2009年01月22日

東京十社めぐり

もう一月も下旬になろうとしていますが
今年の初詣の話をご紹介したいと思います。

私は神社に行くのが好きなので
初詣もいくつかの神社へお参りに行くことが多いです。
「今年はどこに行こうかなー」とあれこれ調べてみたら
「東京十社」を知りました。

「東京十社」とは
明治初年に准勅祭社(じゅんちょくさいしゃ)と定められた
東京近郊の十神社のことです。

明治元年に、大宮の氷川神社が
勅祭社(祭礼に際して天皇により勅使が遣わされる神社)に定められ
東京近郊の主だった十神社が准勅祭社と定められました。
これが「東京十社」です。

現在では、当時の社格は廃止されましたが
昭和50年に昭和天皇即位50年を奉祝して
関係神社の協議により東京十社を巡る「十社巡り」が企画され
現在に至っているそうです。

東京十社は以下の通りです。
根津神社 芝大神宮 神田神社 日枝神社 亀戸天神社 白山神社
品川神社 富岡八幡宮 王子神社 赤坂氷川神社

「今年は時間を見つけて東京十社を参拝してみようかな」と考えています。
今回は神田神社日枝神社に行ってみました。

江戸総鎮守の神田神社です。

090120aa99

御祭神は大己貴命(大黒様)、少彦名命(えびす様)、平将門命です。
縁結びや商売繁盛、除災厄除などの神様です。
企業の仕事始め参拝が多く
IT情報安全守護のお守りがあることでも、よく知られています。

090120aa22

随神門です。
ちなみに、銭形平次は神田明神下に住んでいた設定ですね。
境内に銭形平次の碑が建立されています。

090120aa11

社殿です。
この日は鏡開きも過ぎた頃だったんですけれども
とても参拝客が多かったです。

なんと、この日は境内にえびす様と大黒様がいらっしゃいました!
えびす様の前に立って、頭を垂れると
鈴を鳴らしてお祓いをして下さいました。

090120aa88

おそるおそるカメラを向けると
満面の笑顔でポーズして下さいました!

次は、日枝神社です。

090120aa77

御祭神は大山咋神です。
大山の主であると共に大地を支配し
万物の成長発展を守護する神様だそうです。

090120aa55

神門です。

090120aa44

社殿です。
この神社は小高い山の上にありますので
都心の真ん中に位置していながら、境内はとても静かです。

この日の参拝はこれで終了。
赤坂の一龍別館へソルロンタンを食べに行きました。

ソルロンタンは韓国の料理で
牛の頭、内臓、骨を24時間以上も煮込んでできたスープです。
白濁したスープはとてもあっさりとした優しい味わいです。
お好みで塩を加えつつ、おかずやご飯と共にいただきます。

090120aa1010

韓国料理のお店に行くと
小さなおかずが何品も出てくるから、うれしいですね。
どのおかずもそれぞれおいしいし
キムチもやっぱりおいしいです。

090120aa66

ソルロンタンです。
この日はみぞれ混じりの雨が降るような大変寒い一日でしたので
こんな日には最適なメニューでした。
posted by 加藤まや at 23:45 | TrackBack(0) | 旅行 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック