2005年12月04日

麦飯石サウナ初体験 光泉の森に行ってみた

麦飯石サウナなるものがある
光泉の森に行ってみた

素人考えなのだが
これは今大流行の岩盤浴と同じ原理なのかも知れない
そう思って興味を持ったのだ

岩盤浴は温められた岩盤の上に寝そべって
じんわりと身体を温めるものである
HPによると
麦飯石サウナは大量の麦飯石レンガを高温に熱し
大空間のサウナ室に置いて遠赤外線を放射させる方式のようだ

石の上に寝ころぶか
石の山の隣に寝ころぶかの違いかなぁ
そんな風に乱暴に解釈して
とりあえず行ってみたのだった

専用の浴衣に着替えて
サウナ室に入ってみると
広い!
350坪あるとはHPに書いてあったけど
その広さは想像以上だった
天井が低い小さめの体育館ぐらいの広さである

ほのかな明かりに照らされ
サウナ室内部は薄暗い
床には一面竹マットが敷き詰められており
スクリーンで仕切られた
ごろ寝に最適なスペースも作られてある
テレビやちゃぶ台、簡単なフィットネスマシーンも設置
みんな思い思いのところで
ごろ寝したりおしゃべりしている
サイクリングマシーンを使用している人もいたし
本を読んでいる人もいた

サウナの脇には
気温20度くらいの冷風室や黄土の部屋などがあり
そこで涼むこともできる

とりあえず
20分くらいサウナでごろ寝して
他の部屋へ行って涼み
外へ出て水を飲みに行くのを繰り返した

もうさ、ぐでんぐでんになったよ
ごろ寝の快楽を満喫させてもらった気分
もちろん汗も大量に出たけれど
何よりも良かったのは
ただひたすら寝そべることができたことだ

職業柄、目と脳だけを酷使して
他の身体感覚を実感できないアンバランスさをいつも感じていた
今日は何も考えずに
ただだらりと寝そべった
スペースが広いから格好も自由だ
ずーっとそのまま寝ていると半分眠った状態になり
よだれが出そうなくらいうっとりとした気分になった

アセンダントが牡牛座の私は
こういうシチュエーションは夢心地である

ここ何年かの私の希望が
東北の自炊温泉宿で一週間くらい滞在することなのだが
こんな雰囲気になるのかなと思った

今もその時の恍惚とした気分を思い出す
あーまた行きたいー
身体の芯まで温まったのはもちろんだけど
身体の奥の方のこわばったところが
全てほぐれたような気がした
家に帰ったらしばらく
パソコンを眺める気にならなかったくらいだ

ここは時間をかけてのんびりするところだ
できれば最低半日
あちこち移動すれば一日いることだって私は平気だ
今度来るときには
耳栓と本を持参しようと思った

月1回くらいは行きたいなぁ
近所に日帰り温泉はたくさんあるけれど
こんなに気に入ったのはここだけだ
ちなみに
お風呂はまあ普通な感じ
ここはお風呂を求めてくるところではないと思う
ごろ寝処である

その他
食事処やアカスリ、マッサージ、エステなども充実しているので
今度はヨモギ蒸しを試してみたいと思っている
posted by 加藤まや at 02:24 | TrackBack(1) | 旅行 | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

最大級麦飯石イオンサウナいってきた。
Excerpt: 昨日ボディボードしてきたせいで、今朝はなかなか目が開かない。カーテン開けてみると、今日もが私をこれでもかってくらいに照らしてくる。仕方なく起きて、たばこを吸いながら今日の予定をたてた。  最近..
Weblog:   めばる子のまた釣られちゃった??(*゜□゜*)
Tracked: 2006-06-08 10:21