2008年12月25日

メリークリスマス!

みなさん、ステキなクリスマスをお過ごしだと思います(^-^)

081224pic22

今日のメニューは
ホットプレートでパエリアを作ってみました!

081224food11

ホットプレートで作るとおいしいお焦げができますよ。
見た目豪華だし、これはパーティ向きメニューかも。
「ホットプレート パエリア」で検索するとレシピがたくさん出てきます。
年末年始のパーティにぜひお試し下さいね。

クリスマスケーキは
先日予約しておいた「パティスリー アカシエ」のモンブランケーキ。

081224cake22

サクサクとした歯触りのメレンゲの上に
ディプロマットクリームを絞り、最後にバニラ風味のマロンクリーム。
このディプロマットクリームが美味。
ほんのりクリーム色でコクがあるけれども、しつこくない。
下側に小さなクッキーが貼り付けてあって
クリームばかりで構成されたケーキの中では、絶妙のアクセントです。

−−−−−−−−−−−−−−−−
昨日、とても面白い本を読みました。

女装する女 (新潮新書)女装する女 (新潮新書)
湯山 玲子

新潮社 2008-12
売り上げランキング : 108
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


現代女性のライフスタイルを
10個のキーワードによって活き活きと読み解いています。
スピーディ&歯切れの良い文体を通じて
現代女性の行動心理をリアルに描写しつつ
彼女たちの「欲望」の源である時代背景にも鋭い考察が及んでいます。

大都市で働いている「アラフォー」「アラサー」の行動心理を
ここまでリアルに書いているものは、あまりないと思います。

この著者のすばらしいところは
現場のリアルな情報を拾ってくるフットワークと好奇心はもちろん
丁寧に拾ってきた情報を冷静に観察&整理したり
その背景までキチッと推測して、的確な言葉と共にレポートしている点です。
「プロの」ライターにしかできない仕事だと思いました。

この本を読むと
「あぁ、いるいる(ワタシもだけど)」って
思わず笑ってしまう女性が10タイプ登場します。
今を生きる女性ならば
この10タイプ全部、自分の中に見つけることができるんじゃないかなぁ。
それぞれの配分が、人によって違うだけで。

特に、第一章の「女装する女」は必読。
これは、第一線でバリバリに働いているアラフォーの女性たちが
「今日のパーティはバッチリ決めていくよ!」というときに
「女装する」という表現を、普通に使っているそうなのです。
要するに
「女らしく装う」そのものが、今や「別スイッチ」になっているわけです。

今年、山羊座に冥王星が入りましたが
今後、山羊座冥王星時代には
性別に基づく社会的な役割・社会的な性差が根本的に変わるかも知れないなと
この本を読んで、何となく感じました。
いや、個人レベルではもう既にその変化がどんどん進行中であって
これからは、個人レベルの変化が
集団的・社会的な変化を形成するようになっていくのかなと思いました。

いずれにしても、この本、おすすめです。
アラサー、アラフォーの方々はもちろん
女性がメインターゲットのビジネスを展開している人は必読だと思います。
「今」を切り取った本ですので
できるならば、書店ですぐに買って読んでいただきたいです。
神田昌典さんのメルマガで取り上げられた後
アマゾンではあっという間に在庫切れになっています。
この年末年始に書店で探してみて下さい。
posted by 加藤まや at 00:00 | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック