊勢志摩」

09/02/12〜/14にお伊勢参りに行ってきました。
何回かに分けて旅行記をアップしています。

【お伊勢参り・シリーズ記事一覧】

2009-02-17 お伊勢参りその8「お伊勢まいり Tipsまとめ」
2009-02-17 お伊勢参りその7「熱田神宮・徳川美術館」
2009-02-17 お伊勢参りその6「おかげ横丁・月読宮・名古屋」
2009-02-17 お伊勢参りその5「瀧原宮・伊雑宮・道の駅伊勢志摩」
2009-02-17 お伊勢参りその4「内宮・赤福本店」
2009-02-17 お伊勢参りその3「神宮会館・赤福ぜんざい」
2009-02-17 お伊勢参りその2「神宮徴古館・月夜見宮」
2009-02-16 お伊勢参りその1「外宮・伊勢うどん」

旅行の日程は以下の通りです。

2/12 伊勢着→外宮→昼食→神宮徴古館→月夜見宮→神宮会館泊
2/13 神宮会館→内宮→瀧原宮→伊雑宮→昼食→おかげ横丁・おはらい町通り
   →月読宮→名古屋マリオットアソシアホテル泊
2/14 名古屋マリオットアソシアホテル→熱田神宮→昼食→徳川美術館→帰宅

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
一晩お世話になった神宮会館をチェックアウトしました。
ちなみに
ここの宿泊料は、大人二人一泊二食付きで計1万5千円でした!
確かにそんなに豪勢な宿ではないけれど、それにしても安いと思いました。
宿の方も、みなさんとても親切丁寧に迎えて下さいました。

伊勢や鳥羽・志摩は
豪華な宿やリゾートホテルがたくさんあって選ぶのに困るぐらいです。
この神宮会館は
伊勢神宮参拝が主な目的の人には、大変おすすめできる宿だと思いました。
場所もすごく便利(内宮・おかげ横丁などが徒歩圏)だし
何と言っても早朝参拝を体験することができます。

「宿泊は公的な宿泊施設のレベルで構わないので
その分ゆっくり神宮を参拝したい」という方にはおすすめです。
女性一人でも安心して泊まることができると思います。
私が宿泊した日も
一人で旅行中という雰囲気の女性が2〜3人いました。
この次、一人でお伊勢参りをするときには
ぜひここを利用したいと思います。
ネットで予約もできます。人気の施設のようで、いつも混んでいます。

第二日目の日中は
レンタカーを借りて、別宮をあちこち回りました。
伊勢道路を利用した小一時間のドライブの後
内宮の別宮・瀧原宮に到着しました。

090213瀧原宮鳥居111.jpg

ここは
倭姫命が天照大御神の御鎮座地を探して各地を旅したときに
一時的に御宮が置かれた場所です。
「元伊勢」「大神の遙宮」と呼ばれています。
内宮の別宮ですので
天照大御神をおまつりしています。
祭祀は全て内宮に準じて奉仕され、式年遷宮も行われます。
タクシーの運転手さんによると
「瀧原宮と(後で参拝した)伊雑宮は、特に格式の高い別宮」
なのだそうです。

090213瀧原宮鳥居11.jpg

深い森林の中にひっそりと鎮座している御宮です。

090213瀧原宮参道333

鳥居をくぐると、大きな杉の森に包まれた参道がまっすぐに続いています。

090213瀧原宮参道111

川のせせらぎの音と鳥の声だけが聞こえるだけです。

090213瀧原宮手洗場333

瀧原宮の御手洗場です。
冷たくてとてもきれいな水。口もすすぐことができます。
本来はこのような場所で身を清めたんでしょうね。

090213瀧原宮参道222

瀧原という地名からも分かるように
ここは水がきれいで、大きな木々に恵まれた場所です。
歩いているだけで、透き通るような自然の空気を感じることができます。

社殿は、緑に包まれた参道の一番奥にありました。
四つの御宮が整然と並び立っていました。

090213瀧原宮正宮11

瀧原宮です。

090213瀧原ならびの宮11

瀧原竝宮です。

090213瀧原宮11

手前の御宮が瀧原宮、奥の御宮が瀧原竝宮です。

090213若宮神社11.jpg

若宮神社です。

090213長由介神社11.jpg

長由介神社です。

瀧原宮の神域は、その地勢が内宮とよく似ているため
「内宮のひな形」「ミニ内宮」といわれるそうです。
「内宮ができたばかりの頃は、きっとこんな雰囲気だったのかも」と
感じました。

内宮は
恐れ多い存在に触れることで心が洗われる御宮だとすれば
瀧原宮は
緑深い森の空気と清らかな谷川の水に触れることで
心が癒される御宮だと感じました。
瀧原宮もいたく心を打たれた御宮のひとつです。

次に
もう一つの大神の遙宮・伊雑宮に向かいました。

090213伊雑宮鳥居11.jpg

伊雑宮は天照大御神が内宮に御鎮座後
倭姫命が御贄所(お供え物を探す場所)を探していたときに
建てた御宮だそうです。
内宮の別宮であり、天照大御神をおまつりしています。

090213伊雑宮111.jpg

伊雑宮です。

090213伊雑宮222.jpg

海に近い場所にある御宮なので
志摩の海女さんの守り神なのだそうです。

090213伊雑宮大木11.jpg

境内の巾着楠です。
根元のコブにさわると金運を授かるという説があるそうです。
しっかりとお願いをしてきました!

瀧原宮と伊雑宮に参拝できたし
お昼が近づいてきたので昼食をとることにしました。

ガイドブックで調べると
近くの「道の駅伊勢志摩」にレストランがありそうです。
行ってみることにしました。

090213昼食11.jpg

「道の駅伊勢志摩」のレストランの
「牡蠣御膳」という名前のメニューだったと思います。
牡蠣の炊き込みご飯とカキフライ
小鉢、おみそ汁、香の物のセットです。

さすが
牡蠣の名産地だけあって、とてもおいしかったです!
炊き込みご飯の牡蠣もカキフライも味が濃いです。
磯の風味が口いっぱいに広がります。
タルタルソースが自家製なのもポイントが高い。
何げない場所の食事処なのに
やっぱり伊勢志摩の牡蠣はおいしいなぁと感心しました。
posted by 加藤まや at 14:37 | TrackBack(0) | 旅行 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック