2005年12月27日

占星術って当たりますか?

「占星術って当たりますか?」
私が占星術をしていると言うと、そう聞かれることがある
「当たると思うと、本当に当たるようになりますよ」
私はいつも大まじめに答えるのだが
相手の顔はたいてい複雑な表情だ

個人の出生時ホロスコープとは
10個の部品(10天体)を組み立てた
その人オリジナルの時計のようなものだと考えるとよい

見た目から内部の構造、性能は千差万別
途中で調子が悪くなる部品もあれば
急に勢いよく動き出す部品もあるかも知れない
しかも
その時計はいつも動作が不安定である

そんな便利なのか不便なのかよく分からない時計を
私たちはそれぞれ持たされている

日の出と共に起き、日が沈むと眠る時代の社会ならまだ良いが
今の社会で各自の時計(ホロスコープ)を使おうと思ったら
使い方にコツが要ると思う

占い師の仕事とは
その人の時計(ホロスコープ)と今私たちが生きている社会を
どうすり合わせていくか提案することだと思う

いろんな面で完璧でないが故に
妙に愛着のある自分の時計(ホロスコープ)を理解し
毎日の星の動きを感じ取りながら
自分の力で歩いていくことを提案したい

星とやりとりしながら
ひとつずつ身の振り方を選んでいく感じかな
そして
時々気まぐれっぽくやってくる
星と自分がつながった瞬間が分かったときには
とてもうれしく思う

あなたがその気になれば
星はいろいろなことを教えてくれる
そのメッセージをどう受け取るかは
あなた次第だ

「セレンディピティ(Serendipity)」という言葉をご存じだろうか
もともとは「思わぬ発見をする特異な才能」という意味の言葉だが
最近では「偶然からモノを見つけ出す能力」を指すキーワード
として広まりつつある

偶然っぽい出来事から望ましいものを見つけたいなら
ぼんやりしていてはダメだ
自分にとって何が望ましいかを考えたり
偶然の出来事に出会うための行動が必要だろう

星を自分の味方にするコツも
そのあたりにあると思う

「当たると思うと、本当に当たるようになりますよ」
と大まじめに答えるのはそう言う理由である

------------------------
28〜2日まで帰省します
その間更新はお休みです

皆さん、良いお年をお迎え下さい
来年もどうぞよろしくお願いします
posted by 加藤まや at 04:03 | TrackBack(0) | 占星術 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック