2009年01月25日

今週の星占い 09/01/26〜02/01

おいしい釜飯の素をいただきました。

090124food11

「昆布の黄金屋」の「あさり釜めし」と「ほたて釜めし」です。
お米3合と調味液、具材、水を混ぜ合わせて
炊飯器で炊くだけです。

あさり釜めしを作ってみました。

090124food22

あさりのおだしとしょうがの風味がうまいです。
お出汁が利いた関西風薄口な味わいが、大変美味。
急なお客様にもお出しできると思います。
家に何個かストックしておくと、すごく便利だろうなぁと思いました。

昆布の黄金屋は大阪の昆布屋さんです。
関西各地と東京・神奈川にお店があるそうです。
通信販売もやっているそうです。ぜひどうぞ。

今週の星占いです。

-----------------------
今週のポイント

★月は山羊座→水瓶座→魚座→牡羊座
★26日に水瓶座で新月です(金環食)
★1日に逆行中の水星が順行に転じます
★10時間以上続くムーンボイドタイムは
 28日02時12分頃から15時12分頃まで
-----------------------

今週のメインイベントは
■26日の水瓶座新月(金環食)
であり、その他は
■逆行水星が順行に転じる(1日)
■魚座天王星&金星、乙女座土星の180度を山羊座火星&水星が調停
・・・というような感じだと思います。

まずは
■26日の水瓶座新月(金環食) です。
水瓶座6度台で起こります。
サビアンシンボルは「卵から生まれた子ども」です。

今回の新月は食をが起こります。日食(金環食)です。
新月はだいたい月に1回起こりますが
日食はだいたい半年に約1回起こります。
つまり
日食は、新月の中でも格別に印象的な節目(スタート)であり
次の日食(7/22)までのテーマを指し示していると考えられています。
これから半年間を見据えるような出来事を通じて
新しいスタートを切ることができるのかも知れません。

サビアンシンボルの「卵から生まれた子ども」は
感情的・情緒的なものと結びつこうとはしませんが
より普遍的でより本質的なものに対しては
「開かれている」存在を指し示しています。

どこにも深入りしないから
逆に言うと、どこへも誰にでもアクセスできる・・というような感じです。

自分と他者・他のものとの関係、距離感を考える場合に
この「卵から生まれた子ども」をイメージしてみると
何かヒントが得られるのかも知れませんね。

今回の新月図は
水瓶座太陽&月に木星が重なっています。
今回の新月はこれから半年間のスタートであるのと同時に
今年一年間のテーマにも関係していると思います。

先週の星占いで
「今年の抱負を練り直してみましょう」と提案しましたが
今週も今年の抱負を考えるのに、とても良いタイミングだと思います。
ちょうど水星も順行に転じますしね。

次は
■魚座天王星&金星、乙女座土星の180度を山羊座火星&水星が調停
についてです。

この配置は、先週の
■魚座天王星&金星、乙女座土星の180度を山羊座火星が調停
に逆行中の水星が重なって出来上がります。
ですので、だいたい先週の星占いと意味合いは似ています。

水星と火星が重なりますので、展開にドライブ感が加わったり
キッパリとした決断が下るような感じが加わるかなぁと思います。
「動こうか」「どうしようか」と立ったり座ったりしていた人は
何らかの勢いに押されるように動き出せるのかも知れません。

山羊座の火星&水星が社会的・公的な責任感に基づく決断と行動力で
魚座金星は
何かに手を差し伸べるような「慈愛」を象徴しています。
これらが互いに連携しあって
去年からのテーマをどうにか乗り越えようと働きかけていくのでしょう。

そんな感じの一週間です。
ラベル:占い 占星術
posted by 加藤まや at 21:19 | TrackBack(0) | 今週の星占い | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック