2009年02月17日

お伊勢参りその4「内宮・赤福本店」

09/02/12〜/14にお伊勢参りに行ってきました。
何回かに分けて旅行記をアップしています。

【お伊勢参り・シリーズ記事一覧】

2009-02-17 お伊勢参りその8「お伊勢まいり Tipsまとめ」
2009-02-17 お伊勢参りその7「熱田神宮・徳川美術館」
2009-02-17 お伊勢参りその6「おかげ横丁・月読宮・名古屋」
2009-02-17 お伊勢参りその5「瀧原宮・伊雑宮・道の駅伊勢志摩」
2009-02-17 お伊勢参りその4「内宮・赤福本店」
2009-02-17 お伊勢参りその3「神宮会館・赤福ぜんざい」
2009-02-17 お伊勢参りその2「神宮徴古館・月夜見宮」
2009-02-16 お伊勢参りその1「外宮・伊勢うどん」


旅行の日程は以下の通りです。

2/12 伊勢着→外宮→昼食→神宮徴古館→月夜見宮→神宮会館泊
2/13 神宮会館→内宮→瀧原宮→伊雑宮→昼食→おかげ横丁・おはらい町通り
   →月読宮→名古屋マリオットアソシアホテル泊
2/14 名古屋マリオットアソシアホテル→熱田神宮→昼食→徳川美術館→帰宅

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
お伊勢参り第二日目は、楽しみにしていた内宮の早朝参拝から始まります。
ロビーに6:30集合です。約20人ぐらいの参加者が集まっていました。
平日なのに結構多いんだなぁとビックリ。さすがお伊勢さまですね。

この時期、朝の6:30だとまだ何となく暗いです。
神宮会館の職員に案内されながら、早朝参拝へと出発しました。
内宮周辺は私たち以外は誰もいません。
そこには「静かさ」と「ひんやりとした空気」だけがあります。
歩いて2〜3分で内宮に着きました。

090213内宮宇治橋鳥居11

皇大神宮(内宮)の宇治橋鳥居です。
この御宮は天照大御神をおまつりしています。
天照大御神は皇室の御粗神であり、太陽の神様です。

宇治橋は今、ちょうど建て替えの時期で閉鎖中でした。
今年の11月に新しい宇治橋が完成して、渡始式が行われる予定です。
現在は仮橋を渡るようになっています。

ちなみに
宇治橋の外側にある鳥居は(この写真の鳥居です)
旧外宮御正殿の棟持柱(屋根を支える柱)が使われているそうです。
宇治橋の内側にある鳥居は
旧内宮御正殿の棟持柱が使われているそうです。
その後、さらに二十年経つと
内側の鳥居は鈴鹿峠の「関の追分」の鳥居になり
外側の鳥居は桑名の「七里の渡」の鳥居になるそうです。
江戸時代、日本各地からお伊勢参りにやって来た旅人が
鈴鹿峠や桑名で鳥居を見ると
「とうとう神様のお膝元にたどり着いた!」と感激したのでしょうね。

案内して下さった職員さんはこのようなエピソードの他に
伊勢神宮の成立や各スポットの説明などをとても詳しく教えて下さいました。
手水の正式なやり方も
実際に行いながら説明して下さって、とても勉強になりました。

職員さんの話の端々から
「神様のために」「神様が喜んで下さるように」と心を込めて
日々の仕事を行っていることがよく分かり
その真摯な気持ちと行動に心を打たれました。
「もしかしたらこの方は神宮司庁の方(神職)の方なのかも知れないな」と
感じました。

090213内宮参道222

早朝の内宮は、本当に誰もいません。
この時点で、おそらく7時30分ぐらいだったと思います。
朝5時から参拝はできるので、
朝一番で参拝している人が何人かいるのではと思っていましたが
私たち以外には誰もいませんでした。

090213内宮参道111

内宮神域は清浄な雰囲気に満ちていました。
すがすがしい、元旦の朝の空気をさらに濃くしたようなもので
満ちているような気がしました。
そして
真に清らかなものに触れると、自然と心を打たれるものなのだなと
感じました。

内宮や外宮は、現在は夜間参拝が今は禁止です。
ですが
毎晩、神職の方が正宮近くの宿衛所で待機しています。
もちろん神職の方は、前日から潔斎した上で宿衛所に入ります。
そういうわけで早朝に内宮を訪れると
神様と潔斎した神職の方だけで過ごした神域に
いち早く足を踏み入れることができるのです。

090213内宮参道11

言葉で表現すればするほど、どんどん嘘っぽく聞こえるぐらい
すがすがしい清浄な空気をしっかりと感じることができました。
「心が洗われる」とか「命の洗濯」とは
まさにこういうことだなぁと感じました。

090213内宮御正宮111

内宮御正宮です。
写真撮影は石段の下からのみ可能です。

090213内宮御正宮222

早朝にお参りすることができて、本当にありがたいことだと思いました。

090213内宮御稲御倉11

御稲御倉です。
神宮神田で収穫された神様にお供えする米が収められています。
神宮独特の建築様式・唯一神明造を間近で観察できます。

090213内宮御稲御倉矢印22

宇治橋の鳥居は
御正殿の棟持柱が使われているとご説明しましたね。
この写真で言うと、棟持柱は一番右よりの丸太柱です。
(白い矢印で指した柱です)

早朝参拝を終えた後は、朝食です。

090213朝食11

身も心もスッキリとした後の朝食は格別ですね!

さらに、朝食の後は
赤福本店で出来立ての赤福を食べに行きました。
赤福本店は毎日朝5時から開いています。
神宮と同時にお店を開けているんですね。

090213赤福外観11

立派な店構えのお店です。
店内でお店の方が作った赤福を
その場でいただくことができます。
女性三人がせっせと赤福を何個も作っていました。

090213赤福11

赤福です。
やっぱりうまーい。出来立てはみずみずしい感じかも。

090213赤福店内222

この火鉢が良い感じです。

090213赤福店内111

赤福本店は、日中はとてもたくさんのお客さんで賑わっていますが
さすがに朝の9時前だと誰もいませんでした。

早朝に内宮を参拝して、朝食を食べた後に
出来立て赤福をデザートに食べる・・・なんて幸せなんでしょう!
そんな第二日目の朝を過ごしました。
posted by 加藤まや at 12:44 | TrackBack(0) | 旅行 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック