2009年02月08日

今週の星占い 09/02/09〜02/15

またまた
浦和のパティスリー アカシエのケーキを買ってきました。
今販売中の雑誌「Hanako」東京スイーツ特集号の表紙が
ここパティスリー アカシエのケーキです!
だんだん全国的に有名なパティスリーになってきました。

ただいまエキュート大宮にて
期間限定出店中です。〜2/15までですのでお早めに。

090208cake11

パルファン
ルックスも味わいも
大人っぽいオレンジ風味のチョコレートケーキ。
しっかり甘いけれど、オレンジ薫る甘さがくどくなくて美味です。

アカシエはマカロンもおすすめなのです!
ここのマカロンは本当に美味!
まず、大きさと厚みがボリュームたっぷり。
クリームがたっぷりと挟まれていて
マカロンというよりも、フレッシュな小菓子といった印象です。

090208cake33

キャラメルサレ

この塩キャラメルのマカロンは
塩キャラメルクリームが何とも言えず美味です。
マカロンの皮も、アーモンドプードルの香ばしい味わいが印象的。

090208cake22

パッションバナーヌ

パッションフルーツ色がキレイです。
パッションフルーツクリームとバナナソテーの2層がサンドされています。
パッションフルーツの甘酸っぱいさわやかな味わいに
バナナソテーのねっとりとした甘みがプラスされて
一口ごとに「うーむ」と感心するぐらい美味です。

たかがマカロン。されどマカロン。
見た目の美しさと食べたときのうれしい驚きがあいまって
非常に印象的なマカロンです。
他のマカロンもぜひ食べてみたいです・・。

今週の星占いです。

-----------------------
今週のポイント

★月は獅子座→乙女座→天秤座→蠍座
★9日に獅子座で満月です(半影月食)
★15日に水星が水瓶座に入ります
★10時間以上続くムーンボイドタイムは
 10日04時30分頃から14時40分頃まで
-----------------------

今週のポイントは9日の満月です。
時間的には、10日になる直前です。
食が起こりますので、半影月食です。
獅子座20度台で起こり、サビアンシンボルは「中毒した鶏」です。
今回の月食の影響は
次の月食(8/6)まで続くでしょう。

獅子座のこの近辺の度数は
限界を突破したい気持ちが強すぎて
危機一髪っぽいチャレンジを選ぶことが多いです。
ありきたりなパターンを嫌い、ぶっ飛んだことをしでかします。
それだけパワフルで熱い!ということです。

今回、この度数で月食が起こりますので
大いに興奮させられたり、ふるえるくらい感動的な出来事が
起こるのかも知れません。
あるいは
感情的な激流に我を忘れるような出来事もあり得ます。
または
いつもなら尻込みしてしまうようなことに平気でチャレンジしたり。
自分の中のどこにそんな「激しさ」があったのかと
我ながらビックリするのかも知れませんね。

今回の月食図を見ると
水瓶座太陽に海王星が重なっています。月とは180度です。
感情の高まりと共に
普段なら到底考えられない行動に走ることも考えられます。
もちろん
これが良い方向へ転がる場合と、そうでない場合との両方があると思います。

どんな人にも「常軌を逸した部分」「ぶっ壊れた部分」というものが
多少存在しているのだと私は思います。
そんな部分がもともとあるから
たまに「羽目を外す」とスカッとストレス解消できるのですね。

今回の月食は
自分の中の「ぶっ壊れた部分」に光が当たることもあるだろうなぁと
思いました。
光が当たることによって、何かが昇華されるのでしょう。

次に行きます。
今週15日に水星が水瓶座に入ります。
これで、水瓶座に5天体が滞在することになります。
サッパリと風通しの良い、理性的な雰囲気が強まります。

水瓶座火星&木星に対して、牡羊座金星が60度関係に位置しています。
新しい可能性を感じるものに対して
ワクワクと興奮しながら、何らかの行動をとることができるでしょう。
今までとは違うタイプの人と
ネットワーク的な活動を通じて知り合うこともできると思います。

先週の星占いで
−−−−−−−−−−−
「その年のラッキー天体木星が水瓶座にある間に何をしようか?」と
あれこれプランニングしたり、ちょっと試しにやってみると
良さそうだなぁと思いました。
−−−−−−−−−−−
と書きました。

今週から来週にかけても、水瓶座に天体が集中しますので
今年のテーマを考えてみると良いでしょう。
ちょっとした「思いつき」「チャレンジ」が
思わぬ広がりを見せながら展開していくのかも知れません。
ラベル:占星術 占い
posted by 加藤まや at 21:01 | TrackBack(0) | 今週の星占い | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック